エボリューション (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エボリューション
Evolution
監督 アイヴァン・ライトマン
脚本 デヴィッド・ダイアモンド
デヴィッド・ウェイスマン
ドン・ジャコビー
原案 ドン・ジャコビー
製作 ダニエル・ゴールドバーグ
ジョー・メジャック
アイヴァン・ライトマン
製作総指揮 デイヴィッド・ダイヤモンド
デイヴィッド・ウェイスマン
ドン・ジャコビー
音楽 ジョン・パウエル
撮影 マイケル・チャップマン
編集 シェルドン・カーン
ウェンディ・グリーン・ブリックモント
配給 アメリカ合衆国の旗 DW/コロンビア映画
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年6月8日
日本の旗 2001年11月3日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 US$80,000,000[1]
興行収入 US$98,376,292[1]
テンプレートを表示

エボリューション』(原題: Evolution)は、2001年アメリカで製作公開されたSFコメディ映画。

あらすじ[編集]

アリゾナ州砂漠隕石が落下。現場に近いグレン・キャニオン短大の生物学教師で、以前は陸軍伝染病研究所に勤めていたアイラは、同僚の地質学教師ハリーと共に隕石から採取した液体を調査する。液体は未知の単細胞生物であったが、数時間後に再び観察するとそれは多細胞生物へと進化していた。この生命体は、地球での46億年分の進化を1ヶ月で成しとげる脅威のエイリアンだったのである。アイラ達のパソコンを監視していて事態を知った、かつてのアイラの上司であるウッドマン将軍ら軍部は、隕石落下現場を封鎖してアイラたちを締め出すとともに、アイラたちの研究資料を全て持ち去る。

一方、町では不気味な生物たちが次々と現れ、大騒動となる。隕石落下の現場にたまたま居合わせていた消防士志望の青年ウェインが、バイト先で手に入れたエイリアンの死体をアイラたちの前に持ち込んだことをきっかけに、アイラたちの仲間となって共にエイリアンと戦うことになる。更に、軍部の下で働いていた女性研究者であるアリソンも、ウッドマン将軍のやり方に反発してアイラの仲間に加わる。

事態を一刻も早く解決したい州知事の指示の下、ウッドマン将軍はエイリアンらをナパーム弾で焼き払う計画を進める。ところが、エイリアンが熱によって急成長してしまうことを知ったアリソンはウッドマン将軍に計画の中止を求めるが無視される。そこで、エイリアンにとってはセレンが猛毒であり、硫化セレンを主成分とするフケ取りシャンプーが有効であると気付いたアイラたちは、学生たちの協力の下、シャンプーを大量に消防車に積み、エイリアンに立ち向かう。

ウッドマン将軍の計画が予定より早く実行されたため、アイラたちがシャンプーで攻撃する前にエイリアンが巨大化してしまう。しかし、アイラたちは改めて消防車でエイリアンに迫り、エイリアンの肛門と思われる穴からシャンプーを注ぎ込む。期待通りにエイリアンが爆発し、町が救われると、知事はアイラたちを英雄として讃える。そして、アイラとアリソンは結ばれ、アイラ、ハリー、ウェインの3人はフケ取りシャンプーのCMタレントに起用される。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHS・DVD テレビ
アイラ・ケイン デイヴィッド・ドゥカヴニー 小杉十郎太 堀内賢雄
アリソン・リード ジュリアン・ムーア 唐沢潤 坪井木の実
ハリー・ブロック オーランド・ジョーンズ 楠大典 山寺宏一
ウェイン・グレイ ショーン・ウィリアム・スコット 鉄野正豊 高木渉
ラッセル・ウッドマン将軍 テッド・レヴィン 菅生隆之 石田太郎
ディーク クイーサン・スプリー 中嶋聡彦 桜井敏治
ダニー マイケル・レイ・バウアー 朝倉栄介 岩田光央
ナディーン キャサリン・タウン MAI 木村亜希子
ジョンソン巡査 パット・キルベイン 西凛太朗 宗矢樹頼
フレミング大佐 タイ・バーレル 清水明彦 立川三貴
クライヤー尉官 アシュリー・クラーク 飛田展男
ルイス知事 ダン・エイクロイド 玄田哲章 菅生隆之

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Evolution (2001)”. Box Office Mojo. 2009年11月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]