ローレンス・オリヴィエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Laurence Kerr Olivier, Baron Olivier, OM
ローレンス・オリヴィエ
ローレンス・オリヴィエ
カール・ヴァン・フェクテンが1939年に撮影
本名 Laurence Kerr Olivier
生年月日 1907年5月22日
没年月日 1989年7月11日(満82歳没)
出生地 サリー
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 俳優映画監督
配偶者 ジル・エズモンド(1930年 - 1940年)
ヴィヴィアン・リー(1940年 - 1960年)
ジョーン・プロウライト(1961年 - 1989年)

ローレンス・オリヴィエLord Laurence Olivier OM, 1907年5月22日 - 1989年7月11日)は、イギリス俳優映画監督アカデミー賞を受賞し、シェイクスピア俳優としても有名。20世紀の名優として多くの映画人から称賛される。本名はローレンス・カー・オリヴィエ(Laurence Kerr Olivier)。愛称はラリー(Larry)。

生涯[編集]

サリーのドーキングに生まれる。父は英国国教会牧師であったジェラルド・カー・オリヴィエ師[1]。のちにオリヴィエは自伝において「上品だが貧しく、野心を抱くには最も適した環境に育った」と記してある。3歳の時にロンドンへ移り、母の希望で9歳でオール・セインツ教会聖歌隊に所属し、音楽を学ぶかたわら演技の勉強もした[2]。12歳で母を病気で亡くす。1921年オックスフォードのセント・エドワーズ・スクールに学び、1922年にはオリヴィエの最初のシェイクスピア劇出演となる聖歌隊の公演である『じゃじゃ馬ならし』でケイト役に扮し、続いて1923年に学校劇で『夏の夜の夢』のパック役を演じて大成功を収める。この頃から俳優になることを決心し、また貧しい家庭環境で息子が世に出るには演劇の道しかないと判断した父親から風呂の中で「お前は俳優になるのだろう?」と言われたこともあり、1924年に17歳でロンドンのセントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマに入学した[3]

1925年にプロとしてスタートを切り、同年の秋にブライトンのヒポドローム劇場での『幽霊列車』で初舞台。1926年バーミンガムのバーミンガム・レパートリー・シアターの『農夫の妻』の巡業に参加し、そのまま同劇団と契約する[4]。最初は端役しか貰えなかったが、後に『ハムレット』や『マクベス』の古典劇から新作劇まで数々の舞台をこなし、舞台俳優として着実に実績を重ねていく。この頃には生涯の友となるラルフ・リチャードソンと出会う。

1928年にフリーに戻り、1929年に『三階の殺人』のニューヨーク公演にも参加する。

1930年ドイツウーファ社の『The Temporary Widow』にて映画デビュー、また同年には女優のジル・エズモンドと2年間の交際が実って結婚する。結婚後出演したノエル・カワードの舞台劇『私生活』がヒットし、ブロードウェイに進出。1931年、ブロードウェイ公演終了後にハリウッドへ呼ばれ、『Fred and Lovers』など3作品に映画出演、2年近く滞在することになった。

1933年に帰国し、ロンドンの舞台に復帰する。1937年には映画『無敵艦隊』で共演したヴィヴィアン・リーと恋に落ち、人目を忍ぶ仲がしばらく続いた。同年にシェイクスピア劇の本拠オールド・ヴィック・シアターに加わり、『ハムレット』や『十二夜』の舞台が成功したのを機にスター俳優としての声価も確立するようになる。1938年に『嵐が丘』の撮影のため渡米。撮影の合間に『風と共に去りぬ』の映画化が決定したことから、スカーレット・オハラ役を熱望していたリーを呼び寄せて製作者のデヴィッド・O・セルズニックに紹介する。

1940年8月に『美女ありき』の撮影中にエズモンドとの離婚が成立、撮影終了後に晴れてリーと再婚し、帰国する。

帰国後は海軍に志願、航空隊のパイロットとして海軍に在籍中の1943年に、命じられて国威発揚映画『The Demi-Paradise』と『ヘンリィ五世』を監督・主演。特に『ヘンリィ五世』はシェイクスピア劇の完璧な映画化と絶賛される。1944年にはラルフ・リチャードソンとともに、ドイツ空軍のロンドン爆撃で劇場が破壊されて以来、停止していたオールド・ヴィク座の再建に尽力。

終戦後はヨーロッパ各地やニューヨークに巡業し、批評家から絶賛される。これらの功績により、1947年ナイト位を授けられる。この年に製作・監督・脚色・主演した映画『ハムレット』が1948年度のアカデミー作品賞主演男優賞を受賞。名実共にイギリスを代表する名優にまでのし上がる。

しかし、私生活ではリーのニンフォマニアの症状と躁鬱病の発作に悩まされ続け、1957年に舞台や映画『The Entertainer』で共演した新進女優ジョーン・プロウライトとの生活に安らぎを見出して、ついに1960年にリーと離婚、プロウライトと再婚する(3度目にして最後)。1962年から1963年までナショナル・シアターのディレクターを務め、1970年には俳優として初めて貴族(ロード)の爵位が与えられ、男爵となる[5][6]

1989年7月11日腎不全のため死去。子供はエドモンズの間に一男、プロウライトとの間に一男二女を儲ける。アカデミー賞にはスペンサー・トレイシーと並んで最多である9回ノミネートされ、1947年1979年にはアカデミー特別賞を受賞。一方、『インチョン!』という迷作に関わってしまったために1982年にはゴールデンラズベリー賞最悪主演男優賞を受賞することとなった。1984年に自伝『一俳優の告白』を発表した。本人が最も気に入っている作品は、意外にも残忍なナチスの残党を演じた1976年の映画『マラソンマン』だという。

オリヴィエの死後に出版された伝記等には、オリヴィエがバイセクシュアルであった可能性が示唆されている[7]。3番目の妻であったジョーン・プロウライトは、オリヴィエは彼女との結婚前にダニー・ケイと関係を持っていたと仄めかしている[8]。また、俳優のデヴィッド・ニーヴンは、ある時オリヴィエとマーロン・ブランドがプールでキスしているところを目撃したと語っている[9]

主な出演作[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1935 勇気ある男
Moscow Nights
イヴァン・イグナトフ
1936 お気に召すまま
As You Like It
オーランドー
1937 無敵艦隊
Fire Over England
マイケル・インゴルビー
淑女は離婚がお好き
The Divorce of Lady X
エバラード・ローガン
1939 スパイは暗躍する
Q Planes
トニー
嵐ケ丘
Wuthering Heights
ヒースクリフ
1940 21日間
21 Days
ラリー
レベッカ
Rebecca
マクシム・ド・ウィンター
高慢と偏見
Pride and Prejudice
ダーシー
1941 美女ありき
That Hamilton Woman
ホレーショ・ネルソン
潜水艦轟沈す
49th Parallel
ジョニー
1944 ヘンリィ五世
Henry V
ヘンリー五世 製作・監督・出演
ニューヨーク映画批評家協会賞 主演男優賞 受賞
1948 ハムレット
Hamlet
ハムレット 監督・製作・脚本・出演
アカデミー主演男優賞 受賞
ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門) 受賞
ニューヨーク映画批評家協会賞 主演男優賞 受賞
1952 黄昏
Carrie
ジョージ・ハーストウッド
1953 三文オペラ
The Beggar's Opera
マクヒース 製作・出演
1955 リチャード三世
Richard III
リチャード三世 製作・監督・出演
英国アカデミー賞 最優秀英国男優賞 受賞
1957 王子と踊子
The Prince and the Showgirl
チャールズ大公 製作・監督・出演
1959 悪魔の弟子
The Devil's Disciple
ジョン・バーゴイン
1960 寄席芸人
The Entertainer
アーチー
スパルタカス
Spartacus
マルクス・リキニウス・クラッスス
1962 可愛い妖精
Term of Trial
グラハム・ウィアー
1965 バニー・レークは行方不明
Bunny Lake Is Missing
ニューハウス
オセロ英語版
Othello
オセロー
1966 カーツーム英語版
Khartoum
マフディーen:Muhammad Ahmad
栄光の座
The Shoes of the Fisherman
カメネフ
1969 素晴らしき戦争
Oh! What a Lovely War
ジョン・フレンチ卿 英国アカデミー賞 助演男優賞 受賞
空軍大戦略
Battle of Britain
サー=ヒュー・ダウディング大将(空軍最高司令官)
さすらいの旅路
David Copperfield
クリークル氏 テレビ映画
1970 三人姉妹
Three Sisters
Ivan Chebutikin
1971 ニコライとアレクサンドラ
Nicholas and Alexandra
セルゲイ・ヴィッテ
1972 探偵スルース
Sleuth
アンドリュー ニューヨーク映画批評家協会賞 主演男優賞 受賞
レディ・カロライン
Lady Caroline Lamb
アーサー・ウェルズリー (初代ウェリントン公爵)
1975 恋の旅路
Love Among the Ruins
Arthur Glanville-Jones テレビ映画
1976 マラソンマン
Marathon Man
クリスチャン・スツェル ゴールデングローブ賞 助演男優賞 受賞
シャーロック・ホームズの素敵な挑戦
The Seven-Per-Cent Solution
ジェームズ・モリアーティ教授
1977 遠すぎた橋
A Bridge Too Far
スパンダー
1978 ブラジルから来た少年
The Boys from Brazil
エズラ・リーベルマン
ベッツィー
The Betsy
ローレン・ハードマン
1979 リトル・ロマンス
A Little Romance
ユリウス
ドラキュラ
Dracula
アブラハム・ヴァン・ヘルシング
1980 ジャズ・シンガー
The Jazz Singer
カンター・ラビノビッチ ゴールデンラズベリー賞 最低助演男優賞 受賞
1981 インチョン!
Inchon
ダグラス・マッカーサー ゴールデンラズベリー賞 最低主演男優賞 受賞
タイタンの戦い
Clash of the Titans
ゼウス
華麗なる貴族
Brideshead Revisited
Lord Marchmain テレビ・ミニシリーズ
1983 ミセス・アン/殺しのシナリオ
A Talent for Murder
トニー・ウェインライト テレビ映画
リア王英語版
King Lear
リア王 テレビ映画
ワーグナー/偉大なる生涯
Wagner
Sigmund von Pfeufer テレビシリーズ、5エピソードに出演
1984 わが父を巡る航海
A Voyage Round My Father
クリフォード・モーティマー テレビ映画
バウンティ/愛と反乱の航海
The Bounty
フッド提督
ジグソーマン
The Jigsaw Man
Sir Gerald Scaith
1985 ワイルド・ギース II
Wild Geese II
ルドルフ・ヘス
画家と美女と素敵な生活
The Ebony Tower
ヘンリー
1986 ロマノフ王朝・大帝ピョートルの生涯
Peter the Great
ウィリアム3世 (イングランド王) テレビ・ミニシリーズ
1988 ウォー・レクイエム
War Requiem
老兵士

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
1947年 アカデミー名誉賞:『ヘンリィ五世』(『ヘンリー五世』を映画化させるに至った、俳優・映画プロデューサー映画監督としての功績に対して)
1949年 アカデミー主演男優賞:『ハムレット
1979年 アカデミー名誉賞:(これまでのキャリアにおいて、ユニークかつ芸術的な映画界への実績に対して)
ノミネート
1940年 アカデミー主演男優賞:『嵐が丘
1941年 アカデミー主演男優賞:『レベッカ
1947年 アカデミー主演男優賞:『ヘンリィ五世』
1949年 アカデミー監督賞:『ハムレット』
1957年 アカデミー主演男優賞:『リチャード三世
1961年 アカデミー主演男優賞:『寄席芸人
1966年 アカデミー主演男優賞:『オセロ
1973年 アカデミー主演男優賞:『探偵スルース
1977年 アカデミー助演男優賞:『マラソンマン
1979年 アカデミー主演男優賞:『ブラジルから来た少年

ゴールデングローブ賞[編集]

受賞
1949年 男優賞:『ハムレット』
1977年 助演男優賞:『マラソンマン』
1983年 セシル・B・デミル賞
ノミネート
1961年 主演男優賞 (ドラマ部門):『スパルタカス
1973年 主演男優賞 (ドラマ部門):『探偵スルース』
1980年 助演男優賞:『リトル・ロマンス

ニューヨーク映画批評家協会賞[編集]

受賞
1947年 主演男優賞:『ヘンリィ五世
1948年 主演男優賞:『ハムレット』
1973年 主演男優賞:『探偵スルース』

著書[編集]

  • 『一俳優の告白 ローレンス・オリヴィエ自伝』小田島雄志訳 文芸春秋 1986

参照[編集]

  1. ^ Olivier, Laurence (1985). Confessions of an Actor: An Autobiography. New York: Simon and Schuster. ISBN 0-671-41701-0. 
  2. ^ All Saints Margaret Street: Music”. London: All Saints Church. 2010年1月26日閲覧。
  3. ^ Agee, James. "Masterpiece". James Agee: Film Writing and Selected Journalism New York: Library of America, 2005; ISBN 1-931082-82-0. pp 412–20. A review of Henry V, first published in Time (8 April 1946) and from there reprinted within Agee on Film, which is reprinted in toto within the newer book. The second part of this article is reproduced as Laurence Olivier Biography.
  4. ^ A short summary of Olivier's life, found on his official site, laurenceolivier.com
  5. ^ London Gazette: (Supplement) no. 45117, p. 6365, 1970年6月5日. 2007年12月18日閲覧。
  6. ^ London Gazette: no. 45319, p. 2001, 1971年3月9日. 2011年9月23日閲覧。
  7. ^ Coleman, Terry (2005). Olivier. Henry Hilt and Co.. 
  8. ^ Filmbug Laurence Olivier Page
  9. ^ Thornton, Michael. TV & showbiz, Daily Mail, 1 September 2006. Retrieved on 2006 December 30.

外部リンク[編集]