リナ・ウェルトミューラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リナ・ウェルトミューラー
Lina Wertmüller
リナ・ウェルトミューラー Lina Wertmüller
本名 Arcangela Felice Assunta Job Wertmüller von Elgg Espanol von Brauchich, 肖像 - アウグスト・デ・ルカ
生年月日 (1928-08-14) 1928年8月14日
没年月日 (2021-12-09) 2021年12月9日(93歳没)
出生地 イタリア王国の旗 イタリア王国ローマ
国籍 イタリアの旗 イタリア
職業 映画監督脚本家
配偶者 Enrico Job
主な作品
セブン・ビューティーズ』(1975年)
 
受賞
アカデミー賞
名誉賞
2019年
その他の賞
テンプレートを表示

リナ・ウェルトミューラー(Lina Wertmüller, 1928年8月14日 - 2021年12月9日)は、イタリアローマ出身の映画監督脚本家である。スイス貴族の血筋を引いている。

略歴[編集]

当初、女優であったが、フェデリコ・フェリーニの『8 1/2』でアシスタントディレクターを務めたことがきっかけで映画監督となった。

1977年第49回アカデミー賞で、女性監督として初めてアカデミー監督賞にノミネートされた[1]。 女性監督でノミネートされたのは、他にジェーン・カンピオンソフィア・コッポラキャスリン・ビグローグレタ・ガーウィグクロエ・ジャオエメラルド・フェネルの6人しかいない[2]

2019年に91歳でアカデミー名誉賞第92回)を受賞[2][3]

日本公開作品はあまり多くないが、2000年代以降も活動を続けている。

主な監督作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ The first woman nominated for Best Director in 1977: interview with Academy Honorary Award winner Lina Wertmüller” (英語). The Shortlisted (2020年6月22日). 2022年2月24日閲覧。
  2. ^ a b 「女性版オスカー望む」に女性映画人が多数賛同! 多様性示す映画芸術科学アカデミー授賞式”. MOVIE Collection. 有限会社キッチュ (2019年10月29日). 2021年7月20日閲覧。
  3. ^ THE 2019 GOVERNORS AWARDS / 2019”. oscars.org. AMPAS. 2021年7月19日閲覧。

外部リンク[編集]