カム・オン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カム・オン」は、チャック・ベリーの楽曲。1961年、シングル「Go Go Go」のB面曲として発表された。シングルは全米ではチャートインしなかったが、全英では38位を記録している[1]。後述するローリング・ストーンズ他、様々なアーティストによってカバーされている。

ローリング・ストーンズのカバー[ソースを編集]

カム・オン
ローリング・ストーンズシングル
B面 アイ・ウォント・トゥ・ビー・ラヴド
リリース
規格 シングル
録音 1963年5月10日
ジャンル ロック
時間
レーベル デッカ
作詞・作曲 チャック・ベリー
プロデュース アンドリュー・ルーグ・オールダム
チャート最高順位
  • #21(UK)
ローリング・ストーンズ シングル 年表
カム・オン
(1963年)
彼氏になりたい
(1963年)
テンプレートを表示

解説[ソースを編集]

ローリング・ストーンズは、デビューシングルとしてこの曲をカバーし、1963年6月にシングルリリースした(B面はウィリー・ディクスンのカバー「アイ・ウォント・トゥ・ビー・ラヴド」)。全英チャートで21位を記録した[2]。B面曲共々、ギターキース・リチャーズ一人が担当し、ブライアン・ジョーンズハーモニカで参加している(「カム・オン」ではビル・ワイマンと共にバッキング・ボーカルも担当)[3][4]

当時ストーンズはR&Bバンドとして活動していたため、この曲をデビューシングルとする事にメンバーは拒否感をもっていたが、デッカ・レコードからは「売れ線の曲でなければならない」と圧力をかけられていたため、しぶしぶ受け入れざるを得なかった[5]。批評家筋からもいい反応はあまりなく、メロディ・メーカー紙は「ストーンズらしくない。売れ線ではあるがファンが望んでいた強烈なR&Bサウンドではない」と批判し、ワイマンもこれを「最も正確な批評」としている[6]ミック・ジャガーも「"カム・オン"はいい出来とは思えない」と語っており[5]、このような経緯から、記念すべきデビュー曲にもかかわらず、コンサートで演奏される機会はほとんどなく、コンピレーション・アルバムに収録される機会もそれほど多くない。アメリカでは1972年の編集アルバム『モア・ホット・ロックス』が初出となった。

コンサートパフォーマンス[ソースを編集]

曲に満足がいかなかったバンドはコンサートで演奏することを拒否し、マネージャー等と対立した。結局ストーンズが「カム・オン」をコンサートで演奏したのはデビューした1963年から1965年の2年間だけで[3]、この曲のライブ演奏の音源は公式には全く発表されていない。ロン・ウッド2002年の「リックス・ツアー」のリハーサル中にこの曲をやろうと提案したところ、全員演奏の仕方をすっかり忘れていたというエピソードがある[7]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ CHUCK BERRY | full Official Chart History | Official Charts Company:
  2. ^ ROLLING STONES | full Official Chart History | Official Charts Company:
  3. ^ a b Come On:” (英語). 2016年8月21日閲覧。
  4. ^ I Want to Be Loved:” (英語). 2016年8月21日閲覧。
  5. ^ a b 『ストーン・アローン/上』(ビル・ワイマン/レイ・コールマン著、野間けい子訳、ソニー・マガジンズ刊、1992年、ISBN 4-7897-0780-6 )p199
  6. ^ 『ストーン・アローン/上』(ビル・ワイマン/レイ・コールマン著、野間けい子訳、ソニー・マガジンズ刊、1992年、ISBN 4-7897-0780-6 )p200
  7. ^ SIGHT VOL.14 特集「ロックの正義!!ストーンズ全100ページ」(株式会社ロッキング・オン2003年)p17