リンジー・バッキンガム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リンジー・バッキンガム
Lindsey Buckingham
Buckingham McVie - Hard Rock Rocksino Love Northfield Park Cleveland - Friday 3rd November 2017 BuckMcVieOhio031117-42 (24494147998) (cropped).jpg
バッキンガム&マクヴィー - USA・クリーブランド公演(2017年11月)
基本情報
出生名 Lindsey Adams Buckingham
生誕 (1949-10-03) 1949年10月3日(71歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州パロアルト
ジャンル ロック
ポップス
ニュー・ウェイヴ
映画音楽
職業 シンガーソングライターギタリスト音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカルギターベースキーボードドラムス
活動期間 1968年 – 現在
レーベル アサイラム・レコード
ポリドール・レコード
ワーナー・ミュージック
マーキュリー・レコード
リプリーズ・レコード
Mind Kit Records
Eagle Rock Entertainment
アトランティック・レコード
East West Records
共同作業者 フリートウッド・マック
スティーヴィー・ニックス
クリスティン・マクヴィー
公式サイト lindseybuckingham.com
著名使用楽器
Rick Turner Model 1
Chet Atkins CEC
RS6

リンジー・バッキンガム(Lindsey Buckingham、1949年10月3日 - )は、アメリカ合衆国出身のシンガーソングライターギタリスト音楽プロデューサー。アメリカでの発音はバッキンハムである

ロックバンド「フリートウッド・マック」のギタリストとして知られ、ソロ・アーティストとしても精力的に活動している。

1998年、マック名義で『ロックの殿堂』入り[1]ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100人のギタリスト」第100位。

経歴[編集]

1947年10月3日、米サンフランシスコ近郊のパロ・アルト生まれ。 7歳からギターを始め、やがて、サイケデリック・バンド「フリッツ」に参加。

長年ペアを組んだスティーヴィー・ニックスと(2004年)

バンド解散後、1967年に加入した同じ高校出身のスティーヴィー・ニックスとデュオ「バッキンガム・ニックス」を結成。1973年には同名のアルバムをリリースするが余り注目を浴びなかった[2]

しかし、2枚目のアルバムを録音中にイギリス出身の人気バンド「フリートウッド・マック」のリーダー、ミック・フリートウッドと出会い、1974年12月にバンドを離れたボブ・ウェルチの後継として1975年1月、ニックスと共にバンドへ加入。

その後、音楽面のリーダーとして『ファンタスティック・マック』『』『牙 (タスク)』『ミラージュ』等、名作アルバムの制作を支え、ライブ・ツアーにおいても重要な役割を果たす。特に『噂』は、ビルボードにおいて全米アルバム・チャート31週連続でトップを維持し、リンジーも一躍時の人となった。

そんなバンド活動と並行しながら1981年にヒット曲「トラブル」を含む『ロー・アンド・オーダー』、1984年には実験的な『ゴー・インセイン』と2枚のソロ・アルバムを発表。

またこの間、ブライアン・ウィルソンランディ・ニューマンウォーレン・ジヴォン、ボブ・ウェルチ、ドリーム・アカデミーらとのセッションやプロデュースなどの活動も行っている。1985年には豪華な顔ぶれと共にUSAフォー・アフリカに参加し、「ウィ・アー・ザ・ワールド」のコーラスを担当。

1987年、アルバム『タンゴ・イン・ザ・ナイト』リリースと同時に、突如マックを脱退。1992年ソロとして隠れた名盤『アウト・オブ・ザ・クレイドル』を発表するも、長く表舞台に登場しない状態が続く。

1996年、フリートウッド・マックは突如、絶頂期のメンバーで再結成ライブを行い、リンジーも復帰し更に鋭さが増したプレイでファンを魅了。1997年、ライブ・アルバム『ザ・ダンス』として発表する。そして、既に制作していたリンジーのソロ・アルバムを下敷きに、2003年にマックとして新作アルバム『セイ・ユー・ウィル』をリリース。

2006年10月、57回目の誕生日にソロ・アルバム『アンダー・ザ・スキン』を発表。ライブ活動を積極的に行う中、2008年9月に『Gift of Screws』、2011年9月には『シーズ・ウィー・ソウ』と、ソロ・アルバムを続けて発表している。

2017年4月には、クリスティン・マクヴィーとのデュオ名義でアルバム『リンジー・バッキンガム クリスティン・マクヴィー』を発表[3]

2018年、フリートウッド・マックのスケジュールの相違でバンド側と折り合いがつかず、同4月に脱退の発表[4]。本人は1月に解雇されたと説明した[5]。同10月、不当解雇を理由に訴訟を起こしたが、その後バンド側と和解する[6]

2019年初頭、以前から患っていた心臓疾患が悪化し手術を受けるが、その際に声帯の損傷も併発してしまう。完治するまでの療養期間、今後の活動を休止する[7]

家族[編集]

写真家のクリスティン・メスナーと結婚、3人の子供がいる。兄は1968年メキシコオリンピックの水泳200m個人メドレーの銀メダリストのグレッグ・バッキンガム。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『バッキンガム・ニックス』 - Buckingham Nicks (1973年) ※バッキンガムとパートナーであるスティーヴィー・ニックスのデュオをフィーチャーしたデビュー・アルバム。彼らがフリートウッド・マックに参加したのは、このアルバムが商業的に失敗し、ポリドール・レーベルが契約を解消し、続くアルバムの楽曲のストックを持っていたためである。
  • 『ロー・アンド・オーダー』 - Law and Order (1981年)
  • 『ゴー・インセイン』 - Go Insane (1984年)
  • 『アウト・オブ・ザ・クレイドル』 - Out of the Cradle (1992年)
  • 『アンダー・ザ・スキン』 - Under the Skin (2006年)
  • Gift of Screws (2008年)
  • 『シーズ・ウィ・ソウ』 - Seeds We Sow (2011年)
  • 『リンジー・バッキンガム クリスティン・マクヴィー』 - Lindsey Buckingham Christine McVie (2017年) ※クリスティン・マクヴィーとのデュオ

ライブ・アルバム[編集]

  • Live at the Bass Performance Hall (2008年)
  • Songs from the Small Machine: Live in L.A at Saban Theatre in Beverly Hills, CA / 2011 (2011年)
  • One Man Show (2012年)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • Words and Music [A Retrospective] (1992年)
  • Solo Anthology: The Best of Lindsey Buckingham (2018年)

シングル[編集]

  • 「トラブル」 - "Trouble" (1981年)
  • "It Was I" (1981年)
  • 「ホリデイ・ロード」 - "Holiday Road" (1983年)
  • 「ゴー・インセイン」 - "Go Insane" (1984年)
  • "Slow Dancing" (1984年)
  • "Wrong" (1992年)
  • "Countdown" (1992年)
  • "Soul Drifter" (1992年)
  • "Don't Look Down" (1993年)
  • "Show You How" (2006年)
  • "Did You Miss Me" (2008年)
  • "Gift of Screws EP" (2008年)
  • "Holiday Road" (Live) (2011年)
  • "Seeds We Sow" (2011年)
  • "In Our Own Time" (2011年)
  • "When She Comes Down" (2011年)
  • "The End Of Time" (2011年)
  • "Holiday Road" (2015年)

サウンドトラック提供[編集]

フリートウッド・マック[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ロックの殿堂入り1998〜フリートウッド・マック/イーグルスほか”. TAPthePOP (2016年10月5日). 2018年6月11日閲覧。
  2. ^ 黄金期FLEETWOOD MACの原型、伝説のデュオ、バッキンガム・ニックス 唯一のアルバムがボーナス・トラックと共に復刻リリース!”. LiveLand (2017年2月18日). 2018年6月11日閲覧。
  3. ^ フリートウッド・マックの黄金期を支えたリンジー・バッキンガムとクリスティン・マクヴィーによる初めてのデュエット作品”. Mikiki (2017年8月18日). 2018年6月11日閲覧。
  4. ^ フリートウッド・マック、リンジー・バッキンガムの脱退を発表”. NME JAPAN (2018年4月10日). 2019年2月12日閲覧。
  5. ^ リンジー・バッキンガム、フリートウッド・マック解雇の瞬間を語る”. BARKS (2018年10月11日). 2019年2月12日閲覧。
  6. ^ リンジー・バッキンガムとフリートウッド・マックの訴訟、和解”. BARKS (2018年10月11日). 2019年2月12日閲覧。
  7. ^ フリートウッド・マックの元ボーカル、心臓手術で声帯損傷”. CNN.co.jp (2019-.02-10). 2019-.02-12閲覧。

外部リンク[編集]