ラヴ・ユー・ライヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラヴ・ユー・ライヴ
ローリング・ストーンズライブ・アルバム
リリース
録音 1975年6月14日,17日,
7月9日, 16日,
1976年5月26日,
6月5日 - 7日,
1977年3月4日, 5日,
Overdubs: 1977年5月25日 - 6月20日
ジャンル ロック
時間
レーベル Rolling Stones
イギリスの旗Atlantic(オリジナル盤)
EMICBS UKVirginPolydor(リイシュー盤)
アメリカ合衆国の旗Atlantic(オリジナル盤)
Columbia→Virgin→Interscope(リイシュー盤)
日本の旗ワーナー・パイオニア(オリジナル盤)
東芝EMICBS/SONY→Sony RecordsEMIJ/Virgin→Universal Int'l(リイシュー盤)
プロデュース グリマー・ツインズ
専門評論家によるレビュー
All Music Guide 星2 / 5 link
ローリング・ストーンズ 年表
ブラック・アンド・ブルー
1976年
ラヴ・ユー・ライヴ
1977年
女たち
1978年
テンプレートを表示

ラヴ・ユー・ライヴ』(Love You Live 旧邦題:感激! 偉大なるライヴ)は、ローリング・ストーンズのライヴ・アルバム。1975年夏の北米ツアー、1976年のヨーロッパ・ツアー、1977年のトロント公演が収録された。本作はストーンズ2作目、アメリカでのみリリースされた『ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット!』を加えると、3作目の公式ライヴ・アルバムである。

本作には、1977年3月4日・5日にトロント、エル・モカンボ・クラブでの模様が収録された。このクラブはキャパシティが500人の小クラブで、観客は「なぜ私はローリング・ストーンズのパーティに行きたいか」というラジオ・プログラムでの当選者であった。

トロント入りする直前の2月27日に、キース・リチャードはヘロイン不法所持によってカナダの騎馬警察隊に逮捕され、後に1,000ドルの保釈金を支払い釈放された。また、カナダ首相ピエール・トルドーの夫人、マーガレット・トルドーが鑑賞に訪れ、その後メンバーと共にプライヴェート・パーティに参加したが、後日ゴシップ紙にロン・ウッドやミック・ジャガーとの関係を書き立てられることとなった。


オーヴァーダビングとミックスは1977年5月半ばから6月にかけて行われ、ビリー・プレストンおよびイアン・スチュアートのピアノが加えられた。アートワークはアンディ・ウォーホルが担当した。イギリスでは3位、アメリカでは5位に達しゴールド・アルバムを獲得した。

『ラヴ・ユー・ライヴ』は、ワーナー・ミュージックによって世界的に配給された最後のアルバムとなった。ローリング・ストーンズ・レコードはワーナーとの契約を北米でのみ継続し、他の地域では新たにEMIとの配給契約を結んだ。

さらに、「キース・リチャード」としてクレジットされた最後のアルバムとなり、翌1978年の『女たち』からその姓を「リチャーズ」に戻した。

収録されたうちの2曲が別のタイトルで表記されており、「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」はアポストロフィーが「g」に変更され(ただし、再発売されたCDでは以前の表記に戻っている)、「イッツ・オンリー・ロックンロール」は (But I Like It) が省略された。

1998年にヴァージン・レコードによって、2009年にはユニバーサル ミュージック グループによってリマスター盤が発売された。

曲目[編集]

特筆無い限りジャガーリチャード作詞作曲。

Disc 1[編集]

  1. '庶民のファンファーレ - Intro: Excerpt From 'Fanfare for the Common Man (Aaron Copland) 1:24
  2. ホンキー・トンク・ウィメン - Honky Tonk Women 3:19
  3. イフ・ユー・キャント・ロック・ミー/ひとりぼっちの世界 - If You Can't Rock Me/Get Off of My Cloud 5:00
  4. ハッピー - Happy 2:55
  5. ホット・スタッフ - Hot Stuff 4:35
  6. スター・スター - Star Star 4:10
  7. ダイスをころがせ - Tumbling Dice 4:00
  8. フィンガー・プリント・ファイル - Fingerprint File 5:17
  9. ユー・ガッタ・ムーブ - You Gotta Move (Fred McDowell/Rev. Gary Davis) 4:19
  10. 無情の世界 - You Can't Always Get What You Want 7:42

Disc 2[編集]

  1. マニッシュ・ボーイ - Mannish Boy (Ellas McDaniel/ McKinley Morganfield/Mel London) 6:28
  2. クラッキン・アップ - Crackin' Up (Ellas McDaniel) 5:40
  3. リトル・レッド・ルースター - Little Red Rooster (Willie Dixon) 4:39
  4. アラウンド・アンド・アラウンド - Around and Around (Chuck Berry) 4:09
    • 上記四曲はカナダ、トロントのエル・モカンボ・クラブで1977年3月4日、5日に収録された
  5. イッツ・オンリー・ロックンロール - It's Only Rock'n Roll 4:31
  6. ブラウン・シュガー - Brown Sugar 3:11
  7. ジャンピング・ジャック・フラッシュ - Jumpin' Jack Flash 4:03
  8. 悪魔を憐れむ歌 - Sympathy for the Devil 7:51