グルーチョ・マルクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グルーチョ・マルクス
Groucho Marx
Groucho Marx
1950年撮影
本名 Julius Henry Marx
生年月日 (1890-10-02) 1890年10月2日
没年月日 (1977-08-19) 1977年8月19日(86歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 俳優コメディアン作家
ジャンル 映画テレビ番組舞台ラジオ番組
活動期間 1905年 - 1976年
配偶者 ルース・ジョンソン(1920年 - 1942年)
ケイ・マーヴィス・ゴーシー(1945年 - 1951年)
イーデン・ハートフォード(1954年 - 1969年)
著名な家族 チコ(兄)
ハーポ(兄)
ガンモ(弟)
ゼッポ(弟)
主な作品
我輩はカモである
オペラは踊る
テンプレートを表示

ジュリアス・ヘンリー・"グルーチョ"・マルクス(Julius Henry "Groucho" Marx,1890年10月2日 - 1977年8月19日)は、アメリカの俳優、コメディアン、作家。愛称の英語の発音は「グラウチョ」になるが、日本では「グルーチョ」で定着した。マルクス兄弟の三男として、舞台活動を経て多くの映画に出演、その後のコメディに大きな影響を与えた[1]。ソロ活動でも成功し、クイズ番組『You Bet Your Life』を初めとしたテレビ・ラジオ番組で活躍した。

来歴[編集]

『You Bet Your Life』のホストを務める(1953年)

1890年10月2日ニューヨークマンハッタンで、ユダヤ系移民の家庭に生まれる。家の貧しさのため12歳で学校を中退し、芸人を両親に持つ母ミニーのもとで歌唱などの訓練を積む。ミニーのプロデュースによって、やがて兄のチコ、ハーポ、弟のガンモと共に歌手グループ「ザ・フォー・ナイチンゲールズ」としてヴォードヴィルの舞台に立つようになり、アメリカ各地で公演を行う。次第に兄弟はみずからの喜劇の才能に目覚めていき、音楽中心のスタイルから喜劇へとシフトしていく。演技を続けるなか、第一次世界大戦が勃発し反ドイツ感情が高まったため、それまで演じてきたドイツ的なキャラクターを捨て、トレードマークである早口でまくしたてる人物像を創り出した。

やがて第一次世界大戦に弟のガンモが徴兵され、代わりに末っ子のゼッポが加わった4人体制の「マルクス兄弟」が生まれた。兄弟はブロードウェイで3つのヒット作を演じたのち、1929年にパラマウントに招かれ映画製作に乗り出す。パラマウントで5作品を制作したのちゼッポは俳優活動を離れ、グルーチョはチコ、ハーポとの3人体制で1935年からMGMで5作品を制作した。大ヒットした1935年公開作『オペラは踊る』の際には、兄弟の過剰なアドリブとふざけた態度に業を煮やした監督のサム・ウッドが「粘土細工に演技はできない」と嫌味を言ったのに対し、グルーチョが「木(ウッド)にも監督はできない」と返したというエピソードが残っている。兄弟の映画制作は1949年まで続いた。

兄弟としての活動が終わったのち、喋りの才能が卓越していたグルーチョは、ラジオ番組やテレビ番組のホストとしての活躍を始めた。特にラジオ番組として1947年に始まり、テレビ番組として1950年から11年間続いたクイズ番組『You Bet Your Life』では、番組の顔として人気を博した。また、自伝『Groucho and Me』(1959年)を初めとした多くの著作も残している。その後もテレビやラジオにコンスタントに出演を続けたが、1970年代に入ると体調を崩しがちになり、1977年6月22日、ロサンゼルスにおいて肺炎で死去した。晩年の1974年には、第46回アカデミー賞において、マルクス兄弟の功績を称えるため、存命のグルーチョにアカデミー名誉賞が授与されている。

キャラクター[編集]

「グルーチョ」という芸名の由来にはいくつかの説明が存在する。最も一般的なものは、グルーチョがいつも不機嫌であったことから、「ブツブツ文句を言う」ことを意味する「Grouch」の名が与えられたというものである。しかし、ハーポの伝記のなかでは、旅行者などが貴重品を隠すための財布「グラウチ・バッグ」に由来していると語られているほか、グルーチョ自身はコミック・ストリップ『Knocko the Monk』にちなんでいると述べている。

現在もグルーチョ眼鏡によって知られているように、眼鏡や口ひげといったグルーチョのトレードマークは観客に強い印象を残した。墨で太く口ひげと眉毛を描くメーキャップは、手間の掛かる付けひげの代わりとして、自然とヴォードヴィルで用いるようになった手法である。のちにテレビ出演が増えた頃には、メイクではなく本物の髭を伸ばしている。そのほか、上半身を前に大きく倒したオーバーな歩き方も特徴の一つに数えられる。芸風はナンセンスなジョークを間断なく語り続けるというもので、グルーチョの頭の回転の速さが遺憾なく発揮されており、このスタイルはのちのコメディアンに大きな影響を与えた。

主な出演作品[編集]

1931年のマルクス兄弟。上からチコ、ハーポ、グルーチョ、ゼッポ

脚注[編集]

  1. ^ ウディ・アレンの『アニー・ホール』の冒頭にはグルーチョの「私を入れたがるクラブには入りたくない」("I would never wanna belong to any club that would have someone like me for a member.")が引用される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]