1959年の映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1959年の映画(1959ねんのえいが)では、1959年(昭和34年)の映画分野の動向についてまとめる。

できごと[編集]

  • 三ばか大将の190作目にして最終作となる短編映画 Sappy Bull Fighters が製作される。
  • 8月 - 入場税が入場料金70円以下税率10パーセント、100円以下20パーセント、101円以上30パーセントに変更される[1]

日本の映画興行[編集]

  • 入場料金(大人)
    • 170円(東京の邦画封切館)[2]
    • 108円(統計局『小売物価統計調査(動向編) 調査結果』[3] 銘柄符号 9341「映画観覧料」)[4]
  • 入場者数 10億8811万人[5]
  • 興行収入 711億4100万円[5]

各国ランキング[編集]

受賞[編集]

生誕[編集]

死去[編集]

日付 名前 国籍 年齢 職業
1月 18日 竹内良一 日本の旗 日本 55 俳優
21日 セシル・B・デミル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 77 映画監督・プロデューサー
2月 1日 マダム・サル・テ・ワン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 85 女優
4日 ウナ・オコナー アイルランドの旗 アイルランド 78 女優
5日 グウィリ・アンドレ デンマークの旗 デンマーク 51 女優
3月 3日 ルー・コステロ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 52 コメディアン・俳優
6月 16日 ジョージ・リーヴス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 45 俳優
18日 エセル・バリモア アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 79 女優
8月 6日 プレストン・スタージェス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 60 映画監督
9月 12日 日守新一 日本の旗 日本 52 俳優
10月 14日 エロール・フリン オーストラリアの旗 オーストラリア 50 俳優
23日 イェルダ・ルンドクヴィスト スウェーデンの旗 スウェーデン 88 女優
11月 20日 シルヴィア・ロペス フランスの旗 フランス 27-28 女優
25日 ジェラール・フィリップ フランスの旗 フランス 36 俳優

映画デビュー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 斉藤 2009, p. 56.
  2. ^ 角川春樹藤岡和賀夫阿久悠 『ザ・ブーム』 角川書店1982年1月25日、210頁。
  3. ^ 小売物価統計調査(動向編) 調査結果”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  4. ^ 主要品目の東京都区部小売価格:昭和25年(1950年)〜平成22年(2010年) (Excel)”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  5. ^ a b 過去データ一覧”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2016年8月2日閲覧。