ジェリー・シャッツバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェリー・シャッツバーグ
Jerry Schatzberg
ジェリー・シャッツバーグ Jerry Schatzberg
生年月日 (1927-06-26) 1927年6月26日(93歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テンプレートを表示

ジェリー・シャッツバーグ(Jerry Schatzberg 1927年6月26日 - )は、アメリカ合衆国映画監督脚本家

来歴[編集]

ニューヨークブロンクス区出身。毛皮職人のユダヤ人の一家に生まれた。映画監督になる前は『ヴォーグ』、『エスクァイア』、『マッコールズ』などの雑誌で活躍する写真家であった[1]。作品としては、ボブ・ディランの1966年のアルバム『ブロンド・オン・ブロンド』のジャケット(内側のモノクロ写真も含む)がもっともよく知られる。また、ローリング・ストーンズの60年代のいくつかのレコードのジャケットもシャッツバーグが撮ったものが使用された。

1970年、フェイ・ダナウェイが主演した『ルーという女』で監督デビュー。

監督第3作目の『スケアクロウ』でカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。

主な作品[編集]

  • ルーという女 Puzzle of a Downfall Child (1970)
  • 哀しみの街かど The Panic in Needle Park (1971)
  • スケアクロウ Scarecrow (1973)
  • スーパーカー・フェラーリ/青春の暴走 Sweet Revenge (1976)
  • 或る上院議員の私生活 The Seduction of Joe Tynan (1979)
  • 忍冬の花のように Honeysuckle Rose (1980)
  • ウィンター・ローズ Misunderstood (1983)
  • 恋人ゲーム No Small Affair (1984)
  • NYストリート・スマート Street Smart (1987)
  • リユニオン-再会- Reunion (1989)
  • The Day the Ponies Come Back (2000)

参照[編集]

外部リンク[編集]