1946年の映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1946年の映画(1946ねんのえいが)では、1946年(昭和21年)の映画分野の動向についてまとめる。

出来事[編集]

日本[編集]

日本の映画興行[編集]

  • 入場料金(大人)

日本公開作品[編集]

受賞[編集]

生誕[編集]

死去[編集]

日付 名前 出身国 年齢 職業
2月 17日 ドロシー・ギブソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 56 女優
4月 1日 ノア・ビアリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 64 男優
桑野通子 日本の旗 日本 31 女優
6月 23日 ウィリアム・S・ハート アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 81 男優
8月 10日 レオン・ゴーモン フランスの旗 フランス 82 映画パイオニア
13日 H・G・ウェルズ イギリスの旗 イギリス 79 SF小説家
26日 ジャニー・マクファーソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 59 女優・脚本家
28日 フローレンス・ターナー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 61 女優
9月 21日 オルガ・エングル Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 75 女優
11月 2日 ガブリエル・ガブリオ フランスの旗 フランス 59 男優
12月 12日 ルネ・ジャンヌ・ファルコネッティ フランスの旗 フランス 54 女優
25日 W・C・フィールズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 66 コメディアン・女優

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『東宝五十年史』では映画公開日は「2月18日」となっているが[2]allcinemaによれば『春の序曲』は「2月28日」[4]、『キュリー夫人』も「2月28日」となっている[5]
  2. ^ 『戦後値段史年表』によれば、3月は3円、5月は4円50銭となっている[12]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 谷川 1993, p. 108.
  2. ^ a b c d 東宝 1982b, p. 43.
  3. ^ a b c d e 松竹 1985, pp. 674 - 675.
  4. ^ 春の序曲 (1943)”. allcinema. スティングレー. 2020年1月26日閲覧。
  5. ^ キューリー夫人 (1943)”. allcinema. スティングレー. 2020年1月26日閲覧。
  6. ^ a b c d e 東宝 1982b, p. 44.
  7. ^ "近代映画社 ー当社の沿革ー". 近代映画社公式サイト. 近代映画社. 2020年7月5日閲覧昭和21年5月、月刊『スクリーン』創刊。表紙は原節子、裏表紙にタイロン・ パワー、定価は4円80銭、 発行部数2万部。
  8. ^ "映画雑誌の秘かな愉しみ". 国立映画アーカイブ公式サイト. 国立映画アーカイブ. 2020年7月5日閲覧「スクリーン」1946年5月創刊号
  9. ^ a b 山川 1987, p. 163.
  10. ^ a b c 角川 1982, p. 184.
  11. ^ a b c d 東宝 1982b, p. 45.
  12. ^ 週刊朝日『戦後値段史年表』朝日新聞出版〈朝日文庫〉、1995年、23頁。ISBN 4-02-261108-1

参考文献[編集]

外部リンク[編集]