ピーター・トッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピーター・トッシュ
Peter Tosh
PeterToshWithRobbieShakespeare1978.jpg
ピーター・トッシュ(左)1978年
基本情報
出生名 Winston Hubert McIntosh
別名 The Toughest、Stepping Razor
生誕 1944年10月19日
出身地 ジャマイカの旗 ジャマイカ
ウェストモアランド教区
死没 (1987-09-11) 1987年9月11日(42歳没)
ジャマイカの旗 ジャマイカ キングストン
ジャンル スカロックステディレゲエルーツロックレゲエ
職業 シンガーソングライターギタリスト
担当楽器 ギターボーカルキーボード
活動期間 1962年 - 1987年
レーベル ローリング・ストーンズスタジオ・ワンアイランド、Intel-Diplo、JAD、CBSEMI
共同作業者 ウェイラーズ
公式サイト petertosh.com

ピーター・トッシュPeter Tosh1944年10月19日 - 1987年9月11日[1])、本名ウィンストン・ヒュバート・マキントシュ (Winston Hubert McIntosh) は、ジャマイカレゲエ・ミュージシャン。同国のバンドウェイラーズの一員として活躍した後、ソロ・ミュージシャンとしても成功を収めた。また、ラスタファリ運動の先駆者としても知られる。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

ウェストモアランド教区のグランジ・ヒルで生まれ[1]、後にキングストン市のスラム街、トレンチタウンへ移る。短気な性格であったため、歩くカミソリ (Stepping Razor) と呼ばれていた[注釈 1]。トッシュは、アメリカのラジオ局から流れる曲に影響を受けて、ギターと歌を始める。

ウェイラーズ[編集]

1960年代前半に、トッシュは音楽の師であるジョー・ヒッグスを通じて、ボブ・マーリーバニー・ウェイラーと出会い、スタジオ・ワンのオーディションを受ける。ボブとバニーと共にハーモニーを完成させた後、トッシュはボブにギターの演奏法を教えた。1962年、計6名でザ・ウェイリング・ウェイラーズを結成する。ザ・ウェイリング・ウェイラーズは、1965年の終わりに3名になるまでに、初期のスカの大ヒットシングル「シマー・ダウン」の他、何曲かを録音した。

ボブ・マーリーは1966年の大半を母親と共にアメリカで過ごすが、1967年前半にジャマイカに戻る。 ボブがアメリカから戻ったとき、ピーターとバニーはすでにラスタファリアンで、3人はラスタファリ運動に大きくかかわるようになった。その後すぐ、彼らはバンドの名前をザ・ウェイラーズに改名した。

ウェイラーズは、スカのアップテンポの曲から、遅くなったロックステディのテンポの曲まで、政治的、社会的なメッセージの歌詞を乗せて歌った。リー・ペリーによって「ソウル・レベル」、「ダピー・カンカラー」、「スモール・アックス」を含む初期レゲエのヒット曲が録音される以前に、彼らはアメリカ人シンガーのジョニー・ナッシュの歌をいくつか作曲している。

1970年アップセッターズのベーシストのアストン・バレットと、ドラマーのカールトン・バレットのバレット兄弟が加入したことによって、ウェイラーズはカリブ圏のスーパースターになった。1971年、ウェイラーズと並行してソロ活動も始め、初のソロ・シングル「マガ・ドッグ」をリリース[1]1973年、ウェイラーズはアイランド・レコード社と契約を結んで、彼らのデビューアルバム、『キャッチ・ア・ファイア』をリリースした。同年、セカンドアルバム『バーニン』もリリースする。

1973年に、トッシュは運転中に橋から転落し、同乗していたガールフレンドは死亡、彼自身も頭蓋骨を痛めたが一命は取りとめた。1974年に、アイランド・レコード社のクリス・ブラックウェル社長はピーター・トッシュのソロ・アルバムを発売することを拒否し、これを不公平な処遇と感じたトッシュとバニーはウェイラーズを去ることになる。

ソロ[編集]

1973年、トッシュは自身のレーベル「Intel-Diplo HIM」を立ち上げる。Intel-Diplo HIMとは「Intelligent Diplomat for His Imperial Majesty(皇帝陛下の諜報外交官)」の略称であった。1976年CBSレコード社から、ピーター・トッシュ名義で、ソロのデビュー・アルバム『解禁せよ』をリリースした。そのタイトルを象徴するように、アルバムのジャケットではトッシュが大麻の畑でマリファナを燻らせている姿を撮った写真が使われている。また、タイトルトラックは、すぐにガンジャ解放運動の聖歌的楽曲となった。ボブ・マーリーが「ワン・ラブ」のメッセージを説く一方で、トッシュは偽善的な「shitstem」(システム)を罵倒し、ジャマイカ警察の標的となる。

1978年にはローリング・ストーンズのアメリカ・ツアーでオープニングアクトを務めた[1]。同年、ローリング・ストーンズ・レコード移籍第1弾アルバム『ブッシュ・ドクター』をリリースし、同アルバムからのシングル「ドント・ルック・バック」(テンプテーションズのカヴァー)はミック・ジャガーとのデュエットが話題を呼んで、オランダのシングル・チャートで1位を獲得し[2]、アメリカのBillboard Hot 100では81位を記録した[3]。トッシュはその後も、マーリーとは全く異なったアプローチで自身のメッセージを発信し続けた。

1987年にリリースされたアルバム『核戦争反対』は、同年のグラミー賞で「ベスト・レゲエ・アルバム」賞を受賞している[3]

その死[編集]

1987年9月11日、トッシュはキングストンの自宅で三人組の強盗に襲われ射殺された。犯人は警察に出頭し、裁判で死刑判決を受けたが、後に終身刑に減刑され、現在も収監中である。

ディスコグラフィ[編集]

ピーター・トッシュとロビー・シェイクスピア(右)

アルバム[編集]

  • 『解禁せよ』 - Legalize It (1976年、Columbia)
  • 『平等の権利』 - Equal Rights (1977年、Rolling Stones)
  • ブッシュ・ドクター』 - Bush Doctor (1978年、Rolling Stones)
  • 『ミスティック・マン』 - Mystic Man (1979年、Rolling Stones)
  • 『ウォンテッド・ドレッド&アライヴ』 - Wanted Dread And Alive (1981年、Rolling Stones)
  • 『ママ・アフリカ』 - Mama Africa (1983年、Rolling Stones)
  • 『核戦争反対』 - No Nuclear War (1987年、EMI)

ライブ・アルバム[編集]

  • 『キャプチャード・ライヴ』 - Captured Live (1984年)
  • Live at the One Love Peace Concert (2000年、JAD) [4]
  • Live & Dangerous: Boston 1976 (2001年)
  • Live at the Jamaica World Music Festival 1982 (2002年、JAD) [4]
  • Complete Captured Live (2002年)
  • Live at My Father's Place 1978 (2014年)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • The Toughest (1988年、Capitol)
  • 『名誉市民』 - Honorary Citizen (1997年)
  • Scrolls of the Prophet: The Best of Peter Tosh (1999年)
  • Arise Black Man (1999年)
  • Black Dignity (Early Works of the Stepping Razor) (2001年)
  • I Am That I Am (2001年、JAD) [5]
  • The Best of Peter Tosh 1977–1987 (2003年)
  • 『エッセンシャル・ピーター・トッシュ』 - The Essential Peter Tosh: The Columbia Years (2003年)
  • 『ザ・ベスト1200 ピーター・トッシュ』 - Can't Blame the Youth (2004年、JAD) [5]
  • 『ベスト・オブ・ピーター・トッシュ (1967-1972)』 - Black Dignity (2004年)
  • 『トーキング・レボリューション』 - Talking Revolution (2005年)
  • The Ultimate Peter Tosh Experience (2009年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 後にジョー・ヒッグスによって同名の曲が作られている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d Greene, Jo-Ann. “Peter Tosh - Biography & History”. AllMusic. 2016年1月9日閲覧。
  2. ^ Peter Tosh with Mick Jagger - (You Gotta Walk) Don't Look Back - dutchcharts.nl
  3. ^ a b Peter Tosh | Awards | AllMusic
  4. ^ a b Peter Tosh | Album Discography” (英語). AllMusic. 2020年7月24日閲覧。
  5. ^ a b Peter Tosh | Album Discography” (英語). AllMusic. 2020年7月24日閲覧。

外部リンク[編集]