アカデミー名誉賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アカデミー名誉賞(アカデミーめいよしょう、: Academy Honorary Award)は、1929年開催の第1回アカデミー賞から創設されたアカデミー賞の表彰である[1]。1950年度の第23回から現在の名称であり、それ以前は「特別賞」(Special Award)として贈呈されていた[注 1]。名誉賞は生涯の功労、映画芸術と科学への貢献、アカデミーへの寄与に対して授与される[4]

2009年度からはアカデミー賞の授賞式とは別に開催される、ガバナーズ賞英語版において表彰が行われる[5]。毎年9月に映画芸術科学アカデミーの理事会により受賞者が発表され、例年11月にディナー・イベントの形式で執り行われる[4][注 2]

歴代主な受賞者・団体[編集]

アカデミー賞授賞式[編集]

BYR color wheel.svg この副節ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
特別賞(1927年 - 1949年)
アカデミー賞:第1回 - 第22回(1927–1949)
授賞式  特別賞 受賞
1927/28年
第1回
チャールズ・チャップリン(『サーカス』の製作)
ワーナー・ブラザース(トーキー映画『ジャズ・シンガー』の製作)
1928/29年
第2回
該当なし
1929/30年
第3回
該当なし
1930/31年
第4回
該当なし
1931/32年
第5回
ウォルト・ディズニーミッキーマウスの創作)
1932/33年
第6回
該当なし
1934年
第7回
ジュブナイル賞シャーリー・テンプル(『歓呼の嵐英語版』『可愛いマーカちゃん英語版』『ベビイお目見得英語版』『輝く瞳』の出演により)
1935年
第8回
D・W・グリフィス
1936年
第9回
W・ハワード・グリーン英語版ハル・ロッソン英語版(『沙漠の花園』のカラー撮影)
『ザ・マーチ・オブ・タイム (The March of Time』(映画館で上映されていたラジオ・ニュース・シリーズ
1937年
第10回
エドガー・バーゲン英語版
W・ハワード・グリーン英語版(『スタア誕生 』のカラー撮影)
ニューヨーク近代美術館フィルム・ライブラリ
マック・セネット
1938年
第11回
ハリー・M・ワーナー
ウォルト・ディズニー(『白雪姫』の製作)
J・アーサー・ボール英語版
オリヴァー・T・マーシュ英語版、アレン・デイヴィ(『スウィートハーツ英語版』のカラー撮影)
北海の子英語版』の(特殊撮影と音響効果、11名)ゴードン・ジェニングス英語版ジャン・ドメラ英語版、デヴェルー・ジェニングス、イルミン・ロバーツ、アート・スミス、ファーショト・エドゥアール (Farciot Edouartロイヤル・グリッグスローレン・L・ライダー (Loren L. Ryder、ハリー・D・ミルズ、ルイス・H・メセンコップ英語版、ウォルター・オバーセット
ジュブナイル賞ディアナ・ダービン(『アヴェ・マリア』『年ごろ』の出演)とミッキー・ルーニー(『初恋合戦』などの“アンディ・ハーディ英語版”シリーズと『少年の町』の出演により)
1939年
第12回
ダグラス・フェアバンクス
映画救済基金 (Motion Picture Relief Fundジーン・ハーショルト英語版ラルフ・モーガン英語版ラルフ・ブロック英語版コンラッド・ネーゲル英語版
ウィリアム・キャメロン・メンジース英語版(『風と共に去りぬ』色彩)
テクニカラー社(カラー撮影:三色法)
ジュブナイル賞ジュディ・ガーランド(『青春一座英語版』『オズの魔法使』の出演により)
1940年
第13回
ボブ・ホープ
ネイサン・レヴィンソン
1941年
第14回
ファンタジア』のウォルト・ディズニーウィリアム・E・ギャリティジョン・N・A・ホーキンスドイツ語版RCA
レオポルド・ストコフスキー(『ファンタジア』の音楽)
レイ・スコット(『Kukan(苦幹)』監督)
英広報庁(ドキュメンタリー『ターゲット・フォー・トゥナイト (Target for Tonight』)
1942年
第15回
シャルル・ボワイエ
ノエル・カワード(『軍旗の下に英語版』)
メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(『初恋合戦』などアンディ・ハーディ英語版 シリーズ)
1943年
第16回
ジョージ・パル人形アニメ、『パペトゥーンズ (Puppetoons』)
1944年
第17回
ボブ・ホープ
ジュブナイル賞マーガレット・オブライエン(『幽霊は臆病者英語版』『百万人の音楽英語版』『若草の頃』の出演により)
1945年
第18回
ウォルター・ウェンジャー
短篇映画『The House I Live In』:製作フランク・ロス英語版、製作・監督マーヴィン・ルロイ、脚本アルバート・マルツ英語版、作曲アール・ロビンソン英語版、作詞ルイス・アラン英語版、主演フランク・シナトラ
リパブリック・ピクチャーズダニエル・J・ブルームバーグ英語版、リパブリック・サウンド部
ジュブナイル賞ペギー・アン・ガーナー(『愛への旅路英語版』『Junior Miss』『ブルックリン横丁』の出演により)
1946年
第19回
ローレンス・オリヴィエ(『ヘンリィ五世』の製作、監督、主演)
ハロルド・ラッセル(『我等の生涯の最良の年』出演により)
エルンスト・ルビッチ
ジュブナイル賞クロード・ジャーマン Jr.英語版(『子鹿物語』の出演により)
1947年
第20回
特別賞(外国語映画)[注 3]:『靴みがき英語版』(イタリアの旗 イタリア
ビルの冒険物語英語版
ジェームズ・バスケット英語版(『南部の唄』出演)
ウィリアム・N・セリッグ英語版(プロデューサー)、アルバート・E・スミス英語版(監督)、トーマス・アーマット英語版(技術者)、ジョージ・K・スプア英語版(プロデューサー)
1948年
第21回
特別外国語映画賞[注 3]:『聖バンサン英語版』(フランスの旗 フランス
アドルフ・ズーカーパラマウント映画を創業)
シド・グローマン英語版チャイニーズ・シアターを建設)
ウォルター・ウェンジャー(『ジャンヌ・ダーク』の製作)
ジュブナイル賞イワン・ヤンドル英語版(『山河遥かなり』に出演したチェコスロバキアの子役)(外国人子役で初の受賞。欠席)
1949年
第22回
特別外国語映画賞[注 3]:『自転車泥棒』(イタリアの旗 イタリア
フレッド・アステア
セシル・B・デミル
ジーン・ハーショルト (Jean Hersholtアカデミー会長)
ジュブナイル賞ボビー・ドリスコール(『わが心にかくも愛しき』『The Window』の出演により)
名誉賞(1950年 - )
アカデミー賞:第23回 - 第28回(1950–1955)
授賞式  名誉賞 受賞
1950年
第23回
名誉外国語映画賞[注 4]:『鉄格子の彼方』(フランスの旗 フランス イタリアの旗 イタリア合作)
ジョージ・マーフィ英語版(俳優、後に上院議員
ルイス・B・メイヤー
1951年
第24回
名誉外国語映画賞[注 4]:『羅生門』(日本の旗 日本
ジーン・ケリー(出演した『巴里のアメリカ人』の6部門受賞と同時に名誉賞を受賞)
1952年
第25回
名誉外国語映画賞[注 4]:『禁じられた遊び』(フランスの旗 フランス
ボブ・ホープ
ハロルド・ロイド
ジョセフ・M・シェンク
メリアン・C・クーパー
ジョージ・アルフレッド・ミッチェル(カメラ:ミッチェル撮影機の設計と開発)
1953年
第26回
ピート・スミス英語版短編映画シリーズ『ピート・スミス・スペシャリティーズ』)
20世紀フォックスシネマスコープ en:CinemaScope
ジョセフ・ブリーン英語版
ベル&ハウエル(映画機材の製造企業)
1954年
第27回
名誉外国語映画賞[注 4]:『地獄門』(日本の旗 日本
グレタ・ガルボ
ダニー・ケイ
ケンプ・R・ナイヴァードイツ語版
ボシュロム・オプティカル(光学機器メーカー)
ジュブナイル賞ジョン・ホワイトリー英語版ヴィンセント・ウィンター英語版英国映画『ザ・リトル・キッドナッパーズ (The Little Kidnappers』の出演により。英国タイトル『The Kidnappersザ・キッドナッパーズ』)
1955年
第28回
名誉外国語映画賞[注 4]:『宮本武蔵』(日本の旗 日本
名誉賞(1956年 - )
アカデミー賞:第29回 - 第81回(1956–2008)
授賞式  名誉賞 受賞
1956年
第29回
エディ・カンター
1957年
第30回
チャールズ・ブラケット英語版
B.B. カハネ英語版
ブロンチョ・ビリー・アンダーソン英語版
米国映画テレビ技術者協会
1958年
第31回
モーリス・シュヴァリエ
1959年
第32回
バスター・キートン
リー・ド・フォレスト
1960年
第33回
ゲイリー・クーパー
スタン・ローレル
ジュブナイル賞ヘイリー・ミルズ(『ポリアンナ』の出演により)
1961年
第34回
ウィリアム・L・ヘンドリックス英語版
フレッド・L・メッツラードイツ語版
ジェローム・ロビンズ
1962年
第35回
該当なし
1963年
第36回
該当なし
1964年
第37回
ウィリアム・J・タトル英語版(『ラオ博士の7つの顔』メイクアップ)
1965年
第38回
ボブ・ホープ
1966年
第39回
ヤキマ・カヌート英語版スタントマン
Y・フランク・フリーマン
1967年
第40回
アーサー・フリード
1968年
第41回
ジョン・チェンバース(『猿の惑星』のメイクアップ)
オナ・ホワイト英語版(『オリバー!』の振り付け)
1969年
第42回
ケーリー・グラント
1970年
第43回
オーソン・ウェルズ
リリアン・ギッシュ
1971年
第44回
チャールズ・チャップリン
1972年
第45回
チャールズ・S・ボーレン
エドワード・G・ロビンソン
1973年
第46回
グルーチョ・マルクス
アンリ・ラングロワ
1974年
第47回
ハワード・ホークス
ジャン・ルノワール
1975年
第48回
メアリー・ピックフォード
1976年
第49回
該当なし
1977年
第50回
マーガレット・ブース
1978年
第51回
ローレンス・オリヴィエ
ウォルター・ランツ
キング・ヴィダー
ニューヨーク近代美術館
1979年
第52回
ハル・エリアス
アレック・ギネス
1980年
第53回
ヘンリー・フォンダ
1981年
第54回
バーバラ・スタンウィック
1982年
第55回
ミッキー・ルーニー
1983年
第56回
ハル・ローチ英語版
1984年
第57回
ジェームズ・ステュアート
国立芸術基金 (National Endowment for the Arts
1985年
第58回
ポール・ニューマン
アレックス・ノース
1986年
第59回
ラルフ・ベラミー
1987年
第60回
該当なし
1988年
第61回
カナダ国立映画制作庁 (NationalFilm Board of Canada
コダック
1989年
第62回
黒澤明
1990年
第63回
ソフィア・ローレン
マーナ・ロイ
1991年
第64回
サタジット・レイ
1992年
第65回
フェデリコ・フェリーニ
1993年
第66回
デボラ・カー
1994年
第67回
ミケランジェロ・アントニオーニ
1995年
第68回
チャック・ジョーンズ
カーク・ダグラス
1996年
第69回
マイケル・キッド英語版
1997年
第70回
スタンリー・ドーネン
1998年
第71回
エリア・カザン
1999年
第72回
アンジェイ・ワイダ
2000年
第73回
ジャック・カーディフ
アーネスト・レーマン
2001年
第74回
シドニー・ポワチエ
ロバート・レッドフォード
2002年
第75回
ピーター・オトゥール
2003年
第76回
ブレイク・エドワーズ
2004年
第77回
シドニー・ルメット
2005年
第78回
ロバート・アルトマン
2006年
第79回
エンニオ・モリコーネ
2007年
第80回
ロバート・F・ボイル英語版(美術監督)
2008年
第81回
該当なし

ガバナーズ賞授賞式[編集]

名誉賞(2009年 - )
ガバナーズ賞:第1回 - 第12回(2009–2021)
アカデミ
ー賞
ガバナー
ズ賞
名誉賞 受賞 脚注
2009年
第82回
第1回
11月14日
ローレン・バコール [9][10]
ロジャー・コーマン[11][12]
ゴードン・ウィリス
2010年
第83回
第2回
11月13日
ケヴィン・ブラウンロー [13]
ジャン=リュック・ゴダール(欠席)[注 6]
イーライ・ウォラック
2011年
第84回
第3回
11月12日
ジェームズ・アール・ジョーンズ
ディック・スミス
2012年
第85回
第4回
12月1日
ハル・ニーダム
D・A・ペネベイカー
ジョージ・スティーヴンス・Jr英語版
2013年
第86回
第5回
11月16日
アンジェラ・ランズベリー[16][17] [18]
スティーヴ・マーティン
ピエロ・トージイタリア語版
2014年
第87回
第6回
11月8日
ジャン=クロード・カリエール [19]
宮﨑駿[20][21][22]
モーリン・オハラ[23]
2015年
第88回
第7回
11月14日
スパイク・リー [24][25]
ジーナ・ローランズ
2016年
第89回
第8回
11月12日
ジャッキー・チェン[26] [27]
アン・V・コーツ
リン・スタルマスター英語版
フレデリック・ワイズマン
2017年
第90回
第9回
11月11日
アニエス・ヴァルダ [28][29]
チャールズ・バーネット (Charles Burnett
ドナルド・サザーランド
オーウェン・ロイズマン
2018年
第91回
第10回
11月18日
シシリー・タイソン [30]
ラロ・シフリン
マーヴィン・レヴィ英語版
2019年
第92回
第11回
10月27日
デヴィッド・リンチ [31][32]
ウェス・ステュディ
リナ・ウェルトミューラー
2020年
第93回
新型コロナウイルス感染症の世界的流行 (2019年-)により、
2020年度のガバナーズ賞の授賞式と名誉賞の授与は中止に。
[33]
2021年
第94回
第12回
2022年
1月15日
サミュエル・L・ジャクソン [34]
エレイン・メイ
リヴ・ウルマン

備考[編集]

外国語映画の表彰[編集]

現在は独立した部門となっているアカデミー国際長編映画賞であるが、かつて外国語映画の表彰は、1947年度から1949年度にかけては「特別賞」の一つとして[注 3]、1950年度から1955年度(1953年度は表彰なし)にかけては「名誉賞」の一つとして行われ[注 4]、1956年度の第29回から他の賞と同じくノミネート方式の「アカデミー外国語映画賞」という単独の賞になった[注 7]。そして2019年の名称変更により、第92回から今日の「国際長編映画賞」となった[44]

アカデミー・ジュブナイル賞[編集]

アカデミー・ジュブナイル賞(en:Academy Juvenile Award、子役賞)は、1934年度(第7回)から1960年度(第33回)までの26年間、18歳未満の12名の子役に贈られた特別賞と名誉賞で[45]、ジュブナイル・オスカー(Juvenile Oscar)とも呼ばれた[46]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 第22回までは“Special Award”(特別賞)[2]第23回から“Honorary Award”(名誉賞)[3]
  2. ^ ガバナーズ賞の授賞式では、名誉賞以外にもアービング・G・タルバーグ賞ジーン・ハーショルト友愛賞が授与される[4]。2017年にはアカデミー特別業績賞も、この式典で授与された[6][7]
  3. ^ a b c d 1947年度(第20回)に外国語映画を特別賞(SPECIAL AWARD)として表彰[35]。1948年度(第21回)と1949年度(第22回)は、特別外国語映画賞(SPECIAL FOREIGN LANGUAGE FILM AWARD)として表彰。同時に特別賞(SPECIAL AWARD)とも。[36][37]
  4. ^ a b c d e f 1950年度(第23回)から1955年度(第28回)にかけて、5本の外国語映画を名誉外国語映画賞(HONORARY FOREIGN LANGUAGE FILM AWARD)として表彰。同時に特別賞(SPECIAL AWARD)とも。[38][39][40][41][42]
  5. ^ 外国語映画の表彰を参照。
  6. ^ ゴダール監督の欠席で、公私のパートナーであるアンヌ=マリー・ミエヴィルは、名誉賞の授与が「アカデミー賞本番の授賞式」で行われず、テレビ中継もされない事について、ゴダールが「これではオスカーじゃない」と言っていたと証言。[14][15]
  7. ^ 1956年度の第29回より、外国語映画部門(FOREIGN LANGUAGE FILM)を創立。「For the first time, there was a competitive category for foreign language films. …」[43]

出典[編集]

  1. ^ THE 1ST ACADEMY AWARDS: 1929”. oscars.org. AMPAS. 2021年12月4日閲覧。
  2. ^ 1950年開催(1949年度)第22回アカデミー賞 MEMORABLE MOMENTS…「Special Award(特別賞)」”. Oscars公式サイト. 2020年2月20日閲覧。
  3. ^ 1951年開催(1950年度)第23回アカデミー賞 MEMORABLE MOMENTS…「Honorary Award(名誉賞)」”. Oscars公式サイト. 2020年2月21日閲覧。
  4. ^ a b c GOVERNORS AWARDS ─ ABOUT”. oscars.org. AMPAS. 2021年7月10日閲覧。
  5. ^ ガバナーズ賞授賞式にアカデミー賞候補が結集”. 映画.com (2015年11月17日). 2015年11月17日閲覧。
  6. ^ イニャリトゥ監督のVR映画、アカデミー賞特別賞を戴冠”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2017年11月5日). 2020年3月10日閲覧。
  7. ^ “D・サザーランドらにアカデミー名誉賞、イニャリトゥ監督に特別賞”. Reuters ロイター. トムソン・ロイター. (2017年11月13日). https://jp.reuters.com/article/academy-awards-idJPKBN1DD04M 2020年3月10日閲覧。 
  8. ^ GOVERNORS AWARDS”. Oscars公式サイト. 2020年2月20日閲覧。
  9. ^ text:Yuki Tominaga (2009年11月17日). “アカデミー賞がひと足先に名誉賞の授与式を開催 ローレン・バコールらが受賞”. シネマカフェ. 株式会社イード. 2020年1月25日閲覧。
  10. ^ “一足お先にアカデミー賞名誉賞の授賞式”. (AFPBB News)AFP通信. (2009年11月16日). https://www.afpbb.com/articles/-/2664323 2020年1月25日閲覧。 
  11. ^ B級映画の帝王ロジャー・コーマンにアカデミー名誉賞授与決定!”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2009年9月14日). 2020年1月25日閲覧。
  12. ^ 「コーマン帝国」来日インタビュー”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2012年4月5日). 2021年1月4日閲覧。
  13. ^ text: Yuki Tominaga (2010年11月15日). “アカデミー賞名誉賞授賞式で、巨匠ゴダール、94歳の名優イーライ・ウォラックら受賞”. シネマカフェ. 株式会社イード(IID, Inc.). 2021年1月4日閲覧。
  14. ^ ゴダールの授賞式欠席が決定 米アカデミーの説得むなしく…(ゴダール監督『これではオスカーじゃない』)”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2010年10月27日). 2020年2月27日閲覧。
  15. ^ ジャン=リュック・ゴダール監督、アカデミーの名誉賞を欠席する理由は?”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2010年9月7日). 2021年1月4日閲覧。
  16. ^ 海外ドラマNAVI編集部 (2014年4月21日). “『ジェシカおばさんの事件簿』のアンジェラ・ランズベリーが大英帝国勲章を授与される”. 海外ドラマNAVI. 株式会社WOWOW. 2021年12月4日閲覧。
  17. ^ 澤田理沙 (2014年4月20日). “「ジェシカおばさんの事件簿」アンジェラ・ランズベリーに大英帝国勲章”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ. 2021年12月4日閲覧。
  18. ^ アンジェリーナ・ジョリー、アカデミー賞"ジーン・ハーショルト友愛賞"受賞(BANG Media International)”. マイナビニュース. 株式会社マイナビ (2013年9月6日). 2021年12月4日閲覧。
  19. ^ 宮崎駿監督がアカデミー賞名誉賞受賞”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2014年11月10日). 2021年1月4日閲覧。
  20. ^ 宮崎駿監督、アカデミー賞名誉賞を受賞!”. シネマカフェ cinemacafe.net (2014年11月11日). 2017年9月15日閲覧。
  21. ^ 編集部・入倉功一 (2014年11月9日). “宮崎駿監督にアカデミー名誉賞授与 「やれることをやっていく」笑顔で会見”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ. 2021年1月4日閲覧。
  22. ^ 宮崎駿監督にアカデミー名誉賞!「紙とエンピツとフィルムの時代に映画を作れたこと、日本が戦争しなかったことを幸運に思う」”. 映画ランド (2014年11月10日). 2021年12月4日閲覧。
  23. ^ シネフィル編集部 (2015年10月25日). “訃報 米女優のモーリン・オハラさん死去 2014年 宮崎駿とアカデミー名誉賞受賞 ジョン・フォード監督作品やジョン・ウェイン作品など”. cinefil(シネフィル). 株式会社Miramiru. 2021年1月4日閲覧。
  24. ^ “スパイク・リー監督と女優G・ローランズに米アカデミー名誉賞”. Reuters ロイター. トムソン・ロイター. (2015年8月28日). https://jp.reuters.com/article/amp/idJPKCN0QX0SM20150828 2021年7月19日閲覧。 
  25. ^ 編集部 (2015年11月16日). “アカデミー賞名誉賞授賞式、ケイト・ブランシェットらセレブが着用したドレスは?”. FASHION HEADLINE. 株式会社ファッションヘッドライン. 2021年7月19日閲覧。
  26. ^ ジャッキー・チェンにアカデミー名誉賞!”. シネマトゥデイ (2016年9月2日). 2016年9月2日閲覧。
  27. ^ ジャッキー・チェンがアカデミー名誉賞を受賞、結成40周年迎えた成家班に感謝”. 映画ナタリー (2016年11月14日). 2016年11月14日閲覧。
  28. ^ “米アカデミー名誉賞、俳優ドナルド・サザーランドら4人に”. Reuters ロイター. トムソン・ロイター. (2017年9月6日). https://jp.reuters.com/article/donald-sutherland-academy-idJPKCN1BI03Z 2020年3月1日閲覧。 
  29. ^ ドナルド・サザーランドらにアカデミー名誉賞、授賞式開催”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2017年11月13日). 2018年2月3日閲覧。
  30. ^ 米ガバナーズ賞、フランク・マーシャル&キャスリーン・ケネディ夫妻らが受賞”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2018年11月19日). 2018年11月22日閲覧。
  31. ^ 鬼才デビッド・リンチ監督にアカデミー名誉賞授与”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2019年6月5日). 2019年6月20日閲覧。
  32. ^ 「女性版オスカー望む」に女性映画人が多数賛同! 多様性示す映画芸術科学アカデミー授賞式”. MOVIE Collection. 有限会社キッチュ (2019年10月29日). 2021年7月18日閲覧。
  33. ^ Pete Hammond(ピート・ハモンド) (2021年1月14日). “Tyler Perry, MPTF To Receive Jean Hersholt Humanitarian Awards At The 93rd Oscar Show April 25”. DEADLINE. PMC(ペンスキー・メディア). 2021年1月21日閲覧。
  34. ^ サミュエル・L・ジャクソンにアカデミー名誉賞!”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2021年6月25日). 2021年8月31日閲覧。
  35. ^ THE 20TH ACADEMY AWARDS: 1948”. Oscars. 2021年1月14日閲覧。
  36. ^ THE 21ST ACADEMY AWARDS: 1949”. Oscars. 2021年1月14日閲覧。
  37. ^ THE 22ND ACADEMY AWARDS: 1950”. Oscars. 2021年1月14日閲覧。
  38. ^ THE 23RD ACADEMY AWARDS: 1951”. Oscars. 2021年1月14日閲覧。
  39. ^ THE 24TH ACADEMY AWARDS: 1952”. Oscars. 2021年1月14日閲覧。
  40. ^ THE 25TH ACADEMY AWARDS: 1953”. Oscars. 2021年1月14日閲覧。
  41. ^ THE 27TH ACADEMY AWARDS: 1955”. Oscars. 2021年1月14日閲覧。
  42. ^ THE 28TH ACADEMY AWARDS: 1956”. Oscars. 2021年1月14日閲覧。
  43. ^ THE 29TH ACADEMY AWARDS: 1957”. Oscars. 2021年1月14日閲覧。
  44. ^ 文/平井伊都子 (2019年4月27日). “「第92回アカデミー賞の新ルール!外国語映画賞は名称変更、配信作品も引き続き有資格に」…国際長編映画賞に名称変更”. Movie Walker(ムービー・ウォーカー). 株式会社ムービーウォーカー. 2021年1月14日閲覧。
  45. ^ Scott Feinberg (2017年1月27日). “Why the Academy Should Bring Back the Juvenile Oscar”. ハリウッド・リポーター. PMRC. 2021年1月10日閲覧。
  46. ^ ELLA MORTON(エラ・モートン) (2016年2月23日). “Object of Intrigue: The Juvenile Oscars”. アトラス・オブスキュラ. 2021年1月13日閲覧。

外部リンク[編集]