第68回アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第68回アカデミー賞
開催日 1996年3月24日
会場 ロサンゼルスドロシー・チャンドラー・パビリオン
司会 ウーピー・ゴールドバーグ
ハイライト
作品賞 ブレイブハート
最多部門受賞 『ブレイブハート』(5)
最多部門
ノミネート
『ブレイブハート』(10)
TV放映
放送局 ABC
 < 第67回 アカデミー賞 第69回 > 

第68回アカデミー賞は1996年3月25日に発表・授賞式が行われた。[1]司会はウーピー・ゴールドバーグメル・ギブソンの『ブレイブハート』が作品賞を始めとする5部門を受賞した。[2][3]

式典[編集]

式典はドロシー・チャンドラー・パビリオンにて3時間39分に渡って執り行われた。 例年、アカデミー賞において、アフリカ系アメリカ人にあまり注意が払われていないのではないかという意見が全米黒人地位向上協会よりあったが、1995年度の式典にはプロデューサーに クインシー・ジョーンズ(初めてのアフリカ系アメリカ人)が起用された。 また、落馬事故によって麻痺状態となっていたクリストファー・リーヴが、事故以来初めて公共の場に登場して話題となった。

候補と受賞の一覧[編集]

太字は受賞である。[4] また、以下での人名表記は

  1. 作品の日本語公式情報およびAMPAS公式サイトの日本版とWOWOWによる授賞式放送での表記に準ずる。
  2. 見当たらない場合はデータベースサイトなどを参考。
  3. それでもない場合は英語表記のままとする。
作品賞 監督賞
主演男優賞 主演女優賞
助演男優賞 助演女優賞
脚本賞 脚色賞
外国語映画賞 歌曲賞
長編ドキュメンタリー映画賞 短編ドキュメンタリー映画賞
短編実写映画賞 短編アニメ映画賞
劇映画音楽賞 ミュージカル・喜劇映画音楽賞
音響編集賞 録音賞
美術賞 撮影賞
メイクアップ賞 衣裳デザイン賞
編集賞 視覚効果賞

アカデミー名誉賞[編集]

アカデミー特別業績賞[編集]

ゴードン・E・ソーヤー賞[編集]

統計[編集]

複数候補:

候補数 作品名
10
ブレイブハート
9
アポロ13
7 ベイブ
いつか晴れた日に
5
イル・ポスティーノ
4 デッドマン・ウォーキング
リービング・ラスベガス
ニクソン
トイ・ストーリー
3 バットマン フォーエヴァー
クリムゾン・タイド
2 12モンキーズ
リトル・プリンセス
誘惑のアフロディーテ
ポカホンタス
恋の闇 愛の光
リチャード三世
サブリナ
ユージュアル・サスペクツ

複数受賞:

受賞数 作品名
5
ブレイブハート
2 アポロ13
ポカホンタス
恋の闇 愛の光
ユージュアル・サスペクツ

プレゼンター・パフォーマー[8][編集]

プレゼンター[編集]

プレゼンター
Marshak, LesLes Marshak アナウンサー
ブロスナン, ピアースピアース・ブロスナン
ナオミ・キャンベル
クラウディア・シファー
衣裳デザイン賞
ウィースト, ダイアンダイアン・ウィースト 助演男優賞
シルヴァーストーン, アリシアアリシア・シルヴァーストーン メイクアップ賞
トンプソン, エマエマ・トンプソン 美術賞
ウィリアムズ, ロビンロビン・ウィリアムズ 名誉賞 (チャック・ジョーンズ)
特別業績賞
チェン, ジャッキージャッキー・チェン
カリーム・アブドゥル=ジャバー
短編実写映画賞
短編アニメ映画賞
ブロック, サンドラサンドラ・ブロック 音響編集賞
セーガル, スティーヴンスティーヴン・セーガル 録音賞
ランドー, マーティンマーティン・ランドー 助演女優賞
キャリー, ジムジム・キャリー 撮影賞
ホーン, ゴールディゴールディ・ホーン
カート・ラッセル
編集賞
ドレイファス, リチャードリチャード・ドレイファス Academy Award for Technical Achievement
ゴードン・E・ソーヤー賞
スミス, ウィルウィル・スミス 視覚効果賞
ケイジ, ニコラスニコラス・ケイジ
エリザベス・シュー
短編ドキュメンタリー映画賞
長編ドキュメンタリー映画賞
ギブソン, メルメル・ギブソン 外国語映画賞
スピルバーグ, スティーヴンスティーヴン・スピルバーグ 名誉賞 (カーク・ダグラス)
ジョーンズ, クインシークインシー・ジョーンズ
シャロン・ストーン
劇映画音楽賞
ミュージカル・喜劇映画音楽賞
ヒラー, アーサーアーサー・ヒラー (AMPAS 会長) In Memoriam
サランドン, スーザンスーザン・サランドン 脚本賞
ホプキンス, アンソニーアンソニー・ホプキンス 脚色賞
リーヴ, クリストファークリストファー・リーヴ The montage saluting social issues
バセット, アンジェラアンジェラ・バセット
ローレンス・フィッシュバーン
歌曲賞
ゼメキス, ロバートロバート・ゼメキス 監督賞
ハンクス, トムトム・ハンクス 主演女優賞
ラング, ジェシカジェシカ・ラング 主演男優賞
ポワチエ, シドニーシドニー・ポワチエ 作品賞

パフォーマー[編集]

名前 内容
トム・スコットトム・スコット 編曲 オーケストラ
エステファン, グロリアグロリア・エステファン パフォーマー "Moonlight" (サブリナ)
ラヴェット, ライルライル・ラヴェット
ランディ・ニューマン
パフォーマー 君はともだち」 (トイ・ストーリー}
Stomp パフォーマー 音響編集賞モンタージュ
スプリングスティーン, ブルースブルース・スプリングスティーン パフォーマー "Dead Man Walking" (デッドマン・ウォーキング)
グローバー, セビアンセビアン・グローバー パフォーマー 雨に唄えば」 タップダンス(ジーン・ケリー)
ウィリアムス, ヴァネッサヴァネッサ・ウィリアムス パフォーマー カラー・オブ・ザ・ウィンド」 (ポカホンタス)
アダムス, ブライアンブライアン・アダムス パフォーマー "Have You Ever Really Loved a Woman?" (ドンファン)
テイク6 パフォーマー 歌曲賞メドレー

In Memoriam[編集]

In Memoriamのコーナーでは、俳優のジンジャー・ロジャースディーン・マーティンマーティン・バルサムバール・アイヴスラナ・ターナーハイン・S・ニョールマイケル・ホーダーンアレクサンダー・ゴドノフジョージ・バーンズ、俳優・監督のアイダ・ルピノ、監督のルイ・マル、作曲家のロージャ・ミクローシュ、アニメーターのフリッツ・フレレング、脚本家のテリー・サザーンなど、1995年度に亡くなった映画人の功績が紹介された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “The 1996 Academy Awards: And the Winners are...”. シカゴ・トリビューン (Tribune Publishing). (1996年3月26日). http://articles.chicagotribune.com/1996-03-26/news/9603260051_1_sense-and-sensibility-braveheart-gordon-e-sawyer-award 2015年5月31日閲覧。 
  2. ^ Welkos, Robert W. (1996年3月26日). “'Braveheart' Is Top Film; Cage, Sarandon Win”. ロサンゼルス・タイムズ (Tribune Publishing). http://articles.latimes.com/1996-03-26/news/mn-51422_1_sarandon-win 2015年5月31日閲覧。 
  3. ^ Hartl, John (1996年3月25日). “One More Victory For `Braveheart' – Mel Gibson's Epic About A Battle For Freedom Tops The Oscars”. シアトル・タイムズ (The Seattle Times Company). http://community.seattletimes.nwsource.com/archive/?date=19960326&slug=2321029 2013年10月1日閲覧。 
  4. ^ 第68回アカデミー賞 (1996) ノミネート・受賞”. oscars.org. 2015年5月31日閲覧。
  5. ^ Herman, Jan (1996年3月23日). “Hollywood Is Playing Chuck Jones' Toon”. ロサンゼルス・タイムズ (Tribune Publishing). http://articles.latimes.com/1996-03-23/news/mn-50435_1_chuck-jones 2015年5月23日閲覧。 
  6. ^ Champlin, Charles (1996年3月22日). “Countdown to the Oscars : Always a Champion : Despite recent setbacks, Kirk Douglas plans to be there to receive an honorary Oscar for being 'a creative and moral force' in film.”. ロサンゼルス・タイムズ (Tribune Publishing). http://articles.latimes.com/1996-03-22/entertainment/ca-49981_1_kirk-douglas 2015年5月23日閲覧。 
  7. ^ “Here's Complete List Of Oscar Nominees”. シカゴ・トリビューン (Tribune Publishing). (1996年2月14日). http://articles.chicagotribune.com/1996-02-14/news/9602140120_1_sensibility-braveheart-postino 2013年10月1日閲覧。 
  8. ^ Bona 2002, p. 39

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公式サイト
分析
ニュース
その他