ファイヴ・バイ・ファイヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファイヴ・バイ・ファイヴ
ザ・ローリング・ストーンズEP
リリース
録音 1964年6月11日, シカゴチェス・スタジオ
ジャンル ロック
時間
レーベル デッカ
プロデュース アンドリュー・ルーグ・オールダム
ザ・ローリング・ストーンズEP 年表
ザ・ローリング・ストーンズ
(1964)
ファイヴ・バイ・ファイヴ
(1964)
ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット!
(1965)
テンプレートを表示

ファイヴ・バイ・ファイヴ』(Five by Five) は、1964年にリリースされたローリング・ストーンズEPシカゴチェス・スタジオで6月に行われたセッションが収められ、イギリスではデビューアルバムがリリースされて間もなく、8月にリリースされた。

歴史[編集]

ミック・ジャガーキース・リチャーズの作詞作曲技能は発展途上で、「エンプティー・ハート」と「南ミシガン通り2120」の2曲が「ナンカー・フェルジ」(バンド作曲のペンネーム)名義で収録された。残りの曲は彼らお気に入りのR&Bカバーで構成される。アンドリュー・ルーグ・オールダムは本作のプロデュースとライナーノーツの執筆を担当し、そこではデビューアルバムが30週間1位であったと記したが、実際には12週間であった。

「南ミシガン通り2120」は2分ほどのショートバージョンが収められているが、現在は『12×5』でフルバージョンを聞くことができる。

リリースとレセプション[編集]

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典 評価
Allmusic 4/5stars[1]

『ファイヴ・バイ・ファイヴ』はイギリスのEPチャートで1位を獲得した[2]。一方で本作は1964年後半にリリースされたアメリカでのセカンドアルバム『12×5』のアルバムタイトルと収録曲の基礎を形成した。

イギリス人音楽評論家のロイ・カーは著書「The Rolling Stones: An Illustrated History,」で「ビートルズの4曲収録のEP『ロング・トール・サリー』と並んで、「5 X 5」は疑いなく最初で最後の素晴らしいEPだ。」と記している[3]

『ファイヴ・バイ・ファイヴ』は2004年にアブコ・レコードによるボックスセット『シングルズ 1963-1965』で初めてCDとしてリリースされた。2010年11月には限定版ヴィニールボックスセット『ザ・ローリング・ストーンズ 1964-1969』に収められ、2011年には『60's UK EPコレクション』に収められた。

2013年4月20日には7インチヴィニール盤として再リリースされた。

日本ではロンドン・レコードから12インチ盤としてリリースされた。帯にはおまけとしてコンドームを模した小型のサックが添付された。

収録曲[編集]

Side one
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
1. 「イフ・ユー・ニード・ミー」(ウィルソン・ピケット/ロバート・ベートマン)    
2. 「エンプティー・ハート」(ナンカー・フェルジ)    
3. 南ミシガン通り2120(ナンカー・フェルジ)    
Side two
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
4. 「コンフェッシン・ザ・ブルース」(ジェイ・マクシャン/ウォルター・ブラウン)    
5. アラウンド・アンド・アラウンド(チャック・ベリー)    

パーソナル[編集]

ザ・ローリング・ストーンズ

カバー・バージョン[編集]

「エンプティ・ハート」のカバー・バージョンがMC5によって録音された[4]

参照[編集]