ナラダ・マイケル・ウォルデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナラダ・マイケル・ウォルデン
Narada Michael Walden
Narada Michael Walden 2011.jpg
2011年
基本情報
出生名 Michael Walden
生誕 (1952-04-23) 1952年4月23日(69歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシガン州カラマズー
ジャンル ロックR&Bポップスフュージョン
職業 ミュージシャンソングライター音楽プロデューサー
担当楽器 ドラム、キーボード、ベース
活動期間 1971年 -
レーベル アトランティックワーナー、Tarpan
共同作業者 マハヴィシュヌ・オーケストラジャーニー
公式サイト naradamichaelwalden.com

ナラダ・マイケル・ウォルデン[1]Narada Michael Walden1952年4月23日[2] - )は、アメリカドラム奏者、音楽プロデューサー。ドラマーとしては非常に卓越した技巧を持ち、細かくスピード感あふれるストロークは彼のプレイ・スタイルの象徴となっている。

経歴[編集]

十代の頃から主にジャズフュージョン系のセッション・ドラマーとして活動を始め、1974年マハヴィシュヌ・オーケストラに参加。1976年ジェフ・ベックのアルバム『ワイアード』に参加するなど、敏腕ドラマーとしてキャリアを積む。その後、ソロ・アルバムを発表するようになる。代表作は1979年のアルバム『スウィート・ダンス・ミュージック』。

1980年代からは、映画音楽ブラック・コンテンポラリー系アーティストのプロデュースを手がけるようになる。1981年にはシスター・スレッジの「アメリカン・ガールズ」の作曲を手がけた。

1985年アレサ・フランクリンのシングル「フリーウェイ・オブ・ラヴ」をプロデュースし、グラミー賞最優秀楽曲賞を受賞。1987年ホイットニー・ヒューストンの『ホイットニーII〜すてきなSomebody』で最優秀プロデューサー賞、1993年に映画『ボディガード』のサウンドトラックで最優秀サウンドトラック賞を受賞するなど、プロデューサーとして華々しい活躍を見せる。

1995年には、JTの主催により開催された「JTスーパープロデューサーズ」で来日公演をおこなう。

現在もブラックミュージック界の著名プロデューサーとして、活躍中である。

日本人との共演としては、1982年にリリースした高中正義のアルバム『SAUDADE』に、プロデューサーやドラマーとして全面的に参加した。本アルバムはインストゥルメンタル・アルバムとして、日本初のオリコンチャート1位も達成している。同年のコンサートツアーにも自身のバンドを引き連れて来日、熱い演奏を繰り広げた。また1988年には荻野目洋子の『VERGE OF LOVE』をプロデュース、1997年にはSMAPの『SMAP 011 ス』にナイル・ロジャースプロデュースの冒頭2曲にドラマーとして参加した。

2020年からロックバンド、ジャーニーのドラマーとして正式に加入した[3]

代表曲[編集]

  • ナラダ・マイケル・ウォルデン -「恋のアタック (I Shoulda Loved Ya)」(1979年)、「今夜はOK (Tonight I'm Alright)」(1979年)
  • シスター・スレッジ - 「アメリカン・ガールズ (All American Girls)」(1981年)
  • ジャーメイン・スチュワート - 「テイク・アワ・クローズ・オフ (We Don't Have to Take Our Clothes Off)」(1986年)
  • アレサ・フランクリン - 「フリーウェイ・オブ・ラヴ (Freeway Of Love)」 (1985年)、「愛のおとずれ (I Knew You Were Waiting (For Me))」(1987年)
  • リサ・フィッシャー - 「ハウ・キャン・アイ・イーズ・ザ・ペイン (How Can I Ease The Pain)」(1991年)

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • 『愛の空間』 - Garden of Love Light (1976年、Atlantic)
  • 『アイ・クライ、アイ・スマイル』 - I Cry, I Smile (1977年、Atlantic)
  • 『アウェイクニング』 - Awakening (1979年、Atlantic)
  • 『スウィート・ダンス・ミュージック』 - The Dance of Life (1979年、Atlantic)
  • 『ヴィクトリー』 - Victory (1980年、Atlantic)
  • 『コンフィデンス』 - Confidence (1982年、Atlantic)
  • 『ルッキング・アット』 - Looking at You, Looking at Me (1983年、Atlantic)
  • 『ネイチャー・オブ・シングス』 - The Nature of Things (1985年、Warner Bros.)
  • Divine Emotion (1988年、Reprise)
  • 『この愛がとどくように』 - Sending Love to Everyone (1995年、EMI)
  • Thunder 2013 (2013年、Tarpan)
  • Evolution (2015年、Tarpan)

脚注[編集]

  1. ^ ナーラダ・マイケル・ウォルデン」の表記もある。
  2. ^ Ed Hogan, Narada Michael Walden ALLMUSIC
  3. ^ ジャーニー 新ベーシスト&ドラマー発表、新ラインナップのパフォーマンス映像公開 - amass

外部リンク[編集]