アメリカン・ニューシネマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アメリカン・ニューシネマ: New Hollywood)は、1960年代後半から1970年代にかけてアメリカで製作された、反体制的な人間(主に若者)の心情を綴った映画作品群を指す日本での名称。ニューヨークを中心としたムーヴメントである「New American Cinema」とはまったくの別物である。米国では、この時代を「Hollywood Renaissance」と呼称する。

1967年12月8日付『タイム』誌は『俺たちに明日はない』を大特集し、「ニューシネマ 暴力…セックス…芸術! 自由に目覚めたハリウッド映画」という派手な見出しの記事の中で、この新しい米国映画の動向をレポートした。

誕生とその特徴[編集]

1940年代までの黄金時代のハリウッド映画は、「観客に夢と希望を与える」ことに主眼が置かれ、英雄の一大叙事詩や、夢のような恋物語が主流でありハッピー・エンドが多くを占めていた。1950年代以降、スタジオ・システムの崩壊やテレビの影響などにより、ハリウッドは製作本数も産業としての規模も凋落の一途を辿り、また「赤狩り」が残した爪痕などにより黄金時代には考えられなかった暗いムードをもった作品も少なからず現れた。アルフレッド・ヒッチコックチャールズ・チャップリンフリッツ・ラングウィリアム・ディターレダグラス・サークといった戦前戦後を通じてヨーロッパから移住、亡命してきた映画作家たちや、ニコラス・レイアンソニー・マンサミュエル・フラージョセフ・H・リュイスらいわゆる「B級映画(B movie)」とよばれる中小製作会社の低予算映画作家のなかにその萌芽はあった。

一方、ヨーロッパにおいては、戦後イタリアのネオレアリズモシネマ・ヴェリテの手法が各国の若者に深い影響を与え、1950年代中期ロンドンフリー・シネマに始まり、1950年代末期から、パリヌーヴェルヴァーグリスボンノヴォ・シネマ、ロンドンのブリティッシュ・ニュー・ウェイヴプラハチェコ・ヌーヴェルヴァーグオーバーハウゼンで始まるニュー・ジャーマン・シネマウッチおよびワルシャワポーランド派ジュネーヴの「グループ5」を台風の目とするヌーヴォー・シネマ・スイス、そして南米ブラジルシネマ・ノーヴォニューヨークニュー・アメリカン・シネマ、はるか東京増村保造羽仁進大島渚ら)まで飛び火し、世界を覆う空前のニューシネマ運動が起きていた。

いずれも若い監督による新しい感覚や手法を特徴としている。当時ニューヨークには、ヨーロッパからの移民であったジョナス・メカスD・A・ペネベイカーリチャード・リーコックらのドキュメンタリー作家や、現代美術作家アンディ・ウォーホルスタン・ブラッケージジャック・スミスマイケル・スノウホリス・フランプトンら実験映画作家、ネオレアリズモの影響を色濃く受けたジョン・カサヴェテスらがそれに呼応していた。またカリフォルニア州にも、10代にしてビアリッツの「呪われた映画祭」(1949年)に参加したケネス・アンガーなどの実験映画作家がいた。

ベトナム戦争への軍事的介入を目の当たりにすることで、国民の自国への信頼感は音を立てて崩れた。以来、懐疑的になった国民は、アメリカの内包していた暗い矛盾点(若者の無気力化・無軌道化、人種差別、ドラッグ、エスカレートしていく暴力性など)にも目を向けることになる。そして、それを招いた元凶は、政治の腐敗というところに帰結し、アメリカの各地で糾弾運動が巻き起こった。アメリカン・ニューシネマはこのような当時のアメリカの世相を投影していたと言われる。

ニューシネマと言われる作品は、反体制的な人物(若者であることが多い)が体制に敢然と闘いを挑む、もしくは刹那的な出来事に情熱を傾けるなどするのだが、最後には体制側に圧殺されるか、あるいは個人の無力さを思い知らされ、幕を閉じるものが多い。つまりアンチ・ヒーロー、アンチ・ハッピーエンドが一連の作品の特徴と言えるのだが、それは上記のような鬱屈した世相を反映していると同時に、映画だけでなく小説や演劇の世界でも流行していたサルトルの提唱する実存主義を理論的な背景とした「不条理」が根底にあるとも言われる。

低予算映画の流れにはロジャー・コーマンらがおり、アメリカン・ニューシネマの底辺部を、彼ら独立系の映画作家、映画プロデューサーが支えた。そこにはモンテ・ヘルマンピーター・ボグダノヴィッチジョナサン・デミデニス・ホッパージャック・ニコルソンピーター・フォンダロバート・デ・ニーロマーティン・スコセッシフランシス・フォード・コッポラらがいた。

その終焉[編集]

ベトナム戦争の終結とともに、アメリカ各地で起こっていた反体制運動も下火となっていき、それを反映するかのようにニューシネマの人気も下降していくことになる。

ニューシネマで打ち出されるメッセージの殆どは「個人の無力」であったが、70年代後期になると、ジョン・G・アビルドセン監督の『ロッキー』に代表されるように、「個人の可能性」を打ち出した映画が人気を博すようになる。さらにジョージ・ルーカス監督の『スター・ウォーズ』の大ヒットにより、再び50年代の夢とロマンの大作映画や、それまで子供向けとされていたSF映画も復活した。戦争により強い大国アメリカの理想像を打ち砕かれ、長らく暗い、憂鬱なニューシネマの虚無感に共感していたアメリカ国民は、戦争の終結と共に、再び明るく希望のある作品を求めたのである[1]

アメリカン・ニューシネマは、「ニュー・アメリカン・ドリーム」に取って替わられることによって、事実上、[要出典]幕を閉じたのだった。

代表的作品[編集]

タイトル/原題 公開年 監督 出演 あらすじ、補足等
俺たちに明日はない
Bonnie and Clyde
1967年 アーサー・ペン ウォーレン・ベイティ
フェイ・ダナウェイ
世界恐慌時代の実在の銀行ギャング、ボニーとクライドの無軌道な逃避行。
卒業
The Graduate
1967年 マイク・ニコルズ ダスティン・ホフマン
アン・バンクロフト
キャサリン・ロス
年上のロビンソン夫人に肉体を翻弄される若者ベンジャミンの精神的葛藤と自立。サイモン&ガーファンクルの「ミセス・ロビンソン」や「サウンド・オブ・サイレンス」も印象的。
ワイルドバンチ
The Wild Bunch
1968年 サム・ペキンパー ウィリアム・ホールデン
アーネスト・ボーグナイン
ロバート・ライアン
西部を荒らしまわる盗賊団ワイルドバンチの壮絶な最期。
イージー・ライダー
Easy Rider
1969年 デニス・ホッパー ピーター・フォンダ
デニス・ホッパー
ジャック・ニコルソン
社会的束縛を逃れて旅を続ける若者たちに迫る迫害の手。
明日に向って撃て!
Butch Cassidy and the Sundance Kid
1969年 ジョージ・ロイ・ヒル ポール・ニューマン
ロバート・レッドフォード
キャサリン・ロス
西部を荒らしまわった実在のギャング、ブッチ・キャシディとサンダンス・キッドの友情と恋をノスタルジックに描く。
真夜中のカーボーイ
Midnight Cowboy
1969年 ジョン・シュレシンジャー ジョン・ヴォイト
ダスティン・ホフマン
ニューヨークの底辺で生きる若者2人の固く結ばれた友情とその破滅に向う姿を描く。
M★A★S★H マッシュ
M*A*S*H
1970年 ロバート・アルトマン ドナルド・サザーランド
トム・スケリット
朝鮮戦争でのMASH(Mobil Army Surgical Hospital、移動米軍外科病院)の人々を描いたブラックコメディー。
小さな巨人
LITTLE BIG MANH
1970年 アーサー・ペン ダスティン・ホフマン
フェイ・ダナウェイ
121才の主人公がその生涯を語る。アメリカ先住民として、また白人として生きた男のアメリカ史。
いちご白書
The Strawberry Statement
1970年 スチュワート・ハグマン ブルース・デイヴィスン
キム・ダービー
学園紛争に引き裂かれていく男女2人の恋。
ファイブ・イージー・ピーセス
Five Easy Pieces
1970年 ボブ・ラフェルソン ジャック・ニコルソン 裕福な音楽一家に育ちながら、他の兄弟とは異なる流転の青春を送る男の心象を淡々と描く。エンディングがアメリカン・ニューシネマ的な印象的な作品。
フレンチ・コネクション
The French Connection
1971年 ウィリアム・フリードキン ジーン・ハックマン
ロイ・シャイダー
フェルナンド・レイ
麻薬組織に執念を燃やすポパイことドイル刑事の活躍。体制側の視点から社会病理を描く。
バニシング・ポイント
Vanishing Point
1971年 リチャード・C・サラフィアン バリー・ニューマン
クリーボン・リトル
デンバーからカリフォルニアまで、15時間で陸送する賭をしたコワルスキーの消失点を描いた物語。
ダーティハリー
Dirty Harry
1971年 ドン・シーゲル クリント・イーストウッド
アンディ・ロビンソン
殺人を犯しながら無罪放免になった犯人と刑事との攻防を描き加害者と被害者の人権問題を提起している。
ハロルドとモード
少年は虹を渡る

Harold and Maude
1972年 ハル・アシュビー ルース・ゴードン
バッド・コート
19歳の自殺を演じることを趣味としている少年と、79歳の天衣無縫な老女との恋を描き、カルト的な人気を誇る作品である。
破壊!
Busting
1973年 ピーター・ハイアムズ エリオット・グールド
ロバート・ブレイク
麻薬組織と癒着した警察に反旗を翻す刑事2人の活躍と挫折。
ダーティ・メリー
/クレイジー・ラリー

Dirty Mary Crazy Larry
1973年 ジョン・ハフ ピーター・フォンダ
ヴィック・モロー
カーレース用の車を手に入れるために現金強奪に成功した若者3人組とそれを追う警察とのカー・アクション。反逆的な主人公と粋なセリフ、当時のアメリカの風俗をうまく取り入れたシナリオ、斬新なカメラワーク、そして圧巻のエンディング。『イージー・ライダー』とはまた違ったピーター・フォンダの魅力も冴える。
スケアクロウ
Scarecrow
1973年 ジェリー・シャッツバーグ ジーン・ハックマン
アル・パチーノ
偶然出会った二人の男のロードムービー。荒くれ者のアウトローと「スケアクロウ」な生き方をする陽気な男。正反対の二人が織り成す奇妙な交流と友情、そして悲劇。
ロング・グッドバイ
The Long Goodbye
1973年 ロバート・アルトマン エリオット・グールド 探偵のフィリップ・マーロウが友人の死をきっかけにある事件に巻き込まれていくレイモンド・チャンドラーのハードボイルド小説の映画化。
カッコーの巣の上で
One Flew Over the Cuckoo's Nest
1975年 ミロス・フォアマン ジャック・ニコルソン
ルイーズ・フレッチャー
精神異常を装って刑期を逃れた男と、患者を完全統制しようとする看護婦長との確執。
タクシードライバー
Taxi Driver
1976年 マーティン・スコセッシ ロバート・デ・ニーロ
シビル・シェパード
ハーヴェイ・カイテル
ジョディ・フォスター
社会病理に冒され、異常を来した男の憤り。

参考文献[編集]

DVD、ナウオンメディア、2004年11月26日
  • Peter Biskind, Easy Riders, Raging Bulls, Bloomsbury Publishing, 1998年ISBN 0747590141
  • 別冊太陽「アメリカン・ニューシネマ60-70」、1988年

脚注[編集]

  1. ^ 町山智浩『映画の見方が分かる本』(洋泉社、2002年)のロッキーの章[要ページ番号]