ダン・エイクロイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダン・エイクロイド
Dan Aykroyd
Dan Aykroyd
本名 Daniel Edward Aykroyd
別名 Elwood
生年月日 1952年7月1日(61歳)
出生地 カナダの旗 カナダ オンタリオ州
民族 カナダ系アメリカ人
ジャンル 俳優
コメディアン
脚本家
ミュージシャン
活動期間 1974年 -
配偶者 ドナ・ディクソン
主な作品
ブルースブラザーズ
ゴーストバスターズ
マイ・ガール
50回目のファースト・キス
受賞
エミー賞(1977年)

ダン・エイクロイド(Dan Aykroyd、[- éikrɔid][1][2]1952年7月1日 - )は、カナダ出身のコメディアン俳優脚本家ミュージシャン。左利き。

来歴

カナダの首都オタワに生まれ、ケベックで育つ。オタワのカールトン大学で社会学犯罪学を学ぶが中退アスペルガー症候群であると診断されている。[3]

コメディ劇団「セカンド・シティ・ワークショップ」のトロント支部に在籍、同劇団のシカゴ本部に在籍していたジョン・ベルーシと知り合い、親友となる。1975年からNBCテレビの『サタデー・ナイト・ライブ』にオリジナルメンバーとして参加、『コーンヘッズ』などの名キャラや、ミスター・スポックジミー・カーター等の著名人の物まねで人気を博す。同番組から生まれた『ブルースブラザーズ』のジェイク(ジョン・ベルーシ)の弟のエルウッド役が有名。

ベルーシやエディ・マーフィーチェビー・チェイスなどアクの強い人とコンビを組むことが多く、存在が地味だが、『ブルースブラザーズ』、『ゴーストバスターズ』、『スパイ・ライク・アス』などの名作の脚本を手懸ける才人としても知られる。映画デビューは1977年の『ダン・アイクロイドのひと目惚れ』。

1982年に良き相棒であり、親友であったベルーシを失った後はやや精彩を欠いたが、『ゴーストバスターズ』で本来の持ち味を発揮。1985年にはUSAフォー・アフリカに参加し、ウィ・アー・ザ・ワールドのコーラスを担当。1989年には『ドライビング Miss デイジー』でジェシカ・タンディの息子役を演じ、アカデミー助演男優賞にもノミネートされ、俳優としての新境地を拓いた。また、ラジー賞にも数回ノミネートされ、2度の受賞歴がある。

1981年に『ブルースブラザーズ』のプロモーションでジョン・ベルーシと共に来日も果たした。その際には、ベルーシと共に吉祥寺のライブハウスも訪れている[4]。90年代半ばにフジテレビのマスコット・キャラクターとして登場し、「またお会いしましたね」のフレーズで日本のテレビCMにも出演した。

私生活

フィルモグラフィ

脚注

  1. ^ 『固有名詞英語発音辞典』 大塚高信(編)、三省堂、2009年ISBN 978-4385151960
  2. ^ Dan Aykroyd の発音”. 発音辞書 Forvo. 2012年10月18日閲覧。
  3. ^ [1]
  4. ^ http://bluespower-a.jugem.jp/?eid=18

外部リンク