ノース 小さな旅人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ノース 小さな旅人
North
監督 ロブ・ライナー
脚本 アラン・ツァイベル
アンドリュー・シャイマン
製作 ロブ・ライナー
アラン・ツァイベル
出演者 イライジャ・ウッド
ブルース・ウィリス
ダン・エイクロイド
ジェイソン・アレクサンダー
音楽 マーク・シャイマン
撮影 アダム・グリーンバーグ
編集 ロバート・レイトン
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年7月24日
日本の旗 1995年3月25日
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000
興行収入 $7,138,449
テンプレートを表示

ノース 小さな旅人』(原題:North)は、1994年公開のイライジャ・ウッドブルース・ウィリス主演のアメリカ映画、ファンタジー・コメディである。

概要[編集]

スタンド・バイ・ミー』などで知られるロブ・ライナーがメガホンを取り、子役として活躍していたイライジャ・ウッド主演の本作は、『ダイ・ハード』シリーズのブルース・ウィリスをはじめ豪華キャストが結集している。全編を通した爽やかさと、ところどころに散りばめられたユーモアを楽しめるいい意味でのおフザケな作品になっているが、ハワイやアラスカを小馬鹿にしたシーンもあり、米国国内ではゴールデンラズベリー賞にノミネートされてしまった。

尚、現在は人気女優となったスカーレット・ヨハンソンの映画デビュー作品でもある。

日本公開時は『マスク』と同時上映していた地域があったものの、興行的には惨敗、批評家筋にも、観客にも受け入れられなかった不遇の作品でもある。

映画評論家のロジャー・イーバートは最低点の星0個と評し、次のように述べた。「私はこの映画が大嫌いだ。とても大嫌いだ。この映画のにやついた、馬鹿馬鹿しい、空っぽの、観客を傷つける、全ての場面が嫌いだ。“みんながこれを気に入るだろう”と思うその感性が嫌いだ。“この映画でみんな楽しめるだろう”と思うその観客を馬鹿にした信念が透けて見えるのが嫌いだ」

あらすじ[編集]

何をやっても優秀、スポーツ万能、容姿端麗、の3点セットが揃った文句のつけようがない主人公ノース(イライジャ・ウッド)。誰もが羨む100点満点のノースだが、そんな彼にも一つだけ悩みがあった。自分に全く興味がなさそうな父(ジェイソン・アレクサンダー)と母(ジュリア・ルイス=ドレイファス)だ。互いに共働きでしょっちゅう喧嘩をし、相手の話を聞こうともせず、自分の話で夢中になる2人を見て、溜息をつく毎日を送っていたノースはある日偶然立ち寄ったショッピング・モールの家具売り場で、ピンク色のコスチュームを着たウサギ男(ブルース・ウィリス)に出会う。男はにんじんをかじりながら、深刻に悩むノースに対し冷静に耳を傾ける。そして男の発した一言により、フリーエージェント制を思いついたノースは、早速それをその場で宣言。同級生の新聞記者ウィンチェルに事を話すとそのことが全世界にまで流されたことで、全世界から『ぜひ我が子に!』というオファーが殺到する。そんなオファーの中からいくつか選びぬいたノースは、自分にとって最高の両親を見つけるべく、道のりの長い親捜しへ旅立つのだった。

しかし、どの両親候補にもノースは満足しない。そして、一番はやはり自分の両親であることを覚る。しかし、ウィンチェルはノースが両親の元へ帰らないように画策していた。ノースの両親が反省し撮影した謝罪ビデオが、ウィンチェルにより編集され、決別ビデオとなってノースに届く。選び抜いたネルソン家の養子になることを決意するが、打ち解けられずに逃げ出したノースをウィンチェルは殺し屋を雇う。家にたどり着いたノースにウサギ男に似た男は両親はショッピング・モールにいることを伝える。FA期限まであと数秒というところでノースは両親と再会するが、殺し屋がノースへ向けて発砲する。ノースが目を覚ましたとき、ショッピング・モールのソファに座っていた。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]