アニエス・ヴァルダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アニエス・ヴァルダ
Agnès Varda
Agnès Varda
本名 Arlette Varda (出生名)
生年月日 (1928-05-30) 1928年5月30日
没年月日 (2019-03-29) 2019年3月29日(90歳没)
出生地 ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル
国籍 フランスの旗 フランス
職業 映画監督
活動期間 1955年 -
配偶者 ジャック・ドゥミ
著名な家族 マチュー・ドゥミ(息子)
ロザリー・ドゥミ(娘)
主な作品
5時から7時までのクレオ
幸福
顔たち、ところどころ

アニエス・ヴァルダAgnès Varda, 1928年5月30日 - 2019年3月29日)は、ベルギーブリュッセル出身の映画監督である。「ヌーヴェルヴァーグの祖母」と呼ばれることもある[1]

来歴・人物[編集]

ベルギー生まれ。父親はギリシャ人、母親はフランス人。第二次世界大戦を逃れてフランスに渡る。映画監督になる前は写真家として活躍していた。

1965年 の『幸福』でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞している。1985年の『冬の旅』でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞している。

映画監督のジャック・ドゥミと1962年に結婚し、彼が死去するまでともに「カイエ派」に対して「左岸派」と呼ばれた[2]。息子のマチュー・ドゥミは俳優、娘のロザリーは映画衣装デザイナーになった。

2017年の第90回アカデミー賞で、長年の功績を称え名誉賞が授与された。

2019年3月29日、乳癌のため死去[3][4]。(フランス現地時間)

主な監督作品[編集]

[編集]

  1. ^ 英語版Wikipedia en:Agnès Varda および独語版Wikipedia de:Agnès Varda 参照。仏語版にはない。
  2. ^ 中条省平『フランス映画史の誘惑』(集英社新書 2003年pp.195-199)。
  3. ^ 仏監督アニエス・ヴァルダが90歳で死去、“ヌーベルヴァーグの祖母”の異名 映画ナタリー、2019年3月29日
  4. ^ “仏映画監督のアニエス・バルダさん死去、90歳”. 時事ドットコム. (2019年3月29日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019032901296&g=int 2019年3月31日閲覧。 

外部リンク[編集]