ジェニファー・ローレンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェニファー・ローレンス
Jennifer Lawrence
Jennifer Lawrence
2016年
生年月日 (1990-08-15) 1990年8月15日(30歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ケンタッキー州ルイビル
身長 175cm
職業 女優
活動期間 2006年 -
主な作品
ウィンターズ・ボーン
X-MEN』シリーズ
ハンガー・ゲーム』シリーズ
世界にひとつのプレイブック
アメリカン・ハッスル
ジョイ
パッセンジャー
レッド・スパロー
テンプレートを表示

ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence, 1990年8月15日 - )は、アメリカ合衆国女優。ジェニファーの一般的な愛称(Jennifer(given name)) である「ジェン」と呼ばれることが多く、一人称で用いることもある。

生い立ち[編集]

米国ケンタッキールイビルで生まれ育った[1]。14歳までに俳優になることを決め、タレントエージェントを見つけるために自分をニューヨークに連れて行くように両親を説得。演技訓練の経験も無かったものの、オーディションを受けた際には絶賛の評を獲得。俳優活動開始のために2年早く高校を卒業[1]

キャリア[編集]

第83回アカデミー賞授賞式にて(2011年)。

17歳の時に『あの日、欲望の大地で』に出演し、監督のギジェルモ・アリアガには「メリル・ストリープの再来かと思った」と評され、さらに第65回ヴェネツィア国際映画祭では新人俳優賞を受賞[2]

2010年に主演した映画『ウィンターズ・ボーン』での演技が評価され、アカデミー主演女優賞をはじめとする多くの映画賞にノミネート、または受賞するなどした。この作品で一躍若手注目株となった。

2012年公開の『ハンガー・ゲーム』『世界にひとつのプレイブック』では主演を務め、『世界にひとつのプレイブック』で第85回アカデミー賞主演女優賞を受賞[3]

旬の若手女優として注目を集めるようになった2013年には、クリスチャン・ディオールのバッグコレクション『Miss Dior(ミス ディオール)』の広告塔起用を受けるなどしている[4]

2013年の映画『アメリカン・ハッスル』に出演した。彼女の演技は絶賛され、ゴールデングローブ賞助演女優賞受賞、英国アカデミー賞助演女優賞受賞、アカデミー賞助演女優賞ノミネートされた。

2014年、英Glamour誌が選ぶ2014年ベストドレッサー賞の第一位に選ばれ[5]、BANG Media International調べの「2014年に最も興行収入の高かった俳優のリスト」の第1位で世界興行収入14億ドルを記録した[6]

2015年に映画『ジョイ』で主演しゴールデングローブ賞ミュージカル部門主演女優賞受賞、そしてアカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、史上最年少で4度アカデミー賞にノミネートされた女優となった。(2番目はシアーシャ・ローナン

2018年に主演した映画『レッド・スパロー』ではセクシーなスパイを演じて人気を集めた。

私生活[編集]

  • 2010年頃から、イギリスの俳優ニコラス・ホルトと交際[7][8]。『グラマー』誌のインタビューでは、「イギリス人男性は訛りがイイ感じだしマナーとか知ってるから好き」と語っている。2013年1月に破局が報じられた[4]。2013年7月頃から再度交際していたが、2014年8月に再度破局した。


フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

邦題/原題 役名 備考 吹き替え
2008 Garden Party ティファニー“ティフ” N/A
あの日、欲望の大地で
The Burning Plain
マリアーナ 受賞:
ヴェネツィア国際映画祭 - マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)
安藤瞳
早熟のアイオワ
The Poker House
アグネス 受賞:
ロサンゼルス映画祭 - Outstanding Performance Award
日本公開は2014年2月
(吹き替え版なし)
2010 ウィンターズ・ボーン
Winter's Bone
リー・ドリー デトロイト映画批評家協会賞主演女優賞受賞
サンディエゴ映画批評家協会賞主演女優賞受賞
シアトル国際映画祭 - 主演女優賞受賞
ストックホルム国際映画祭 - 主演女優賞受賞
トロント映画批評家協会賞主演女優賞受賞
ワシントンD.C.映画批評家協会賞主演女優賞受賞
アカデミー賞主演女優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)ノミネート
全米映画俳優組合賞主演女優賞ノミネート
放送映画批評家協会賞主演女優賞ノミネート
放送映画批評家協会賞若手俳優賞ノミネート
シカゴ映画批評家協会賞主演女優賞ノミネート
ダラス・フォートワース映画批評家協会賞主演女優賞ノミネート
ヒューストン映画批評家協会賞主演女優賞ノミネート
インディペンデント・スピリット賞主演女優賞ノミネート
インディアナ映画批評家協会賞主演女優賞ノミネート
ロサンゼルス映画批評家協会賞主演女優賞次点
サテライト賞主演女優賞(ドラマ映画)ノミネート
サウスイースタン映画批評家協会賞主演女優賞ノミネート
セントルイス映画批評家協会賞主演女優賞ノミネート
フェニックス映画批評家協会賞主演女優賞ノミネート
ユタ映画批評家協会賞主演女優賞ノミネート
2011 今日、キミに会えたら
Like Crazy
サム
それでも、愛してる
The Beaver
ノラ
X-MEN: ファースト・ジェネレーション
X-Men: First Class
レイヴン・ダークホルム / ミスティーク 牛田裕子[13]
2012 ハンガー・ゲーム
The Hunger Games
カットニス・エヴァディーン 水樹奈々[14]
世界にひとつのプレイブック
Silver Linings Playbook
ティファニー・マクスウェル アカデミー賞主演女優賞受賞
ゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞主演女優賞受賞
牛田裕子
ボディ・ハント
House at the End of the Street
エリサ・キャシディ 志田有彩
2013 悪魔の秘め事
The Devil You Know
若かりし頃のゾーイ (吹き替え版なし)
ハンガー・ゲーム2[15]
The Hunger Games: Catching Fire
カットニス・エヴァディーン 水樹奈々[16]
アメリカン・ハッスル
American Hustle
ロザリン・ローゼンフェルド ニューヨーク映画批評家協会賞助演女優賞受賞
ゴールデングローブ賞助演女優賞受賞
アカデミー賞助演女優賞ノミネート
東條加那子
2014 X-MEN: フューチャー&パスト
X-Men: Days of Future Past
レイヴン・ダークホルム / ミスティーク 剛力彩芽(劇場公開版)[17]
牛田裕子(ローグ・エディション)
セリーナ 炎の女
Serena
セリーナ・ペンバートン 日本では「未体験ゾーンの映画たち2018」にて上映 水樹奈々[18]
ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス
The Hunger Games: Mockingjay - Part 1
カットニス・エヴァディーン
2015 ディオールと私
Dior and I
本人 ドキュメンタリー映画 (吹き替え版なし)
ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション
The Hunger Games: Mockingjay - Part 2
カットニス・エヴァディーン 水樹奈々[19]
ジョイ
Joy
ジョイ・マンガーノ アカデミー賞主演女優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)受賞[20]
DVDスルー
松井茜
2016 X-MEN: アポカリプス
X-Men: Apocalypse
レイヴン・ダークホルム / ミスティーク 牛田裕子[21]
パッセンジャー
Passengers
オーロラ・レーン 日本公開は2017年3月 水樹奈々[22]
2017 マザー!
mother!
母親 日本公開は中止によりDVDスルー 沢城みゆき
2018 レッド・スパロー
Red Sparrow
ドミニカ・エゴロワ 牛田裕子[23]
2019 X-MEN: ダーク・フェニックス
Dark Phoenix
レイヴン・ダークホルム / ミスティーク
TBA Red, White and Water 兼製作
ポストプロダクション
2021 Don't Look Up Kate Dibiasky ポストプロダクション

テレビ[編集]

邦題/原題 役名 備考 吹き替え
2006 名探偵モンク
Monk
マスコットの着ぐるみ 第5シーズン第3話「憧れのトロフィー」
2007 コールドケース 迷宮事件簿
Cold Case
アビー・ブラッドフォード 第4シーズン第18話「宝くじ」
2007-2008 ミディアム 霊能者アリソン・デュボア
Medium
クレア・チェイス
高校時代のアリソン・デュボア
第3シーズン第7話「母子の事情」
第4シーズン第2話「閉ざされた過去」
(それぞれ別の役で出演)
2007-2009 The Bill Engvall Show Lauren Pearson メイン N/A
2013 サタデー・ナイト・ライブ
Saturday Night Live
本人(ホスト) Jennifer Lawrence/The Lumineers
2017 ジミー・キンメル・ライブ!
Jimmy Kimmel Live!
本人(ホスト) November 2, 2017

脚注[編集]

  1. ^ a b Interview with Winter's Bone star Jennifer Lawrence
  2. ^ “オーディションでスタッフが感涙!17歳の新人女優に注目”. MovieWalker. (2009年9月26日). http://news.walkerplus.com/2009/0926/6/ 2010年12月24日閲覧。 
  3. ^ “【第85回アカデミー賞】ジェニファー・ローレンスが主演女優賞 「世界にひとつのプレイブック」”. msn産経ニュース. (2013年2月25日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130225/ent13022513580026-n1.htm 2013年2月25日閲覧。 
  4. ^ 『オスカー女優ジェニファー・ローレンスがディオールの広告に』 2013年2月25日 Fashionsnap.com
  5. ^ 2014年ベストドレッサー発表!ジェニファー・ローレンスが1位に - 英Glamour誌”. シネマトゥデイ (2014年10月4日). 2014年10月6日閲覧。
  6. ^ 2014年最も興行収入のあった俳優はジェニファー・ローレンス”. シネマトゥデイ (2015年1月1日). 2015年1月5日閲覧。
  7. ^ http://www.contactmusic.com/news/jennifer-lawrence-confirms-nicholas-hoult-dating-rumours_1297597
  8. ^ http://de.eonline.com/news/the_awful_truth/hunger_games_jennifer_lawrence_kisses/294898
  9. ^ tvgroove"ハリウッドに激震走る! ジェニファー・ローレンス、アリアナ・グランデら、豪華セレブのヌード写真が大量に流出"2014年9月1日
  10. ^ The Fappening 3: More Nude Photos Of Stars Leak Online — Cara Delevingne & More - Hollywood Life”. Hollywood Life (2014年9月28日). 2014年10月5日閲覧。
  11. ^ The Fappening 3 - Jennifer Lawrence Nude Photos Leaked”. The Hacking Post - Latest hacking News & Security Updates. 2014年10月28日閲覧。
  12. ^ Cover Exclusive: Jennifer Lawrence Calls Photo Hacking a "Sex Crime"”. Vanity Fair (2014年10月8日). 2014年10月11日閲覧。
  13. ^ X-MEN:ファースト・ジェネレーション”. ふきカエル大作戦!! (2011年6月11日). 2021年3月27日閲覧。
  14. ^ ハンガー・ゲーム”. ふきカエル大作戦!!. 2021年3月27日閲覧。
  15. ^ ハンガー・ゲーム2の上映スケジュール・映画情報|映画の時間
  16. ^ ハンガー・ゲーム2”. ふきカエル大作戦!!. 2021年3月27日閲覧。
  17. ^ X-MEN:フューチャー&パスト”. ふきカエル大作戦!! (2014年5月30日). 2021年3月27日閲覧。
  18. ^ ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス”. ふきカエル大作戦!! (2015年5月31日). 2021年3月27日閲覧。
  19. ^ ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション”. ふきカエル大作戦!! (2015年11月20日). 2021年3月27日閲覧。
  20. ^ Winners & Nominees 2016”. 2016年12月27日閲覧。
  21. ^ X-MEN:アポカリプス”. ふきカエル大作戦!! (2016年8月9日). 2021年3月27日閲覧。
  22. ^ パッセンジャー”. ふきカエル大作戦!! (2017年3月22日). 2021年3月27日閲覧。
  23. ^ X-MEN: ダーク・フェニックス”. ふきカエル大作戦!! (2019年6月6日). 2021年3月27日閲覧。

外部リンク[編集]