第24回アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第24回アカデミー賞
開催日 1952年3月20日
会場 カリフォルニア州 ロサンゼルス ハリウッド RKOパンテージズ・シアター
司会 ダニー・ケイ
ハイライト
作品賞 巴里のアメリカ人
最多部門受賞 『巴里のアメリカ人』『陽のあたる場所』(6)
最多部門
ノミネート
欲望という名の電車』(12)
 < 第23回 アカデミー賞 第25回 > 

第24回アカデミー賞は、1951年の映画を対象としており、授賞式は1952年3月20日に行われた。司会はダニー・ケイが務めた。

作品賞は、6部門でノミネートされた『巴里のアメリカ人』が『陽のあたる場所』などを退けて受賞した。また、『欲望という名の電車』は主演男優賞(マーロン・ブランド)以外すべての演技賞を獲得した。

『巴里のアメリカ人』は、『風と共に去りぬ』以来12年ぶりにして史上2作目となるカラーの作品賞受賞作品である。

受賞とノミネート一覧[編集]

太文字のものが受賞である。

作品賞 監督賞
主演男優賞 主演女優賞
助演男優賞 助演女優賞
脚本賞 脚色賞
原案賞 短編アニメ賞
長編ドキュメンタリー映画賞 短編ドキュメンタリー映画賞
短編実写映画賞(一巻) 短編実写映画賞(二巻)
ドラマ・コメディ音楽賞 ミュージカル音楽賞
歌曲賞 録音賞
美術監督賞(白黒) 美術監督賞(カラー)
撮影賞(白黒) 撮影賞(カラー)
衣裳デザイン賞(白黒) 衣裳デザイン賞(カラー)
編集賞 特殊効果賞

アカデミー名誉賞[編集]

外国語映画賞[編集]

アービング・G・タルバーグ賞[編集]

統計[編集]

複数候補
  • 12候補: 『欲望という名の電車』
  • 9候補: 『陽のあたる場所』
  • 8候補: 『巴里のアメリカ人』、『クォ・ヴァディス』
  • 5候補: 『愛欲の十字路』、『セールスマンの死』
  • 4候補: 『アフリカの女王』、『探偵物語』
  • 3候補: 『歌劇王カルーソ』
  • 2候補: 『青いヴェール』、Bright Victory、『暁前の決断』、『フロッグメン』、『花婿来たる』、『輪舞』、『南仏夜話・夫は僞者』、『ショウ・ボート』、『ホフマン物語』、『井戸』
複数受賞
  • 6受賞: 『巴里のアメリカ人』、『陽のあたる場所』
  • 4受賞: 『陽のあたる場所』


参考文献[編集]

  1. ^ なお、この式典にリー本人は出席しておらず、グリア・ガーソンが代理人として受賞した。
  2. ^ なお、この式典にハンター本人は出席しておらず、代理人としてベティ・デイヴィスが受賞した。

外部リンク[編集]