エモーショナル・レスキュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エモーショナル・レスキュー
ローリング・ストーンズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1979年1月18日 - 2月12日
1979年6月10日 - 10月19日,
1979年11月 - 12月
ジャンル ロック
時間
レーベル Rolling Stones
イギリスの旗EMI(オリジナル盤)
CBS UKVirginPolydor(リイシュー盤)
アメリカ合衆国の旗Atlantic(オリジナル盤)
Columbia→Virgin→Interscope(リイシュー盤)
日本の旗東芝EMI(オリジナル盤)
CBS/SONY→Sony RecordsEMIJ/Virgin→Universal Int'l(リイシュー盤)
プロデュース グリマー・ツインズ
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 星3 / 5 link
ローリング・ストーンズ アルバム 年表
女たち
1978年
エモーショナル・レスキュー
1980年
サッキング・イン・ザ・70s
1981年
テンプレートを表示

エモーショナル・レスキュー』は、1980年にリリースされた、ローリング・ストーンズオリジナルアルバム。全英、全米共に1位を記録[1][2]

解説[編集]

前作『女たち』の成功を受け、前作で試みたディスコ・サウンドをさらに進化させ、レゲエダブへもアプローチしたことから実験的作品と見なされる。レコーディングは、『女たち』リリースから間もない1978年8月より、ロサンゼルスのRCAスタジオから始まった。同年10月のキース・リチャーズの前年に起こしたトロントでのドラッグ事件の裁判をはさみ、1979年1月からバハマナッソーコンパス・ポイント・スタジオに移りセッションを再開。4月よりロン・ウッドのソロアルバム『ギミ・サム・ネック』のリリースと、ウッドとリチャーズによるバンド、ニュー・バーバリアンズのツアーをはさみ、6月から7月まで同地でセッションを続けた。7月下旬からパリのパテ・マルコーニ・スタジオに移動し、10月までに録音を完了した。その後、10月下旬からニューヨーク、エレクトリック・レディ・スタジオでオーバーダブミキシングを行い、12月までには完成した。リリースは1980年初頭の予定であったが、歌手のクロディーヌ・ロンジェが起こした愛人殺害事件を歌った「クロディーヌ」(前作『女たち』からのアウトテイク)の収録に関してアトランティック・レコードともめ、リリースが半年遅れることとなった[3]。以降「クロディーヌ」はストーンズファンの間では最も有名な未発表曲となり、2011年リリースの『女たち』デラックス・エディションで初めて公式発表された。

前作はリチャーズが終身刑に処されるかも知れないという緊張感の下で製作されていたが、本作ではその心配がなくなったこともあってか、共同プロデューサーのクリス・キムジーによれば、非常にのんびりした雰囲気の中で製作が行われたという[4]。リチャーズは一連のセッションで42曲ものトラックを録音したと語っており[4]、またリリース当時の宣伝にも「75曲のレコーディング・ナンバーから選びに選び抜かれた全10曲」と書かれていた[5]ことから、相当数の楽曲が録音されたものと見られるが、ミック・ジャガーは、本作の素材は「ほとんどが『女たち』の余りものだった」と明かしている[6]。制作が順調に進められたのかといえばそうではなく、本セッション中にジャガーとリチャーズの音楽的嗜好に違いが露呈し始めており、ウッドは「2人は俺を真ん中に置き去りにしながらどんどん遠ざかって行った」と語っている[3]。本作からのアウトテイクのうちの数曲は、次作『刺青の男』に収録された。

本作からはアルバムタイトルチューンである「エモーショナル・レスキュー」が先行シングルとしてリリースされ、全米3位[7]、全英9位[8]カナダで1位[9]となるヒットとなった。また「オール・アバウト・ユー」は本作以降しばしば見られるようになる、初のリチャーズの全面的なリード・ボーカルによるアルバムのクロージング・ナンバー[注 1]であった。ピーター・コリストンによるアルバム・カバーは、赤外線カメラによって撮影されたメンバーのサーモグラフィー画像が使用されている。オリジナルLP盤には内袋がなく、代わりに同じ写真を用いたLPジャケット10枚分にもなる巨大ポスターで盤を包んでいた[3]

1994年に本作はヴァージン・レコードからリマスターの上再発売され、2009年にはユニバーサル ミュージック グループから更なるリマスターの上再々発売された。2011年には日本限定で最新リマスター版がSACDにてユニバーサルミュージックよりリリース。2014年には同一リマスター版がSHM/プラチナSHM-CDにてリリースされた(紙ジャケット仕様)。

評価[編集]

イギリスでは『山羊の頭のスープ』(1973年)以来となる1位に輝き(2週連続)、ゴールドディスクに認定されている[10]アメリカではグループ過去最高となる7週連続1位[5]という記録を達成し、リリース年内にプラチナディスクを獲得したが[11]、売り上げ枚数は前作を下回っている。2016年までの全世界での売り上げ枚数は570万枚[12]

商業的には成功したが、音楽評論家たちはアルバムのインパクトの弱さを指摘した。ローリング・ストーン誌は「『エモーショナル・レスキュー』の大部分は曖昧で非現実的である。真剣に捉えることが難しいレコードだ」と否定的な評価を下している。ジャガー自身も「みんなこのアルバムを誤解してるよ。これは冗談半分のレコードだからね。真剣に受け止めるべきじゃない」と語っている[4]

本作リリース後、アルバムに伴うツアーをジャガーが当時の恋人のジェリー・ホールとのバカンスを優先するためにキャンセルしたことにリチャーズが激怒する。これが1980年代を通して続けられたジャガーとリチャーズの対立の始まりとなる[13]。また、本作収録曲のうち半数がコンサートで披露されたことがない[14]

曲目[編集]

特筆無い限り、ジャガー/リチャーズ作詞作曲。

  • A面
  1. ダンス - Dance (Pt. 1) (Mick Jagger/Keith Richards/Ron Wood) 4:23
    • この曲の続編である「If I Was a Dancer (Dance Pt. 2)」が12インチシングルとして発表され、その後1981年リリースの編集盤『サッキング・イン・ザ・70s』に収録された。
  2. サマー・ロマンス - Summer Romance 3:16
  3. センド・イット・トゥ・ミー - Send It to Me 3:43
  4. レット・ミー・ゴー - Let Me Go 3:50
  5. 悲しきインディアン・ガール - Indian Girl 4:23
  • B面
  1. ボーイズ・ゴー - Where the Boys Go 3:29
  2. 孤独の中に - Down in the Hole 3:58
  3. エモーショナル・レスキュー - Emotional Rescue 5:39
  4. 氷のように - She's So Cold 4:14 
    • アルバムからのシングル第2弾。全英33位[15]、全米26位[16]を記録。シングルでは歌詞の一部が削除されている。
  5. オール・アバウト・ユー - All About You 4:18

パーソナル[編集]

ローリング・ストーンズ

参加ミュージシャン

スタッフ

[19][4][18]

ヒットチャート[編集]

ゴールドディスクなどの認定[編集]

認定
フランス (SNEP)[32] ゴールド
オランダ (NVPI)[33] ゴールド
ニュージーランド (RMNZ)[34] プラチナ
イギリス (BPI)[10] ゴールド
アメリカ合衆国(RIAA)[11] プラチナ×2

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 部分的なものであれば『ビトウィーン・ザ・バトンズ』収録の「昨日の出来事」や『ベガーズ・バンケット』収録の「地の塩」がある。
  2. ^ ジャガーは「ニューヨークのセントラル・パーク・ウェストにいた普通の女の子」としているが[17]、当時のジャガーの恋人のジェリー・ホールと、後にウッドの妻となるジョー・カルスレイクだとする資料もある[18]

出典[編集]

  1. ^ a b emotional rescue | full Official Chart History | Official Charts Company
  2. ^ a b The Rolling Stones | Billboard
  3. ^ a b c アルバム『エモーショナル・レスキュー』2009年リマスターCD(日本版)付属の犬伏功による解説より。
  4. ^ a b c d Emotional Rescue” (英語). timeisonourside.com. 2020年11月3日閲覧。
  5. ^ a b アーカイヴシリーズvol.5『ザ・ローリング・ストーンズ['74-'03]』(シンコーミュージック刊、2003年ISBN 4-401-61801-7)121頁。
  6. ^ SIGHT VOL.14 特集『ロックの正義!!ストーンズ全100ページ』(株式会社ロッキング・オン、2003年)72頁。
  7. ^ The Rolling Stones | Billboard
  8. ^ emotional rescue | full Official Chart History | Official Charts Company
  9. ^ Image : RPM Weekly - Library and Archives Canada” (英語). Library and Archives Canada. 2020年11月3日閲覧。
  10. ^ a b BRIT Certified - bpi
  11. ^ a b Gold & Platinum - RIAA
  12. ^ https://chartmasters.org/2016/12/cspc-the-rolling-stones-popularity-analysis/64/
  13. ^ アーカイヴシリーズvol.5『ザ・ローリング・ストーンズ['74-'03]』(シンコーミュージック刊、2003年、ISBN 4-401-61801-7)17頁。
  14. ^ Never Performed” (英語). timeisonourside.com. 2020年11月3日閲覧。
  15. ^ she's so cold | full Official Chart History | Official Charts Company
  16. ^ The Rolling Stones | Billboard
  17. ^ Where the Boys Go” (英語). timeisonourside.com. 2020年11月3日閲覧。
  18. ^ a b The Complete Works of the Rolling Stones - Database” (英語). The Complete Works of the Rolling Stones. 2020年11月3日閲覧。
  19. ^ アルバム記載のクレジットより。
  20. ^ a b Kent, David (1993). Australian Chart Book 1970–1992. St Ives, NSW: Australian Chart Book. ISBN 0-646-11917-6 
  21. ^ a b c d e f australian-charts.com - The Rolling Stones - Emotional Rescue2020年11月3日閲覧。
  22. ^ “Top Albums/CDs – Volume 33, No. 21”. RPM. (16 August 1980). オリジナルの23 September 2013時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130923064630/http://www.collectionscanada.gc.ca/rpm/028020-119.01-e.php?&file_num=nlc008388.0218a&type=1&interval=50&PHPSESSID=c6btf3r8hs459qqt5ln3o3dcv5 2013年5月5日閲覧。. 
  23. ^ InfoDisc : Tous les Albums classés par Artiste > Choisir Un Artiste Dans la Liste” (French). infodisc.fr. 2016年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月1日閲覧。Note: user must select 'The Rolling Stones' from drop-down.
  24. ^ a b Hit Parade Italia – Gli album più venduti del 1980” (Italian). hitparadeitalia.it. 2012年5月1日閲覧。
  25. ^ Oricon Album Chart Book: Complete Edition 1970–2005. Roppongi, Tokyo: Oricon Entertainment. (2006). ISBN 4-87131-077-9 
  26. ^ Salaverri, Fernando (September 2005). Sólo éxitos: año a año, 1959–2002 (1st ed.). Spain: Fundación Autor-SGAE. ISBN 84-8048-639-2 
  27. ^ Austriancharts.at – Jahreshitparade 1980”. Hung Medien. 2010年5月2日閲覧。
  28. ^ “RPM Top 100 Albums of 1980”. RPM. (20 December 1980). オリジナルの4 March 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160304113124/http://www.collectionscanada.gc.ca/rpm/028020-119.01-e.php?brws_s=1&file_num=nlc008388.0275&type=1&interval=24&PHPSESSID=mhe12pta2k83e08udtq66ot062 2010年5月2日閲覧。. 
  29. ^ Dutch charts jaaroverzichten 1980 (ASP)” (Dutch). 2014年4月2日閲覧。
  30. ^ Les Albums (CD) de 1980 par InfoDisc (PHP)” (French). infodisc.fr. 2016年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月1日閲覧。
  31. ^ Nielsen Business Media, Inc (20 December 1980). Billboard.com – Year End Charts – Year-end Albums – The Billboard 200. https://books.google.com/books?id=GyUEAAAAMBAJ&q=Emotional+Rescue&pg=PT79 2011年5月3日閲覧。 
  32. ^ BRIT Certified - bpi 2020年11月3日閲覧。
  33. ^ Goud/Platina 2020年11月3日閲覧。
  34. ^ NZ Top 40 Albums Chart | The Official New Zealand Music Chart 2020年11月3日閲覧。