キム・カーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キム・カーンズ
Kim Carnes
Kim Carnes with Mike MacDonald.jpg
キム・カーンズ(2008年)
基本情報
生誕 (1945-07-20) 1945年7月20日(72歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ハリウッド
ジャンル ロックカントリーブルー・アイド・ソウル
職業 シンガーソングライター
活動期間 1967年 - 現在
公式サイト http://www.kimcarnes.com/

キム・カーンズKim Carnes1945年7月20日 - )は、アメリカ合衆国の歌手。「ベティ・デイビスの瞳(Bette Davis Eyes)」のヒットで知られる。

来歴[編集]

ロサンゼルス出身。父親は弁護士で、母親は病院の理事を務めていた[1]。幼少時、隣人にデヴィッド・リンドレーがいた。1963年、サンマリノ高校を卒業。

1966年にフォークグループのニュー・クリスティ・ミンストレルズのメンバーとしてデビュー。キム&デイヴ名義で歌った「ノーボディー・ノウズ (Nobody Knows)」が1971年の映画『バニシング・ポイント』でエンディングの曲として採用される。

1971年、アルバム『Rest on Me』でソロデビュー。セールス的にはさほど恵まれなかったが、独特のハスキーボイスに特徴があり、安定的な活動を続ける。ようやく1980年に「モア・ラブ (More Love)」、ケニー・ロジャースとのデュエット曲「荒野に消えた愛 (Don't Fall In Love With A Dreamer)」がヒットした。

1981年、ジャッキー・デシャノンの「ベティ・デイビスの瞳」をカバーし全米で9週1位という記録的な大ヒットとなった。世界各国のチャートでも1位を獲得。グラミー賞の最優秀楽曲賞、最優秀レコード賞を受賞した。

また1985年にはUSAフォー・アフリカに参加し、「ウィ・アー・ザ・ワールド」のブリッジ部分でリードボーカルをとった。

ディスコグラフィー[編集]

  • Rest on Me (1972)
  • Kim Carnes (1975)
  • Sailin' (1976)
  • St Vincent's Court (1979)
  • Romance Dance (1980)
  • Mistaken Identity (1981)
  • Voyeur (1982)
  • Cafe Racers (1983)
  • Barking at Airplanes (1985)
  • Light House (1986)
  • View from the House (1988)
  • Checking Out The Ghosts (1991)
  • Gypsy Honeymoon: Best of Kim Carnes (1993)
  • Chasin' Wild Trains' (2004)

脚注[編集]

  1. ^ Starrs, Chris (2009年11月5日). “Kim Carnes has friends in high places”. Online Athens. 2014年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]