ロバート・ブレイク (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロバート・ブレイク
Robert Blake
ロバート・ブレイク Robert Blake
1977年、『刑事バレッタ』出演時
本名 Michael James Gubitosi
別名義 Bobby Blake, Mickey Gubitosi
生年月日 (1933-09-18) 1933年9月18日(85歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュージャージー州エセックス郡ナットリー
職業 俳優
活動期間 1939年 - 1997年
主な作品
冷血
刑事バレッタ

ロバート・ブレイクRobert Blake, 本名:Michael James Gubitosi[1]1933年9月18日 - )は、アメリカ合衆国俳優

来歴[編集]

ニュージャージー州エセックス郡ナットリー出身。イタリア系アメリカ人。6歳の時からMickey Gubitosi名義で子役として西部劇短編映画に出演、1942年からBobby Blake名義となった。

軍隊生活の後、ジェフ・コーリーのもとで演劇を学び、俳優活動を始める。1967年の映画『冷血』の殺人鬼ペリー・スミス役で注目されたほか、1970年代にテレビドラマ『刑事バレッタ』に主人公トニー・バレッタ役で主演、ドラマは大ヒットし、彼自身も第27回プライムタイム・エミー賞主演男優賞(ドラマ部門)・第33回ゴールデングローブ賞男優賞(ドラマ部門)を受賞するなど高い評価を受けた。

事件[編集]

2002年4月18日、2001年5月4日に2番目の妻だったボニー・リー・ベイクリーを射殺したとして逮捕・起訴された[2]

2005年3月16日、証拠不十分として無罪評決を受けたが、ベイクリーの3人の異父子はブレイクが母を殺害したとして民事訴訟を起こした。その裁判の中で彼が嘘の証言をしていたことが発覚、2005年11月18日、有罪判決を受け、罰金3000万ドル(約30億円)の支払いを命じられた[3][4]

さらに、刑事裁判での無罪評決の際にかかった法的手数料、州税、連邦税など300万ドルの借金を背負ったため、2006年2月3日、自己破産を申請した[5]。その後、罰金は半分に減額された[6][7]

その後、ブレイクはボニーを射殺したのは、彼女と不倫関係にあったクリスチャン・ブランドマーロン・ブランドの息子)だとして彼を告発した。これに対しブランドは事件への関与を否定、黙秘権を行使したため、真相は不明のままに終わった[8][9][10]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Blake, Robert (2011). Tales of a Rascal: What I Did for Love. Black Rainbow Productions. p. 169. ISBN 978-0-61-559194-0. 
  2. ^ LeDuff, Charles (2005年3月17日). “'Baretta' Star Acquitted of Murder in Wife's Death”. The New York Times. 2018年4月18日閲覧。
  3. ^ Actor Is Ordered to Pay $30 Million in Killing”. The New York Times (2005年11月19日). 2018年4月18日閲覧。
  4. ^ “CNN.com – Actor Blake liable in wife's death – Nov 18, 2005”. CNN. http://www.cnn.com/2005/LAW/11/18/blake.liable/index.html 2010年4月26日閲覧。 
  5. ^ Deutsch, Linda (2006年5月8日). “Blake to Appeal Wrongful-Death Verdict”. Washington Post. https://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/05/08/AR2006050801098.html 2007年4月2日閲覧。 
  6. ^ “Actor Blake loses US court appeal”. BBC News. (2008年4月27日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/7369978.stm 
  7. ^ Appeal From Robert Blake Worngful Death Verdict (Opinion)”. Scribd. 2015年8月27日閲覧。
  8. ^ JHills (2005年10月31日). “Eye on the Sparrow: The Case Against Robert Blake”. http://eyeonthesparrow.blogspot.com/2005/10/states-conspiracy-part-i.html 2016年10月31日閲覧。 
  9. ^ Defense motion (pdf)”. Court TV (2004年12月1日). 2007年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月2日閲覧。
  10. ^ “ドラ息子、じゃじゃ馬娘 写真特集”. 時事通信 

外部リンク[編集]