ダイスをころがせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダイスをころがせ
ローリング・ストーンズシングル
初出アルバム『メイン・ストリートのならず者
B面 黒いエンジェル
リリース
規格 シングル
録音 1970年10月、1971年12月 - 1972年3月
ジャンル ロック
時間
レーベル ローリング・ストーンズ・レコード
作詞・作曲 ジャガー/リチャーズ
プロデュース ジミー・ミラー
チャート最高順位
  • #7 (U.S. Pop)
  • #5 (UK)
  • ローリング・ストーンズ シングル 年表
    "ワイルド・ホース"
    (1971)
    "ダイスをころがせ"
    (1972)
    "ハッピー"
    (1972)
    テンプレートを表示

    ダイスをころがせ」 (原題: Tumbling Dice) は、ローリング・ストーンズの楽曲。作詞・作曲はミック・ジャガーおよびキース・リチャーズ。1972年のアルバム『メイン・ストリートのならず者』収録曲。

    解説[編集]

    大きくグラインドするような独特のルーズなグルーヴを持つスワンプ・ロック・ナンバー。このグルーヴはリチャーズが作り、ジャガーが歌詞を書いた。メロディに関してはどちらが作ったかはっきりしていないという[1]。この曲は、前作『スティッキー・フィンガーズ』(1971年)の制作中であった1970年に初期バージョンが録音されており、その時のバージョンは「グッドタイム・ウィメン」というタイトルで、リズムも違えば歌詞も全く異なるものだった[2]。その後『メイン・ストリート…』のセッションで再び採り上げられ、歌詞の内容を書き換え、テンポを若干落とし、現行タイトルに改題の末、改めてレコーディングし直されている。尚、先述の「グッドタイム・ウィメン」は、2010年にリリースされた『メイン・ストリート…』デラックス・エディションのボーナス・トラックに収録された。

    この曲ではミック・テイラーギターではなくベースで参加しており、リードギターはリチャーズが担当している(ビル・ワイマンは不参加)。また、チャーリー・ワッツと共にプロデューサーのジミー・ミラーもドラムを叩いている[3]。後述の通りコンサートでは頻繁に採り上げられ、また多数のコンピレーション・アルバムにも収録されているが、ジャガー本人の自己評価は低く、「みんなあの曲のどこが気に入ってるのかわからない。歌詞が今一つなんだよな」とコメントしている[1]。アルバムからの先行シングルとしてリリースされ、全英5位[4]、全米7位[5]につけるヒットとなった。

    1977年、リンダ・ロンシュタットがアルバム『夢はひとつだけ』の中でカバーし、翌年にはシングルとして発表、全米32位にランクインしている[6]

    コンサート・パフォーマンス[編集]

    アルバム発表後の北米ツアーから、直近の2016年のツアーまで、ストーンズの全てのツアーで披露され続けている[3]。公式のライヴアルバムには、1977年の『ラヴ・ユー・ライヴ』、2008年の『シャイン・ア・ライト』に収録。また『レディース&ジェントルマン』(1974年)や『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』(1983年)など、複数の映像作品にもライヴ映像が収録されている。

    参加ミュージシャン[編集]

    [3]

    脚注[編集]

    1. ^ a b SIGHT VOL.14 特集「ロックの正義!!ストーンズ全100ページ」(株式会社ロッキング・オン2003年)67頁
    2. ^ 『メイン・ストリートのならず者』デラックス・エディション(2010年)日本版CD付属の寺田正典による解説より。
    3. ^ a b c Tumbling Dice:” (英語). 2016年12月23日閲覧。
    4. ^ ROLLING STONES | full Official Chart History | Official Charts Company:
    5. ^ The Rolling Stones - Chart history | Billboard:
    6. ^ Linda Ronstadt - Chart history | Billboard: