スパイク・リー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スパイク・リー
Spike Lee
Spike Lee
2018年
本名 Shelton Jackson Lee
生年月日 (1957-03-20) 1957年3月20日(64歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ジョージア州アトランタ
配偶者 トーニャ・ルイス(1993年- )
主な作品
ドゥ・ザ・ライト・シング
ジャングル・フィーバー
マルコムX
25時
インサイド・マン
ブラック・クランズマン
 
受賞
アカデミー賞
脚色賞
2018年ブラック・クランズマン
名誉賞
2015年
カンヌ国際映画祭
グランプリ
2018年『ブラック・クランズマン』
ヴェネツィア国際映画祭
国際映画批評家連盟賞
2006年ウェン・ザ・リーブス・ブローク
監督・ばんざい!賞
2012年BAD 25
ニューヨーク映画批評家協会賞
特別賞
2020年『New York New York』
ロサンゼルス映画批評家協会賞
監督賞
1989年ドゥ・ザ・ライト・シング
ニュー・ジェネレーション賞
1986年シーズ・ガッタ・ハヴ・イット
放送映画批評家協会賞
ドキュメンタリー映画賞
1997年4 Little Girls
AFI賞
作品賞TOP10
2018年『ブラッククランズマン』
2020年ザ・ファイブ・ブラッズ
英国アカデミー賞
脚色賞
2018年『ブラッククランズマン』
エミー賞
ノンフィクション番組監督賞
2007年『ウェン・ザ・リーブス・ブローク』
ノンフィクション番組個人業績賞
2007年『ウェン・ザ・リーブス・ブローク』
セザール賞
名誉賞
2003年
その他の賞
テンプレートを表示

“スパイク”シェルトン・ジャクソン・リー(Shelton Jackson "Spike" Lee, 1957年3月20日 - )はアメリカ合衆国映画監督プロデューサー。アフリカ系アメリカ人が社会で直面する差別構造や偏見を正面から取り上げる作品で知られ、そのうち『ドゥ・ザ・ライト・シング』など4作品がアメリカ議会図書館において国立フィルム登録簿に永久登録されている[1]。現在ニューヨーク大学映画学科の教授として映画製作を指導しているほか[2]母校であるモアハウス大学でも時折教壇に立っている。彼が設立した映画制作会社40エーカー・アンド・ア・ミュール・フィルムワークス1983年以来35本の映画を公開している。

経歴[編集]

ジョージア州アトランタで、ジャズ・ミュージシャンである父ウィリアム・ジェームス・エドワーズ・リー三世、通称ビル・リー教師であると同時に作家でもある母ジャクリーン・シェルトンの間に生まれた。幼い頃に家族でニューヨークブルックリンに転居している。ブルックリンのフォート・グリーン地区は、彼が設立した映画製作会社である40エーカー・アンド・ア・ミュール・フィルムワークスが運営されている場所で、他にリー自身が所有するビジネス、リーに関連するビジネスの多くも同地区を本拠地にしている。リーは幼少期に母親に「スパイク」というあだ名をつけられた。ブルックリンのジョン・デウェイ高校に通った後、最初の作品『ラスト・ハッスル・イン・ブルックリン』を製作した頃には、アトランタのモアハウス大学で学んでいた。彼はクラーク・アトランタ大学でも映画のコースを取り、モアハウス・カレッジでマスコミ学士学位を取得した。その後ニューヨークに戻り、ニューヨーク大学ティッチ・スクール・オブ・アートに入学し、1982年ファインアーツ修士を得て修了している。

彼が大学院修了課題のために製作した映画は『ジョーズ・バーバー・ショップ』で、学生が製作した映画として初めてリンカーン・センターでのニュー・ディレクター・ニュー・フィルム・フェスティバルに出品された。この映画は全米の大学生・大学院生を対象にした学生アカデミー賞でも大賞を受賞している。1985年、スパイク・リーは初めての商業映画に挑戦した。『シーズ・ガッタ・ハヴ・イット』は予算16万ドルで製作され公開期間はわずかに2週間という悪条件にもかかわらず、翌1986年に公開された時には700万ドルを超える興行成績を残しスパイク・リーの才能のほどを世間に知らしめた。2010年代にNetflixの新シリーズとしてリメイクもされることになる。また、本作の成功により、スポーツシューズ・メーカーナイキのマーケティング部門からナイキのCM撮影の依頼が入り、CM監督としての新たなキャリアにつながっていく。内容は『シーズ・ガッタ・ハヴ・イット』に登場するマイケル・ジョーダン狂のキャラクター、マーズ・ブラックモン(リー本人が演じた)がエア・ジョーダンのCMでジョーダン本人と共演するというものだった。その後、リーは自身の製作会社の広告制作部門でコンバースジャガータコベルベン・アンド・ジェリーズのCMを制作した。

1989年に『ドゥ・ザ・ライト・シング』を発表し、黒人監督としての地位を確立させる。本作では人種間の関係や、都市部の犯罪と貧困を描いており、黒人だけではなく、アジア人やイタリア系にも焦点を当てて怒りをぶつけた演出は、これまでとは異なる人種差別を描いた映画として激賞され、アカデミー脚本賞にノミネートされるものの、肝心のアカデミー作品賞にはノミネートされず、議論を巻き起こした。

1991年には異なる人種のカップルを描いた『ジャングル・フィーバー』を発表し、出演者の一人であるサミュエル・L・ジャクソンカンヌ国際映画祭にて演技を激賞され、特別に設置された助演賞を受賞した。また、本作ではスティービー・ワンダーが音楽を担当した。

1993年、自身の作品群の中で最も問題作と呼ばれている『マルコムX』を発表。本作では過激的な黒人解放運動家として知られているマルコムXを取り上げたが、公開前年には人種差別に対する抗議であるロス暴動があったことも相乗し、公開直後から批評家の間では「人種間の緊張を煽るだけ」という意見もあり評価は割れたものの、そういった議論が話題となり大ヒットを記録。映画監督マーティン・スコセッシと、厳しい論評で知られているロジャー・イーバートからは、「1990年代に作られた映画の内最も素晴らしい作品10本に入る」と評された。また、主演を務めたデンゼル・ワシントンは、その鬼気迫る演技を「キャリアベスト」と高く評価され、ベルリン国際映画祭では男優賞を受賞し、アカデミー主演男優賞にもノミネートされた。しかし、作品自体には何のノミネートもなかったため、再び『ドゥ・ザ・ライト・シング』の時と同様に議論が巻き起こることとなった。

1997年、ドキュメンタリー映画『4 Little Girls』ではアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞にノミネートされた。

21世紀に入ってから暫くの間は賞レースから離れていたが、2015年に第7回ガバナーズ賞・アカデミー賞名誉賞を受賞[3]。しかし後述の理由のとおり、アカデミー賞授賞式には出席しない意向を示した。

2018年、実話を基に制作した刑事ドラマ『ブラック・クランズマン』を発表。第71回カンヌ国際映画祭にてグランプリを、第91回アカデミー賞では脚色賞を受賞し[4]、自身にとって初となるカンヌの主要賞受賞とオスカー競争部門受賞となった。

2021年には第74回カンヌ国際映画祭で審査員長を務めることとなった。

論争[編集]

スパイク・リーは今までどんな論争にさらされようとも、人種間の関係について語ることを恐れたことはない。1992年、自身が制作した映画『マルコムX』を観るために学校を抜け出したとして糾弾されていた数名の黒人生徒を擁護した。その10年後には、ミシシッピ州上院議員で右派トレント・ロットが「1948年ストロム・サーモンドが大統領候補者に当選していれば良かった」と語った事件(サーモンドの項を参照)が紙面を騒がせた後、リーはABCテレビの看板番組『グッド・モーニング・アメリカ』でロットが正真正銘のKKKメンバーであると非難した[5]

スパイク・リーは1995年公開の映画『ニュージャージー・ドライブ』でエグゼクティブプロデューサーを勤めた。この映画ではニュージャージー州に住むアフリカ系アメリカ人自動車窃盗について描いている。当時、同州ニューアークでは全米で最も多く自動車泥棒が発生しており、当時のニューアーク市長シャープ・ジェームスはニューアーク市内でこの映画の撮影を許可しなかった。数年後の2002年、スパイク・リーはニューアーク市市長選でジェームスの敵対候補者コリー・ブーカーの支持を表明した。

1999年5月、カンヌ国際映画祭でスパイク・リー初の非黒人映画『サマー・オブ・サム』が公開され、リーはコロンバイン高校銃乱射事件についてハリウッドが受けている非難について質問された。リーは映画とテレビが問題だとは思わないと答えた。映画とテレビが青少年に与える影響についてインタビューされたリーは、米国の銃の問題が解決していないことについて語り、例として全米ライフル協会の名を挙げた。リーはこの件について詳しく語っている。

「彼らが『じゃあチャールトン・ヘストンについてはどうなんだ?』って訊いたから、『奴を撃て!』と言ったのさ。でもすぐに笑いながら『冗談だよ』って言ったんだよ。暴力が暴力を呼ぶことに対する単なる皮肉なジョークだったのさ」。メジャーなマスコミに以前から誤った解釈をされてきたため、リーはさらに続けて周りに集まったリポーター達に冗談を言った。「明日の朝は起きたくないな。朝刊の一面には俺がどれほどチャールストン・ヘストンを撃ってやりたいと思っているかって書かれるだろうからさ」

皮肉なことに、それは現実のものになった。保守派の擁護者であるルパート・マードックが所有している有力紙『ニューヨーク・ポスト』は、状況説明を省いてまるでリーが実際にへストンの死を望んでいるかのように書いた。この話はアメリカ議会にまで届き、共和党の代表ディック・アーメイは、リーは「教育現場における暴力問題についてより多くの暴力とより強い憎しみ以外に何も提供するものがない」と非難する声明を出した。リーが何度もメディアに出たり新聞社に話して訂正をしたにもかかわらず、実際の引用よりも誤った引用のほうが広く知られたままになっている[6]

さらに最近では、リーは2005年にアメリカ中西部を襲ったハリケーン・カトリーナ災害に対する連邦政府の対応について意見を述べている。CNNニュースキャスターが連邦政府はハリケーン・カトリーナの災害で苦境にある黒人を見捨てたと思うかと訊ねると、リーは「ありえない話というわけでもない。俺はアメリカ政府を信用していないから。彼らが黒人全員をニューオーリンズから移動させようとしているとしてもありえない話じゃないと思う」と答えている[7]。この後、スパイク・リーはハリケーン・カトリーナの災害を主題にしたドキュメンタリー『ウェン・ザ・リーヴス・ブローク』を監督している。

また2006年に公開されたクリント・イーストウッドの映画『父親たちの星条旗』、『硫黄島からの手紙』について、黒人俳優が出演していない事を理由にイーストウッドを人種差別主義者と決め付け、イーストウッドがそれに反論したことから両者とも激しい舌戦を繰り広げたが、スティーヴン・スピルバーグが両者の仲介を引き受ける形で間に立ち和解した、とスパイク・リーは最新作『セントアンナの奇跡』が公開された後のインタビューで答えていると同時に、舌戦を後悔した、とも語っている。現在では両者とも良好な関係を維持している(なお、人種差別が当然のように行われていた当時のアメリカ軍において、黒人兵が戦闘兵科に付いたのは前年12月ヨーロッパ戦線におけるバルジの戦い前後からのことであり、硫黄島攻略戦当時においても黒人兵はアメリカ軍上陸部隊の1%に満たなかった)。

エア・ジョーダンを巡って、暴力事件がインナーシティで多発する事態になると、スパイク・リーは批判の矢面に立たされることになる。リーは、責められるべきはアパレルメーカー側でなく、「インナーシティーの若者がスニーカーとジャケットと金細工のアクセサリーくらいにしか価値を見出せない状況こそが改善されなければならないのだ」と反論している。

2015年にはアカデミー賞名誉賞を受賞したが、俳優部門候補者(20人)が2年連続で白人のみとなったことを理由として、2016年2月に開催されるアカデミー賞授賞式には出席しない意向を表明。アカデミー賞を狙えるような役柄にマイノリティーの役者が配役されないのは映画会社の責任と非難した[8][9]

私生活[編集]

スパイク・リーは1993年10月3日ハーレムのリバーサイド教会で弁護士のトーニャ・ルイス(現在はトーニャ・ルイス・リー)と結婚。彼女とは、1992年9月の黒人政党支部会の年次総会があった週末、ワシントンD.C.で出会った。2人は支部の晩餐会に出席しており、彼女は妹のトレイシーと出席していた。彼女は、サラ・ローレンスからバージニア大学の法学部を卒業していた。スパイクは、著書『スパイク・リーのバスケットボール・ダイアリー』の中で、「彼女のはっとするような美しさに思わずのけぞった」と語っている。2人の結婚式には数百人の招待客が詰め掛け、親友のデンゼル・ワシントンは勿論、NBA選手のパトリック・ユーイングなど、親交の深い著名な人物が多く出席し、スティーヴィー・ワンダーが2人を祝福して歌った。

1994年12月2日に第一子である女の子サッチェル[10]1997年には息子のジャクソンを授かった。

自身とバスケットボールについて何冊も本を出版している程のバスケ好きで、特にNBAニューヨーク・ニックスの熱狂的ファンとして有名である。ニックスの試合はいつも最前列で観戦し、相手チームの選手に野次を飛ばすことも多い。1994年イースタン・カンファレンス・ファイナルの第5試合でインディアナ・ペイサーズに93対86でニックスが負けたとき、リーはペイサーズのレジー・ミラーに対して第4クォーターの間じゅう罵倒嘲弄を繰り返し、それに応酬する形でミラーが次々とシュートして25点も加算したため、翌日の『ニューヨーク・デイリー・ニュース』紙の一面には皮肉たっぷりに「どうもありがとう、スパイク」と書かれていた、ということもあった。また、1994年のイースタン・カンファレンス・セミファイナルの第6試合ではシカゴ・ブルズスコッティ・ピッペンがパトリック・ユーイングの上からダンクを叩き付けて倒れたユーイングをまたいだプレイに対してリーがコートサイド席から立ちあがって抗議した際ピッペンから「sit down」と返された一連の場面はNBAの歴史上の名場面の1つとなっている。

エピソード[編集]

主な映画作品[編集]

監督[編集]

テレビ[編集]

製作・製作総指揮[編集]

重要なサウンド・トラック[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

関連文献[編集]

外部リンク[編集]