ミッドナイト・イン・パリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミッドナイト・イン・パリ
Midnight in Paris
監督 ウディ・アレン
脚本 ウディ・アレン
製作 レッティ・アロンソン
スティーヴン・テネンバウム
ジャウメ・ローレ
製作総指揮 ハビエル・メンデス
出演者 キャシー・ベイツ
エイドリアン・ブロディ
カーラ・ブルーニ
マリオン・コティヤール
レイチェル・マクアダムス
マイケル・シーン
オーウェン・ウィルソン
撮影 ダリウス・コンジ
編集 アリサ・レプセルター
製作会社 メディアプロ
ヴェルサティル・シネマ
グラヴィエ・プロダクションズ
ポンシャルタン・プロデュクション
配給 スペインの旗 アルタ・フィルムス
日本の旗 ロングライド
公開 スペインの旗 2011年5月13日
アメリカ合衆国の旗 2011年5月20日
日本の旗 2012年5月26日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
製作費 1,700万ドル[1]
興行収入 $148,581,163[1]
テンプレートを表示

ミッドナイト・イン・パリ』 (Midnight in Paris) は、2011年のパリで撮影したスペイン製作によるアメリカ映画。ウディ・アレンが脚本と監督を務め、第84回アカデミー賞脚本賞を受賞した。

ストーリー[編集]

映画脚本家で処女小説の執筆に悪戦苦闘中のギル・ペンダー (オーウェン・ウィルソン) は婚約者のイネス (レイチェル・マクアダムス) とその裕福な両親とともにパリを訪れる。ギルはパリに住みたいとさえ考えているが、イネスはマリブに住むと言って聞いてくれない。2人はイネスの友人ポール (マイケル・シーン) と遭遇し、ともに街を回る。イネスはポールを気に入っているものの、彼が偉そうに語る歴史や芸術の薀蓄には間違いが多く、インテリぶったポールがギルにはどうにも鼻持ちならない。

ある夜の12時、ギルは酒に酔ったままパリの街をうろついていると、アンティークカーが止まり、車中の1920年代風の格好をした男女がギルを誘う。そして向かったパーティには、コール・ポーターF・スコット・フィッツジェラルドと妻ゼルダがいた。そのパーティはジャン・コクトーのパーティだった。そこでギルは、彼が愛して止まない1920年代に来ていたことに気づく。その後、フィッツジェラルド夫妻、ポーター夫妻と行ったクラブでは、ジョセフィン・ベイカーもいた。その後に、フィッツジェラルド夫妻と飲みに入ったバーでは、アーネスト・ヘミングウェイと出会う。ヘミングウェイに自分の小説を読んでくれないかともちかけたギルだったが、ヘミングウェイに「自分は読みたくないが、代わりにガートルード・スタインを紹介しよう」と言われ、舞い上がる。

次の夜、イネスを一緒に誘うが、真夜中になる前にイネスは「疲れた」と帰ってしまう。彼女が帰るやいなや、夜中の12時の鐘が鳴り、古いプジョーが現れた。今度はヘミングウェイが乗っていた。彼と一緒にスタインの家へ行くと、今度はそこにパブロ・ピカソとその愛人、アドリアナ(マリオン・コティヤール)がいた。スタインはピカソと彼の描いたアドリアナの肖像画について論議をかわしていた。そこで初めてアドリアナに会ったギルは、一目惚れしてしまう。

現代と1920年代を行き来しながら、婚約者イネスとの関係とアドリアナに魅かれる自分に悩むギル。しかし、シュルレアリストである、サルバドール・ダリエイドリアン・ブロディ)、ルイス・ブニュエルマン・レイからは、「それはごく自然なことだ」と言われてしまい、ますます頭を抱える。 そして、ギルとアドリアナが初めてキスを交わした晩、2人の前に19世紀のベル・エポック時代を思わせる馬車が停まった…。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ギル・ペンダー オーウェン・ウィルソン 森川智之
イネス レイチェル・マクアダムス 落合るみ
ジョン カート・フラー 楠見尚己
ヘレン ミミ・ケネディ えもりえりこ
ポール・ベイツ マイケル・シーン 山本兼平
キャロル・ベイツ ニーナ・アリアンダ
美術館の案内人 カルラ・ブルーニ 高梨愛
ワイン試飲する男 モーリス・ソネンバーグ
1920年代のパーティゴア ティエリー・アンシス
1920年代のパーティゴア ギヨーム・グイ
1920年代のパーティゴア オドレ・フルーロ
1920年代のパーティゴア マリ=ソーナ・コンド
コール・ポーター イヴ・エック
ゼルダ・フィッツジェラルド アリソン・ピル
F・スコット・フィッツジェラルド トム・ヒドルストン 烏丸祐一
ジョセフィン・ベーカー ソニア・ロラン
アーネスト・ヘミングウェイ コリー・ストール 小山力也
フワン・ベルモンテ ダニエル・ルント
古物商人 ロラン・シュピールフォーゲル
アリス・B・トクラス テレーズ・ブル=ルビンシュタイン
ガートルード・スタイン キャシー・ベイツ 西宏子
パブロ・ピカソ マルシャル・ディ・フォンソ・ボー 松本忍
アドリアナ マリオン・コティヤール 渡辺美佐
ガブリエル レア・セドゥ
ジューナ・バーンズ エマニュエル・ユザン
サルバドール・ダリ エイドリアン・ブロディ 大川透
マン・レイ トム・コルディエ
ルイス・ブニュエル アドリアン・ドゥ・ヴァン 増元拓也
探偵デュリュック セルジュ・バグダサリアン
探偵タスラン ガッド・エルマレ
T・S・エリオット デイヴィッド・ロウ
アンリ・マティス イヴ=アントワーヌ・スポト
レオ・スタイン ロラン・クラレ
ベル・エポックのカップル サヴァ・ロロヴ
ベル・エポックのカップル カリーヌ・ヴァナス
マキシムの女将 カトリーヌ・ベンギギ
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック ヴァンサン・マンジュ・コルテス 烏丸祐一
ポール・ゴーギャン オリヴィエ・ラブルダン
エドガー・ドガ フランソワ・ロスタン
ヴェルサイユの王族 マリアンヌ・バズレール
ヴェルサイユの王族 ミシェル・ヴィエルモーズ

製作[編集]

脚本[編集]

アレンは「パリの真夜中」というタイトルを思いつき、そこからプロットを構築していく方法を用いて脚本を執筆した[2]。アレンは当初主人公ジルのキャラクターを東海岸のインテリとして描いていたが、ウィルソンが東海岸の人物に感じられなかったため、ジルをカリフォルニア出身という設定に改めた。アレンによるとウィルソンは自然な演技をする人で、「演技をしているのではなく、その場で喋っている人間のように感じられた」という[3]

配役[編集]

2009年6月、アレンはフランスのラジオでニコラ・サルコジフランス大統領夫人カーラ・ブルーニを映画に起用したいと話し[4]、2009年11月、今度はブルーニが出演を依頼されたことを明かした[5]。2010年2月、ウィルソンの出演が決まり[6]、3月にコティヤール[7]とマクアダムス[8]の出演が報じられた。2010年5月25日、アレンはブルーニらの出演が正式に決まったことを示すキャストのリストを発表した[9]。ウィルソンとマクアダムスがカップルとして共演するのは『ウェディング・クラッシャーズ』以来で、マクアダムスはこれを『ウェディング・クラッシャーズ』より「はるかに敵対的な関係」と説明している[3]

撮影[編集]

撮影は2010年7月5日にパリで始まった[10]。アレンはあるシーンの撮影でブルーニがカメラを見続けることを繰り返したために彼女に30回以上のリテイクを課したとか[11]、ブルーニのすべての出演シーンをレア・セドゥに替えて撮り直したと報じられたが[12]、アレンやセドゥはこれらを完全に否定した[13][14]

公開[編集]

映画は2011年5月11日、第64回カンヌ国際映画祭のオープニング作品として初上映された[15]

アメリカでは2011年5月20日に6館で公開され、のちに最大1,038館まで拡大された[1]。2011年7月17日、本作はインフレ率未調整の売上で『ハンナとその姉妹』の4,008万ドルを抜き、アレン作品で最も稼いだ映画となった[16]

なお、映画ポスターには、19世紀の画家ゴッホの『星月夜』が部分的に使用されている[17]

評価[編集]

本作は批評家から高い評価を集めた。映画のレビューを集積するウェブサイト『Rotten Tomatoes』は、193件のレビューに基づいて好意的な評価の割合を93%、評価の平均を7.8/10とし、批評家の総意を「彼の過去作品ほどの深さを誇るとはいえないかもしれないが、甘く感傷的な『ミッドナイト・イン・パリ』はウディ・アレンのファンを満足させるのに十分なほど可笑しくて魅力的である」と紹介している[18]。これはアレンの監督作品では1994年の『ブロードウェイと銃弾』以来最も高い評価である[19]。有力媒体の批評から100点満点の加重平均値を導くMetacriticは40件の批評を基に81という「全面的支持」の値を示している[20]

受賞とノミネート[編集]

部門 対象 結果
ハリウッド映画祭 製作者賞 レッティ・アロンソン 受賞
ワシントンD.C.映画批評家協会賞 監督賞 ウディ・アレン ノミネート
脚本賞 ウディ・アレン ノミネート
サンディエゴ映画批評家協会賞 作品賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート
監督賞 ウディ・アレン ノミネート
脚本賞 ウディ・アレン ノミネート
アンサンブル演技賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート
美術賞 アン・セイベル ノミネート
ヒューストン映画批評家協会賞 作品賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート
監督賞 ウディ・アレン ノミネート
脚本賞 ウディ・アレン ノミネート
サテライト賞 作品賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート
監督賞 ウディ・アレン ノミネート
助演女優賞 レイチェル・マクアダムス ノミネート
シカゴ映画批評家協会賞 脚本賞 ウディ・アレン ノミネート
セントルイス映画批評家協会賞 脚本賞 ウディ・アレン ノミネート
コメディ映画賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート
サウスイースタン映画批評家協会賞 脚本賞 ウディ・アレン 受賞
フェニックス映画批評家協会賞 作品賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート
監督賞 ウディ・アレン ノミネート
脚本賞 ウディ・アレン ノミネート
アンサンブル演技賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート
オースティン映画批評家協会賞 脚本賞 ウディ・アレン 受賞
オンライン映画批評家協会賞 脚本賞 ウディ・アレン 受賞
インターネット映画批評家協会賞 コメディ映画賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 受賞
セントラルオハイオ映画批評家協会賞 脚本賞 ウディ・アレン ノミネート
バンクーバー映画批評家協会賞 脚本賞 ウディ・アレン ノミネート
放送映画批評家協会賞 作品賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート
脚本賞 ウディ・アレン 受賞
コメディ映画賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート
ゴールデングローブ賞 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門) 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート
主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) オーウェン・ウィルソン ノミネート
監督賞 ウディ・アレン ノミネート
脚本賞 ウディ・アレン 受賞
全米製作者組合賞 作品賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート
全米監督協会賞 監督賞 ウディ・アレン ノミネート
全米映画俳優組合賞 キャスト賞 キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、
レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン
ノミネート
全米脚本家組合賞 脚本賞 ウディ・アレン 受賞
インディペンデント・スピリット賞 助演男優賞 コリー・ストール ノミネート
撮影賞 ダリウス・コンジ ノミネート
アカデミー賞 脚本賞 ウディ・アレン 受賞
作品賞 レッティ・アロンソン、スティーヴン・テネンバウム ノミネート
監督賞 ウディ・アレン ノミネート
美術賞 アニー・シーベル、エレーヌ・デュブルイユ ノミネート

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c Midnight in Paris”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年2月29日閲覧。
  2. ^ Itier, Emmanuel (2011年5月24日). “The Beloved Director Spends 'Midnight in Paris' with Stars Owen Wilson & Rachel McAdams”. Buzzine. http://www.buzzinefilm.com/interviews/film-interview-woody-allen-midnight-paris-05242011 2012年1月12日閲覧。 
  3. ^ a b Midnight in Paris (PDF)”. ソニー・ピクチャーズ・クラシックス. 2012年1月12日閲覧。
  4. ^ Mackenzie, James (2009年6月18日). “Woody Allen eyes Carla Bruni for film role”. Reuters (トムソン・ロイター). http://www.reuters.com/article/2009/06/18/us-allen-bruni-idUSTRE55H33M20090618 2012年1月12日閲覧。 
  5. ^ Fouquet, Helene (2009年11月24日). “Carla Bruni-Sarkozy Gets First Acting Job in Woody Allen Movie”. ブルームバーグ. http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aGSrPnmjQTjY 2012年1月12日閲覧。 
  6. ^ Fernandez, Jay A.; Kit, Borys (2010年2月19日). “Owen Wilson signs on for new Woody Allen film”. Reuters (トムソン・ロイター). http://www.reuters.com/article/2010/02/19/us-wilson-idUSTRE61I1QI20100219 2012年1月12日閲覧。 
  7. ^ Fleming, Mike (2010年3月2日). “Woody Allen Hires Cotillard For Lead Role”. Deadline New York (PMC). http://www.deadline.com/2010/03/cotillard-gets-great-role-short-commute/ 2012年1月12日閲覧。 
  8. ^ Kit, Borys (2010年3月3日). “Rachel McAdams joining Woody Allen film”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/rachel-mcadams-joining-woody-allen-21303 2012年1月12日閲覧。 
  9. ^ McNary, Dave (2010年5月25日). “Woody Allen rounds out 'Paris' cast”. Variety (Reed Business Information). http://www.variety.com/article/VR1118019829 2012年1月12日閲覧。 
  10. ^ “カーラ夫人の銀幕デビュー作、パリでクランクイン”. AFPBB News (フランス通信社). (2010年7月6日). http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2739254/5944396 2012年1月12日閲覧。 
  11. ^ “Take 35! How Carla kept fluffing her bit part in Woody Allen's film by hogging the camera... again”. デイリー・メール. (2010年7月29日). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1298219/Carla-Bruni-Sarkozy-films-cameo-new-Woody-Allen-movie.html 2012年1月12日閲覧。 
  12. ^ Allen, Peter (2010年9月9日). “Humiliation for Carla Bruni as she faces being cut from Woody Allen's new film”. デイリー・メール. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1310214/Humiliation-Carla-Bruni-faces-cut-Woody-Allens-new-film.html 2012年1月12日閲覧。 
  13. ^ “Woody Allen defends Carla Bruni”. デイリー・テレグラフ. (2010年8月22日). http://www.telegraph.co.uk/culture/film/film-news/7959255/Woody-Allen-defends-Carla-Bruni.html 2012年1月12日閲覧。 
  14. ^ Powers, Lindsay; Leffler, Rebecca (2010年9月9日). “Carla Bruni not fired from Woody Allen film”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/carla-bruni-not-fired-woody-27606 2012年1月12日閲覧。 
  15. ^ Leffler, Rebecca (2011年2月2日). “Woody Allen's 'Midnight in Paris' to Open Cannes Film Festival”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/woody-allens-midnight-paris-open-95633 2012年1月12日閲覧。 
  16. ^ McClintock, Pamela (2011年7月16日). “'Midnight in Paris' Becomes Woody Allen's Top Film of All Time in North America”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/midnight-paris-becomes-woody-allens-212254 2012年1月12日閲覧。 
  17. ^ Julian Buckeridge “Colourful Poster for Woody Allen’s ‘Midnight in Paris’AtTheCinema 2011年3月18日付, 英語, 2013年11月12日閲覧.
  18. ^ Midnight in Paris (2011)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2012年1月12日閲覧。
  19. ^ Woody Allen”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2012年1月12日閲覧。
  20. ^ Midnight in Paris”. Metacritic. CBS Interactive. 2012年1月12日閲覧。

外部リンク[編集]