スタート・ミー・アップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタート・ミー・アップ
ローリング・ストーンズシングル
収録アルバム 刺青の男
リリース 1981年8月14日
規格 CD, シングル
録音 1975年, 1978年, 1979年,re-recorded 1981年
ジャンル ロック
時間 3:33
レーベル Rolling Stones/Virgin
作詞・作曲 ジャガー=リチャーズ
プロデュース グリマー・ツインズ
チャート最高順位
ローリング・ストーンズ シングル 年表
"氷のように"
(1981)
"スタート・ミー・アップ"
(1981)
"友を待つ"
(1981)
テンプレートを表示

スタート・ミー・アップ』 (Start Me Up) は、1981年に発表された、ローリング・ストーンズの楽曲。作詞作曲はミック・ジャガーキース・リチャーズ

目次

解説[編集]

アルバム『刺青の男』の先行シングルとしてリリースされた。元々は1974年から翌年にかけて行われたアルバム『ブラック・アンド・ブルー』のレコーディング・セッションの中で生まれた曲で、リフはリチャーズが考案したものであるが、ロックスタイルのバージョンは最初の数テイクだけで、以降はなぜかレゲエ調になり、これは使い物にならないと判断されてお蔵入りになった[1]。その後再びアルバム『エモーショナル・レスキュー』のために再レコーディングされたがここでも日の目を見ず、その後、アソシエイト・プロデューサーであるクリス・キムゼイが没テイクの山からこの曲の初期バージョンを発掘し、新アルバムのためにボーカル録りとオーバー・ダブを行ったものが採用された。

「スタート・ミー・アップ」はイギリスで7位、アメリカのビルボード・ホット100では2位にランクインする大ヒットとなった。またアメリカの別のチャートでは1位を獲得している[2]。このヒットはリチャーズにとっては予想外だったようで「本当に驚いた。81年当時ですら、もうチャートの1位なんて狙ってなかったし」と後に語っているが[3]、この曲は80年代のストーンズを代表する曲となり、コンサートでは欠かせないレパートリーになっている他、多くのコンピレーション・アルバムにも収録されている。 プロモーション・ビデオも製作されており、You Tubeのストーンズ公式チャンネルで視聴できる。

コンサート・パフォーマンス[編集]

1981年のアメリカ・ツアーから、コンサートでは一貫して演奏され続けている。1989年から1990年にかけての「スティール・ホイールズ/アーバン・ジャングルツアー」ではセット・リストの1曲目に置かれた。ライブ・アルバムでは『スティル・ライフ』(1982年)、『フラッシュポイント』(1991年)、そして『シャイン・ア・ライト』(2008年)に収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ ミック・ジャガー1995年インタビューより。SIGHT vol.14(株式会社ロッキング・オン、2003年1月13日発行)収録。
  2. ^ http://www.allmusic.com/album/tattoo-you-mw0000191643/awards
  3. ^ キース・リチャーズ2002年インタビューより。SIGHT vol.14(株式会社ロッキング・オン、2003年1月13日発行)収録。

外部リンク[編集]