J・C・チャンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
J・C・チャンダー
J. C. Chandor
本名 Jeffrey McDonald Chandor
生年月日 1973年11月
職業 映画監督脚本家
テンプレートを表示

J・C・チャンダー(J.C.Chandor)ことジェフリー・マクドナルド・チャンダーJeffrey McDonald Chandor1973年11月 - )は、アメリカ合衆国脚本家映画監督である。1996年にウースター大学を卒業した[1][2]

キャリア[編集]

15年にわたってコマーシャルやドキュメンタリーでキャリアを積んだ[3]

2011年に『マージン・コール』で長編映画デビューし、サンダンス映画祭でプレミア上映された。同作はさらに第61回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門で上映され[4][5]、さらには第84回アカデミー賞オリジナル脚本賞にノミネートされた[6]

監督2作目の『オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜』では、全編にわたってセリフのない海難映画を制作。ほぼ唯一の登場人物であるロバート・レッドフォードの好演が多くの映画賞を受賞し、アカデミー主演男優賞ノミネート漏れが問題となるなど、斬新なスタイルで高評価を得た。

フィルモグラフィ[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]