哀しみの街かど

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
哀しみの街かど
The Panic in Needle Park
監督 ジェリー・シャッツバーグ
脚本 ジョーン・ディディオン
ジョン・グレゴリー・ダン
原作 ジェームズ・ミルズ
製作 ドミニク・ダン
撮影 アダム・ホレンダー
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1971年7月13日
日本の旗1971年11月20日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $1,645,000[1]
テンプレートを表示

哀しみの街かど』(原題:The Panic in Needle Park)は、1971年制作の、ジェームズ・ミルズの同名小説を原作としたアメリカ合衆国の映画。“ニードル・パーク”という、1970年代に麻薬常習者が屯し、麻薬の売り買いが行われていた公園での出来事を描く[2]

主演は、アル・パチーノキティ・ウィン

あらすじ[編集]

中絶手術を受けて衰弱したヘレンは、やっとの思いで同棲相手の画家マーコのアトリエへたどり着く。だが2人の愛は冷め切っており、マーコにマリファナを売りに来たボビーは、弱ったヘレンに優しく寄り添う。その後、ヘレンは出血で病院に入院。退院の日、彼女を出迎えたのはボビーだった。ボビーに惹かれていくヘレンだが、彼はヘロイン中毒者であり、ボビーはヘレンを麻薬常習者の集まる公園“ニードル・パーク”に連れて行く。やがてヘレンは麻薬を使用するようになり、二人は堕ちて行くのだった。

キャスト[編集]

受賞[編集]

この映画でキティ・ウィンが第24回カンヌ国際映画祭女優賞を受賞した。

脚注[編集]

  1. ^ Solomon, Aubrey. Twentieth Century Fox: A Corporate and Financial History (The Scarecrow Filmmakers Series). Lanham, Maryland: Scarecrow Press, 1989. 978-0-8108-4244-1. p256
  2. ^ Greenspun, Roger (1971年7月14日). “Screen: Schatzberg's ‘The Panic in Needle Park’” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1971/07/14/archives/screen-schatzbergs-the-panic-in-needle-park-drug-addicts-trapped-on.html 2019年4月26日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]