ジョーン・ディディオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョーン・ディディオン
Joan Didion
Joan Didion at the Brooklyn Book Festival.jpg
誕生 (1934-12-05) 1934年12月5日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州サクラメント
死没 (2021-12-23) 2021年12月23日(87歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
職業 小説家エッセイスト
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1963年 - 2021年
代表作ベツレヘムに向け、身を屈めて英語版』(1968年
悲しみにある者英語版』(2005年
主な受賞歴 全米図書賞(2005年)
メディシス賞エッセイ部門(2007年
配偶者 ジョン・グレゴリー・ダン英語版
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジョーン・ディディオンJoan Didion1934年12月5日 - 2021年12月23日)は、アメリカ人小説家エッセイストである。ニュージャーナリズムの書き手のひとりとして、1960年代に興隆したアメリカカウンターカルチャーや当時の若者たちの生態を描いた小説やエッセイで注目された[1][2]

略歴[編集]

1934年、アメリカ合衆国カリフォルニア州サクラメント生まれ。父親は兵士で引っ越しが多かったため、幼いころはきちんとした教育を受けられず、恥ずかしがり屋で読書好きなおとなしい子供だった。カリフォルニア大学バークレー校在学中に、雑誌の『ヴォーグ』が主催するエッセイ・コンテストで優勝し、卒業後ヴォーグで2年間働いた。

ヴォーグ在籍中の1963年に処女作『Run, River』を出版。翌1964年に、裕福な資産家の息子で、『タイム』誌のライターをしていたジョン・グレゴリー・ダン英語版と結婚し、ヴォーグを退職してロサンゼルスで暮らし始める。1966年には生後間もない女の子、クィンターナを養女にする。ロスの高級リゾート地に住み、パーティに明け暮れ、ジャニス・ジョップリンら伝説的な有名人たちとも交流しながら[3]、『ライフ』『エスクァイア』『ニューヨークタイムズ』など多くの雑誌・新聞に寄稿し、小説やドキュメンタリーなどを執筆した。

1968年から空間識失調やめまい、多発性硬化症を患った。1970年代初期には、夫と夫の兄のドミニクと3人で映画会社を設立、夫とともに脚本を担当し、アル・パチーノ主演の『哀しみの街かど』を制作した[3]。その後ドミニクとは離れたが、夫と脚本を書いた『スター誕生』(1976年)が大成功を収め[3]、『告白』(1981年)、『アンカーウーマン』(1996年)と夫婦二人三脚の脚本執筆が続いた[1]1979年にはクィンターナの通学のためにロス郊外の高級住宅街ブラントウッド英語版に引っ越す。夫とは40年間いつも一緒で、ニューヨークのアッパー・イースト・サイドの自宅アパートの隣あった部屋にそれぞれ仕事場を持ち、朝は2人でセントラル・パークを散歩し、近くのスリー・ガイズ・レストランか高級ホテルのカーライルで朝食を取るのを日課としていた[3]デイヴィッド・ハルバースタムら、ニューヨーク文壇に多くの友人を持ち、夫の一族の行きつけで、セレブ御用達のイタリア料理店「エリオズ」の指定席で毎晩のように夫婦で食事をとる、といった優雅な日々を送っていた[3]

2003年末に、前年に結婚したばかりの娘クィンターナが肺炎から意識不明となり、マンハッタンの病院に収容された。夫とともに娘の集中治療室に毎日看病に通う中、自宅アパートで夫が突然心臓発作で死亡する[3]。その後の1年を綴った『悲しみにある者英語版』がベストセラーとなり、同書は2005年全米図書賞を受賞した。同年、クィンターナも39歳で亡くなる[4]

2021年12月23日、パーキンソン病による合併症のためニューヨークの自宅で死去[2][5]。87歳没。

俳優のグリフィン・ダンと、1982年に恋人に絞殺された女優のドミニク・ダンは夫の兄の子である。[要出典]

受賞歴[編集]

2005年
2007年

主な著書[編集]

小説[編集]

ノンフィクション[編集]

脚本[編集]

日本語訳された作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 映画『マクマホン・ファイル』(2020年)の原作。

出典[編集]

  1. ^ a b 高崎俊夫. “ジョーン・ディディオンによる<喪の仕事>”. 高崎俊夫の映画アットランダム. 清流出版. 2021年12月25日閲覧。
  2. ^ a b “米作家J・ディディオンさん死去 脚本家、87歳”. 共同通信. (2021年12月24日). https://nordot.app/846881128549842944 2021年12月25日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f Dunne, Dominick (2008年9月19日). “A Death in the Family” (英語). Vanity Fair. 2021年12月25日閲覧。
  4. ^ さよなら、私のクィンターナ”. 慶應義塾大学出版会. 慶應義塾大学出版会. 2021年12月25日閲覧。
  5. ^ a b “J・ディディオンさん死去 米作家、脚本家”. 産経新聞. 共同通信社. (2021年12月24日). https://www.sankei.com/article/20211224-WNLHOIJOB5NBJIXYUVJRDE7C6Y/ 2021年12月25日閲覧。 

外部リンク[編集]