スターリング・K・ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スターリング・K・ブラウン
Sterling K. Brown
Sterling K. Brown
生年月日 (1976-04-05) 1976年4月5日(42歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス
職業 俳優
配偶者 ライアン・ミシェル・ベイズ(2007年- )
主な作品
アーミー・ワイフ
アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件
THIS IS US 36歳、これから

スターリング・K・ブラウン(Sterling K. Brown、1976年4月5日 - )は、アメリカ合衆国俳優である。

来歴[編集]

ミズーリ州セントルイス生まれ。[1] スタンフォード大学を卒業後、ニューヨーク大学で修士号を取得[2]

キャリア[編集]

修士号を取得後、地方の舞台で俳優としてのキャリアを始める。また、ドラマ『ER緊急救命室』や『NYPDブルー』など、映画『ステイ』などにも出演する。

2016年にFXのミニシリーズ『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』に出演し、エミー賞助演男優賞(リミテッドシリーズ・テレビ映画部門)を受賞する[3]

また、同年から放送を開始したドラマ『THIS IS US 36歳、これから』での演技も高く評価され、エミー賞主演男優賞(ドラマ部門)[4]ゴールデングローブ賞男優賞(ドラマ部門)[5]全米映画俳優組合賞男優賞 (ドラマ部門)[6]を受賞した。

ゴールデングローブ賞においては、同部門では初のアフリカ系アメリカ人の受賞となった[7]

私生活[編集]

2007年6月に女優で、学生時代から恋人のライアン・ミシェル・ベイズと結婚し、二人の息子がいる[8][9]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビシリーズ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Pennington, Gail (2016年2月2日). “St. Louisan relives Simpson trial in 'People v. O.J.'”. St. Louis Post-Dispatch. Lee Enterprises. 2016年10月25日閲覧。
  2. ^ Shin, Laura (September 2011). “Now Playing”. Stanford Magazine. オリジナルのJanuary 4, 2017時点によるアーカイブ。. http://alumni.stanford.edu/get/page/magazine/article/?article_id=44011 2016年10月8日閲覧。. 
  3. ^ People v. O.J. Simpson Star Sterling K. Brown Chokes Up While Dedicating Emmy to His Late Father”. 2018年1月17日閲覧。
  4. ^ 69th Emmy Awards Nominees and Winners” (2017年9月17日). 2018年1月17日閲覧。
  5. ^ 75th Golden Globe Awards Winners & Nominees 2018” (2018年1月7日). 2018年1月17日閲覧。
  6. ^ The 24th Annual Screen Actors Guild Awards” (2018年1月22日). 2018年1月23日閲覧。
  7. ^ Respers, Lisa (2018年). “Golden Globes 2018: A night of firsts”. CNN. 2018年1月8日閲覧。
  8. ^ Porter, Lauren (2016年9月19日). “6 Things To Know About Sterling K. Brown And His Wife Ryan Michelle Bathe Love Story”. Essence. 2017年2月27日閲覧。
  9. ^ Barney, Chuck (2017年3月9日). “‘This Is Us’: Former Bay Area resident Sterling K. Brown feels ‘blessed beyond words’”. The Mercury News. Digital First Media. 2017年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月16日閲覧。

外部リンク[編集]