アメリカン・プレジデント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アメリカン・プレジデント
The American President
監督 ロブ・ライナー
脚本 アーロン・ソーキン
製作 バーバラ・マルトビー
チャールズ・ニューワース
ロブ・ライナー
ジェフリー・ストット
出演者 マイケル・ダグラス
アネット・ベニング
マーティン・シーン
マイケル・J・フォックス
リチャード・ドレイファス
音楽 マーク・シャイマン
撮影 ジョン・シール
編集 ロバート・レイトン
製作会社 キャッスル・ロック・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年11月17日
日本の旗 1996年2月10日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $62,000,000
興行収入 $107,879,496[1] 世界の旗
$60,079,496[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

アメリカン・プレジデント』(The American President)は、1995年アメリカ映画

ストーリー[編集]

アメリカ合衆国大統領アンドリュー・シェファードは、分刻みのスケジュールの中で多忙な日々を過ごしていた。そんなある日、次の会合への時間調整のため環境保護団体との会合に顔を出したシェファードは、彼の環境政策への消極姿勢を批判する女性ロビイストのシドニー・ウェイドと出会う。そこでシドニーに一目惚れしたシェファードは、フランスの新大統領就任の晩餐会に彼女を招待し、二人でダンスを楽しむのだった。二人の仲は急速に深まっていき、シェファードの一人娘ルーシーも父の恋愛を応援するが、側近たちは次期大統領選挙への影響を懸念する。妻と死別した直後の同情票で当選したシェファードにとって、女性スキャンダルは致命的になると考えてのことだった。二人の関係を知った次期大統領選の対立候補であるボブ・ラムソン上院議員は、マスコミに情報をリークしてシェファードを攻撃する。

シェファードの立場を考え別れを切り出すシドニーに対し、シェファードは自分の気持ちを伝え恋仲となり、マスコミに二人の関係を公表する。シェファードの覚悟を知った側近たちはシドニーを守ろうとするが、マスコミ報道は過熱し、さらに環境問題と銃規制問題の取り組みを巡り二人に溝が生じてしまう。また、シドニーが環境デモに参加した際に星条旗を燃やした事実を掴んだラムソンは攻勢を強め、シェファードの支持率は大幅に低下する。責任を感じたシドニーはシェファードの前から姿を消す。シェファードは記者会見を開き、「大統領選挙に当選し易いという理由ではなく、本当に必要とされている問題を優先する」として、環境問題と銃規制問題の両方に取り組むことを宣言し、さらにラムソンに対し「彼女は君に何もしないよ」と告げる。シェファードの気持ちを知ったシドニーは彼の元に戻り、シェファードは彼女に見送られて一般教書演説に向かう。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

スタッフ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b The American President” (英語). Box Office Mojo. 2011年8月7日閲覧。

外部リンク[編集]