19回目の神経衰弱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
19回目の神経衰弱
ローリング・ストーンズシングル
B面 サッド・デイ (US)
アズ・ティアーズ・ゴー・バイ (UK)
リリース
規格 シングル
録音 1965年12月
ジャンル ロック
時間
レーベル ロンドン (US)
デッカ (UK)
作詞・作曲 ジャガーリチャーズ
プロデュース アンドリュー・ルーグ・オールダム
チャート最高順位
  • 週間2位(US,UK)
ローリング・ストーンズ シングル 年表
一人ぼっちの世界
(1965年)
19回目の神経衰弱
(1966年)
黒くぬれ!
(1966年)
テンプレートを表示

『19回目の神経衰弱』(19th Nervous Breakdown)とは、1966年に発表されたローリング・ストーンズの楽曲。作詞・作曲はミック・ジャガーおよびキース・リチャーズ

解説[編集]

シャッフル・ビートのハイテンポなロック・ナンバー。録音は1965年12月、アルバム『アフターマス』セッションの中で行われている。タイトルの「19回目の神経衰弱」とは、アメリカでの長いコンサートツアーの事を指すという。エンディングではビル・ワイマンにしては珍しい派手なベース・プレイが聴ける。公式にリリースされているもので、この曲のステレオ・ミックス・ヴァージョンは存在しない。

ライブアルバム『ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット!』に、1966年10月にニューカッスル・アポン・タインで行われたものが収録されている。他、多くのコンピレーションアルバムに収録されている。

参考文献[編集]

  • テリー・ロウリングス; アンドリュー・ネイル; キース・バッドマン; 筌尾正訳 『ローリングストーンズ/グッド・タイムズ・バッド・タイムズ』 シンコー・ミュージック、2000年ISBN 978-4401616541