マザー・イン・シャドウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マザー・イン・シャドウ
ローリング・ストーンズシングル
収録アルバム ビッグ・ヒッツ (ハイ・タイド・アンド・グリーン・グラス) (U.K. version)
A面 "フーズ・ドライヴィング・ユア・プレーン"
リリース 1966年9月23日
規格 シングル
録音 1966年8月3日-12日
ジャンル ロック
時間 2:36
レーベル デッカ (U.K.)
ロンドン (U.S.)
作詞・作曲 ジャガー=リチャーズ
プロデュース アンドリュー・ルーグ・オールダム
チャート最高順位
  • #5 (UK)
  • #9 (U.S.)
ローリング・ストーンズ シングル 年表
黒くぬれ!
(1966・UK)
マザーズ・リトル・ヘルパー
(1966・U.S.)
マザー・イン・シャドウ"
(1966)
夜をぶっとばせ/ルビー・チューズデイ
(1967)
テンプレートを表示

マザー・イン・シャドウ』 (Have You Seen Your Mother Baby, Standing In The Shadow?)は、ローリング・ストーンズの1966年のシングル。英米同日発売され、スマッシュヒットしている。ジャガー/リチャーズの作詞作曲。彼らの全楽曲中で最も長いタイトルを持つ楽曲でもある。

解説[編集]

いわゆるサイケデリック・ムーヴメントに影響を受けたとされる混沌としたアレンジ、ミックスが特徴。非常にラウドなブラスセクションのアレンジはジャック・ニッチェ。他にピアノの音が確認出来る。歌詞も含め、敢えて明瞭さを追求しないような混沌とした作風にしているのはキースがそうした作風のものをリリースしてみようと述べたためだという[1]。しかし、ミック・ジャガーはこの曲について「究極の幻覚症状」と述べ[2]、このような作風の発案者とされるキースに至っては、完成版のミックスに納得出来なかったという[2]

オリジナルアルバムには収録されておらず、アルバム初収録は英国では1966年秋リリースのコンピレーション盤『ビッグ・ヒッツ (ハイ・タイド・アンド・グリーン・グラス)』、米国では翌年リリースのコンピレーション盤『フラワーズ』である。また、米国ではそれより先にライブヴァージョンが『ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット!』に収録されている(1966年10月7日、ブリストルのコルストンホールにて収録[3]。ただし、オーバーダビングが為されている)が、後年ではライブで取り上げられることはあまりないようである。

アメリカ盤シングルのジャケットには女装した5人のメンバーの集合写真があしらわれている。また、ピーター・ホワイトヘッドの監督によるプロモーションフィルムも撮影された[2]

収録アルバム[編集]

代表的なもののみ列挙する。

出典[編集]

  1. ^ 『改訂版ローリング・ストーンズ大百科』 越谷政義・著(ソニーマガジンズ) P53
  2. ^ a b c 『ローリング・ストーンズ/レコーディング・セッション』 マーティン・エリオット著、渡辺淳・訳(シンコーミュージック) P81
  3. ^ 『改訂版ローリング・ストーンズ大百科』 越谷政義・著(ソニーマガジンズ) P55