第84回アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第84回アカデミー賞
開催日 2012年2月26日
会場 カリフォルニア州ロサンゼルス ハリウッド&ハイランド・センター
プレショー ロビン・ロバーツ
ティム・ガン
ルイーズ・ロエ
ジェス・ケイグル
ニーナ・ガルシア[1]
司会 ビリー・クリスタル
プロデューサー ブライアン・グレイザー[2]
ドン・ミッシャー
ディレクター ドン・ミッシャー[2]
ハイライト
作品賞 アーティスト
最多部門受賞 ヒューゴの不思議な発明』、『アーティスト』(5)
最多部門
ノミネート
ヒューゴの不思議な発明』(11)
TV放映
放送局 ABC
開催時間 3時間14分
視聴率 3930万人
25.50%(ニールセン調査)
 < 第83回 アカデミー賞 第85回 > 

第84回アカデミー賞は、2011年の映画を対象としており、2012年2月26日に発表・授賞式が行われた。司会はビリー・クリスタル

2011年9月、映画芸術科学アカデミー(AMPAS)は司会を務めるのはエディ・マーフィであると発表した[3]。しかし11月、授賞式プロデューサーのブレット・ラトナーが降板したことにより[4]、アカデミーは過去に司会を勤めたクリスタルに交代すると発表された[5]

第84回アカデミー賞のノミネートは2012年1月24日にサミュエル・ゴールドウィン・シアター英語版でAMPAS会長のトム・シェラックと女優のジェニファー・ローレンスによって発表された[6][7]。授賞式は2012年2月26日に行われた。

受賞とノミネート[編集]

監督賞を受賞したミシェル・アザナヴィシウス
主演男優賞を受賞したジャン・デュジャルダン
主演女優賞を受賞したメリル・ストリープ
助演男優賞を受賞したクリストファー・プラマー
助演女優賞を受賞したオクタヴィア・スペンサー
外国語映画賞を受賞したアスガル・ファルハーディー

太字が受賞者である。

作品賞 監督賞
主演男優賞 主演女優賞
助演男優賞 助演女優賞
脚本賞 脚色賞
長編アニメ映画賞 外国語映画賞
長編ドキュメンタリー映画賞 短編ドキュメンタリー映画賞
短編実写映画賞 短編アニメ賞
作曲賞 歌曲賞
音響編集賞 録音賞
美術賞 撮影賞
メイクアップ賞 衣裳デザイン賞
編集賞 視覚効果賞

特別賞[編集]

特別賞を贈る第3回ガヴァナーズ賞英語版授賞式が行われた[8]

アカデミー名誉賞[編集]

ジーン・ハーショルト友愛賞[編集]

複数ノミネート・受賞作品[編集]

複数ノミネート作品
複数受賞作品

プレゼンターとパフォーマー[編集]

プレゼンター[編集]

パフォーマー[編集]

『イン・メモリアル』トリビュート[編集]

『イン・メモリアル』トリビュートは司会のビリー・クリスタルがプレゼンターを務めた。ジャズ歌手のエスペランサ・スポルディングルイ・アームストロングの曲「この素晴らしき世界」を南カリフォルニア児童合唱団と共に歌い、2011年から2012年初めにかけて亡くなった映画業界人の追悼映像が流された。

この他で、石岡瑛子ジェフ・コナウェイ英語版ハリー・モーガンマイケル・ガフババ・スミスラウル・ルイステオ・アンゲロプロスが取り上げられていないと指摘された[15]

新たな規則変更[編集]

2011年6月14日、アカデミー会長のトム・シェラクにより、以下の部門での規則が変更になったと発表された[16]

  • 作品賞: 最終的な候補作品は5本ないし10本である。これまでと同様に選好投票が行われるが、今回からは最低でも全体の5%から1位指名を受ける必要がある。アカデミーのエグゼクティブ・ディレクターのブルース・デイヴィスは、「作品賞へのノミネートは『たぐいまれな功績』を示すものでなければならない。作品賞に値する作品が8作しかなかった年に無理に四捨五入する必要はない」と説明した。
  • 長編アニメ映画賞: これまでは毎年設置の可否が検討されていたが、今後は対象作品が8本を下回った場合をのぞいて自動継続となることが決定した[17]
  • 長編ドキュメンタリー映画賞: 本部門の資格期間が変更された。それまでは前年の9月1年から翌年の8月31日の間に上映されていた作品が対象であったが、今回より同一年の1月1日から12月31日の間に変更された。なお、第84回アカデミー賞では2010年9月1日から2011年12月31日の間に公開されたドキュメンタリー映画が対象となる。
  • 視覚効果賞: 本部門ではこれまで、公式なノミネート発表の数週間前に選考対象作品7本が先行発表されていた。第83回より本部門の候補枠が3本から5本に増えたことに伴い、先行発表作も10本となった。

投票傾向[編集]

今回ノミネート以前に1億ドル以上を売り上げた作品賞ノミネート作は1本のみであった(前年は3本あった)[18]。ノミネートが発表された2012年1月24日時点で最も興行収入が高かったのは『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』で1億5960万ドル、次いで『マネーボール』の7550万ドル、以下、『戦火の馬』(7230万ドル)、『ミッドナイト・イン・パリ』(5640万ドル)、『ヒューゴの不思議な発明』(5590万ドル)、『ファミリー・ツリー』(5130万ドル)、『ツリー・オブ・ライフ』(1330万ドル)、『アーティスト』(1330万ドル)、『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(1070万ドル)であった[19]

記録[編集]

  • 別離』は外国語映画賞を受賞したが、これはイラン映画としては初のことである[24]

脚注[編集]

  1. ^ Oscar Insider (2012年2月13日). “Oscars® Pre-Show Team Comes Together!”. AMPAS. http://oscar.go.com/blogs/oscar-news/oscars-pre-show-team 2012年2月27日閲覧。 
  2. ^ a b Brian Grazer replacing Brett Ratner as new Oscar producer”. Inside Movies. Entertainment Weekly (2011年11月9日). 2011年11月9日閲覧。
  3. ^ http://www.oscars.org/press/pressreleases/2011/20110906.html
  4. ^ Academy Statement Regarding Brett Ratner”. oscars.org. 2011年8月11日閲覧。
  5. ^ http://tvbythenumbers.zap2it.com/2011/11/10/billy-crystal-to-return-as-host-for-84th-academy-awards/110348/?utm_campaign=WP>Twitter&utm_medium=twitter&utm_source=twitter
  6. ^ BBC2012Noms. “Oscars 2012: Nominees in full”. BBC News. BBC. 2012年1月24日閲覧。
  7. ^ Lauren Schutte (2012年1月9日). “'Hunger Games' Star Jennifer Lawrence to Announce Academy Awards Nominations”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/jennifer-lawrence-hunger-games-oscars-nominations-279717 2012年1月20日閲覧。 
  8. ^ Kilday, Gregg (2011年8月2日). “Oprah Winfrey to Receive Academy's Hersholt Humanitarian Award”. The Hollywood Reporter. Prometheus Global Media. 2012年1月25日閲覧。
  9. ^ "Tina Fey to Present at 84th Academy Awards Oscar Sunday, February 26, AMPAS, February 17, 2012.
  10. ^ "Kermit the Frog and Miss Piggy to Present at 84th Academy Awards", AMPAS, February 17, 2012.
  11. ^ Will Ferrell and Zach Galifianakis to Present at 84th Academy Awards® Oscar® Sunday, February 26, AMPAS, February 21, 2012.
  12. ^ "Milla Jovovich to Host Academy's Sci-Tech Awards", AMPAS, February 6, 2012.
  13. ^ Stylist Kate Young to dress Portman Fashion, Shopping & Style
  14. ^ Michael Thurston (2012年2月19日). “Hollywood gears up for Oscars”. Yahoo! News. オリジナル2012年2月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120222230302/news.yahoo.com/hollywood-gears-oscars-103106911.html 2012年2月20日閲覧。 
  15. ^ http://www.vulture.com/2012/02/who-was-left-out-of-the-oscars-in-memoriam-montage.html
  16. ^ “Academy Builds Surprise Into Best Picture Rules”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. (2011年6月14日). http://www.oscars.org/press/pressreleases/2011/20110614a.html 2011年6月15日閲覧。 
  17. ^ “アカデミー賞、長編アニメ賞でも選考ルール変更 ノミネート増で日本に影響大!?【第84回アカデミー賞】”. シネマトゥデイ. (2011年6月20日). http://www.cinematoday.jp/page/N0033191 2012年1月25日閲覧。 
  18. ^ 2010 Academy Award Nominations”. Box Office Mojo. 2011年3月2日閲覧。
  19. ^ “Oscars 2012: 'The Help' has biggest box office among nominees”. Tribune Company. (2012年1月25日). http://latimesblogs.latimes.com/movies/2012/01/box-office-help-academy-awards-moneyball.html 2012年1月25日閲覧。 
  20. ^ Oldest/Youngest Acting Nominees and Winners by Category”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences (2011年). 2012年2月27日閲覧。
  21. ^ The Telegraph (2012年2月24日). “The Oscars 2012 in numbers”. The Daily Telegraph. 2012年2月26日閲覧。
  22. ^ Guiness World Records (2012年2月24日). “Oscars 2012: Meryl Streep extends record tally for most nominations”. guinnessworldrecords.com. 2012年2月26日閲覧。
  23. ^ Norman, Barry (2012年1月30日). “Meryl's magic! As she gets a record 17th Oscar nomination, the many faces of Ms Streep”. Daily Mail. 2012年2月26日閲覧。
  24. ^ Michaud, Chris (2012年2月26日). “Iran's 'A Separation' wins best foreign language Oscar”. Chicago Tribune. 2012年2月27日閲覧。
  25. ^ Nasir, Farhat. “Pakistani Film "Saving Face" on Acid Attacks Wins Oscar!”. HitechAnalogy. 2012年2月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]