スティーヴ・ペリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スティーヴ・ペリー
Steve Perry
Steve Perry 07.jpg
スティーヴ・ペリー(2019年)
基本情報
出生名 スティーヴン・レイ・ペリー
(Stephen Ray Perry)
生誕 (1949-01-22) 1949年1月22日(73歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ハンフォード
ジャンル ハード・ロックポップ・ロックポップ
職業 シンガーソングライター音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカル、ギター、ベース、ピアノ、ドラム
活動期間 1961年 -
レーベル コロムビア (ソニー・ミュージック)コンコードファンタジー
共同作業者 ジャーニー、エイリアン・プロジェクト、USAフォー・アフリカ
公式サイト 公式ウェブサイト

スティーヴ・ペリーSteve Perry1949年1月22日 - )は、アメリカ歌手ミュージシャン。ロック・バンド、ジャーニーの元ボーカリスト。

ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第76位[1]

来歴[編集]

カリフォルニア州出身でポルトガル系。父レイモンド・ペリー(ポルトガル語の姓はペレイラ)はシンガーであり、音楽やミュージシャンに慣れ親しんで育ったが、両親の離婚後母親に引き取られたため、彼の心に深い傷となって残った。1970年代からエイリアン・プロジェクトというバンドで音楽活動を始め、メジャー・デビューを控えていたが、その直前にベーシストが事故死したことによりバンドは解散。それを機に音楽活動を諦め、その後は郷里で農業を営んでいたが、業界関係者を通じてエイリアン・プロジェクトのデモテープを耳にした、当時のジャーニーのマネージャー、ハービー・ハーバートが白羽の矢を立てた。ほどなくしてオーディションに合格したペリーは、ジャーニーの初代専任ボーカリスト、ロバート・フライシュマンとツアー中に入れ替わる形でバンドに加入した。

その後のジャーニーは、それまでのプログレッシブ・ロック風の音楽性をポップな方向に変えていく。加えて精力的なツアーをこなして人気の地歩を固め、1980年代前半にはバンド史上類例のない多数のヒット曲をチャートへ送り込む原動力となった。

ジャーニーが、アルバムエスケイプ』並びに『フロンティアーズ』でスターへの仲間入りを果たした後、ネームバリューを得たペリーは、1984年にソロ活動も始めた。その中でも、当時交際中だった女性への想いを歌った「Oh, シェリー」は、ソロ・デビュー・アルバム『ストリート・トーク』の人気を牽引し、一説には「アメリカで知らない人がいない」と言わしめる程のヒット曲となった(ちなみに、時期は前後するがペリーは以前にもケニー・ロギンスネッド・ドヒニーのアルバムにゲスト参加したことがあった)。アルバム『ストリート・トーク』は、ジャーニーの楽曲とは一風異なるR&B寄りの作風で、彼独自の持ち味を広く訴求することに成功し、上述の「Oh, シェリー」の他にも「フーリッシュ・ハート」や「ストラング・アウト」などのヒット曲を生み出している。

1985年にはUSAフォー・アフリカのアルバムにも参加し、メイン曲「ウィ・アー・ザ・ワールド」ではマイケル・ジャクソンレイ・チャールズスティーヴィー・ワンダーボブ・ディランポール・サイモンダイアナ・ロスブルース・スプリングスティーンライオネル・リッチーなど、数多の人気ミュージシャンと共演しつつ、新曲「モーメント・ガール」も提供している。

1986年のジャーニーのアルバム『Raised On Radio〜時を駆けて』ではプロデュースも担当するなど、ボーカリストに留まらない活躍を見せたが、1987年のツアー中にジャーニーを脱退。その後はしばらく表舞台から遠ざかっていたが、およそ7年の時を経て1994年にソロ・アルバム『ストレンジ・メディスン』を発表し、ファンの注目を集めた。ペリーは、このアルバムを引っ提げてツアーを行い、日本での公演も予告されていたが肺の感染症[2]が原因で体調を崩しツアーを中断。療養生活の中で、彼は自身が脱退後に空中分解の状態となっていたジャーニーの再結成へ向けて可能性を模索し始め、やがてメンバーとの合流を果たす。

1996年に再結成したジャーニーの中核としてアルバム『トライアル・バイ・ファイアー』で腕を振るうが、退行性骨関節疾患を患いツアーへの参加が困難な状態となった。メンバーとの協議の末、1998年に正式にバンドから脱退。その後は、ワーナー・ブラザースのアニメ映画『魔法の剣 キャメロット』のオリジナルサウンドトラックにおける主題曲の競演や、2003年には映画『モンスター』のサウンドトラックのプロデュースも手掛けたほか、アンブロージアで知られるデイヴィッド・パックの作品にゲスト・ボーカルとして参加している。それ以外は表立った音楽活動をほとんど行っていなかった。

2014年6月、何の前触れもなくイールズのライブにゲスト参加し、その際に、2015年12月に3枚目のソロ・アルバムをリリースすることを表明したが、予定の実現はなかった。2017年4月にはロックの殿堂入りしたジャーニーの旧メンバーとして授賞式に参加した。ステージ上では、ジャーニーに在籍した者として、受賞の喜びと在籍中に関わったメンバーへの感謝を伝え、現ボーカリストのアーネル・ピネダには、ジャーニーで10年間頑張っていることへの賛辞を送った。授賞式ではメッセージのみで、授賞式後のライブには出ていない。また、ニュー・アルバムを秋にリリースすると言及したが叶わなかった。

2018年8月15日、それまで準備中だった公式サイトで、黒画面のバックに「I Know It’s Been A Long Time Comin’…(長らく待たせていたのはわかってる)」の文字動画が現れた。一部でAmazonがリークしたとされているが、ニュー・アルバム『トレイシズ』の2018年10月5日に全世界同時リリースとシングルカット曲「No Erasin」も発表された。前作『ストレンジ・メディスン』から、約四半世紀を経ての3枚目のソロ・アルバムとなる。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『ストリート・トーク』 - Street Talk (1984年)
  • 『ストレンジ・メディスン』 - For the Love of Strange Medicine (1994年)
  • 『トレイシズ』 - Traces (2018年)
  • 『トレイシズ〜オルタネイト・ヴァージョンズ&スケッチズ』 - Traces (Alternate Versions & Sketches) (2020年)
  • The Season (2021年) ※クリスマス/ホリデー・アルバム[3]

コンピレーション・アルバム[編集]

  • 『グレイテスト・ヒッツ+5』 - Greatest Hits + Five Unreleased (1998年)
  • Playlist: The Very Best of Steve Perry (2009年)
  • Oh Sherrie: The Best of Steve Perry (2010年)

シングル[編集]

  • 「サンライズ・パーティー」 - "Don't Fight It" (1982年) ※with ケニー・ロギンス
  • 「Oh, シェリー」 - "Oh Sherrie" (1984年)
  • "I Believe" (1984年)
  • 「シーズ・マイン」 - "She's Mine" (1984年)
  • 「ストラング・アウト」 - "Strung Out" (1984年)
  • 「フーリッシュ・ハート」 - "Foolish Heart" (1984年)
  • "If Only for the Moment, Girl" (1985年) ※アルバム『ウィ・アー・ザ・ワールド』(USAフォー・アフリカ)収録
  • 「遥かなる時」 - "You Better Wait" (1994年)
  • "Missing You" (1994年)
  • "Young Hearts Forever" (1994年)
  • 「エニイウェイ」 - "Anyway" (1994年)
  • "Donna Please" (1995年)
  • "I Stand Alone" (1998年)
  • "When You're in Love (For the First Time)" (1998年)
  • "No Erasin’" (2018年)
  • "No More Cryin'" (2018年)
  • "We're Still Here" (2018年)
  • "Sun Shines Gray" (2019年)
  • "Silver Bells" (2019年)

ジャーニー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

ライブ・アルバム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: Steve Perry”. 2013年5月26日閲覧。
  2. ^ 『Burrn!』1997年1月号 p116
  3. ^ 元ジャーニーのスティーヴ・ペリー クリスマス・アルバム『The Season』発売 1曲試聴可”. amass.jp. 2021年11月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]