エインズレー・ダンバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エインズレー・ダンバー
Aynsley Dunbar
Aynsley dunbar.jpg
基本情報
出生名 Aynsley Thomas Dunbar
生誕 (1946-01-10) 1946年1月10日(75歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド リヴァプール
ジャンル ジャズブルースフュージョンロックプログレッシブ・ロック
担当楽器 ドラムス
活動期間 1961年 - 現在
共同作業者 デヴィッド・ボウイ
フランク・ザッパ
UFO
ホワイトスネイク
ジャーニー
ジェファーソン・スターシップ
ルー・リード
ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ
サミー・ヘイガー
ジェイク・E・リー
ジェフ・ベック
ブラック・サバス
公式サイト www.aynsleydunbar.com

エインズレー・ダンバー[1] (Aynsley Dunbar1946年1月10日 - )は、イギリス人ドラマー。本名は、エインズレー・トーマス・ダンバー(Aynsley Thomas Dunbar)。フランク・ザッパジェファーソン・スターシップホワイトスネイクジャーニーなど錚々たるビッグネームのバンドで活躍したベテランである。抜群のリズムキープ力と音数の多さ、相反するヘヴィなヒッティングが特徴。

ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマー」において27位。

2017年4月17日、ジャーニーの元メンバーとしてロックの殿堂入りした。

来歴[編集]

活動開始 - 1966年 (ジャズ - マージー・ビート系)[編集]

イングランド・リヴァプール出身。11歳よりドラムを始めギグを中心にプロとして活動。15歳でレオ・ラザフォード (Leo Rutherford)という伝統的なミシシッピー・ジャズ・バンドに17歳まで加入。1963年8月、リヴァプールにロックの波が押し寄せるとロックR&Bに移行し、デリー・ウィルキー・アンド・プレスマン (Derry Wilkie and the Pressman)に加入。1964年1月には、バンドは解散し4つのバンドからフラミンゴス (Flamingos)が結成され加入。ドイツでの短いツアーの後、フレディー・スター (Freddie Starr)が合流し、フレディー・スター・アンド・フラミンゴスとなる。1964年4月にエクスチェッカーズ (Excheckers)に加入、脱退後、同年12月にはスチュ・ジェームズ&ザ・モジョス (Stu James and the Mojos)に加入し1966年9月まで在籍。

この頃、ジミ・ヘンドリックスのオーディションを受けるが、ダンバーとミッチ・ミッチェルのどちらをメンバーに選ぶか苦慮したヘンドリックスはコイントスを行い、ミッチェルを選んだ[2]

1967年 - 1969年[編集]

1967年にジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズのアルバム『ジョン・メイオールとピーター・グリーン / ブルースの世界』に参加。これがメジャー・デビューとなった。

その後ヤードバーズを脱退したジェフ・ベックが結成したジェフ・ベック・グループドラマーとして迎え入れられる。しかしマネージメント・サイドの意向によりポップな路線に導かれている同グループの音楽性に反発し、シングル「Tallyman / Rock My Plimsoul」のレコーディングを後に脱退する。ジェフ・ベックは「ミック(・ウォーラー。エインズレー脱退後に加入した第一期ジェフ・ベック・グループのドラマー)もいいけど、エインズレーほどのドライブ感はないね」とエインズレーの脱退を惜しんだ[3]

1968年、自らの音楽を追求するために「エインズレー・ダンバー・リタリエイション」を結成する。リタリエイション名義で4枚、エインズレー個人のソロ名義で1枚[4]のアルバムを発表。全作品、非常にブルース色の強い名作揃いだが、商業的には成功とは言えず、以降ソロとしての作品は殆ど無い。リタリエイションは1969年10月24日から28日までブリュセルで開催されたアムーギー音楽祭に参加したが(リタリエイションは24日に出演)、エインズレーはそこでキャプテン・ビーフハートのアルバム『トラウト・マスク・レプリカ』(ザッパのプロデュース)のプロモーションに来ていたフランク・ザッパと出会いジャム・セッションを行う。

1970年 - 1979年[編集]

1970年2月、フランク・ザッパの誘いでアメリカ西海岸に活動拠点を移動する。

ザッパはその当時既にデビュー時から率いていたマザーズ・オブ・インヴェンションを解散し、自由にミュージシャンを選べる立場にあった。ザッパ自身に浅くはないドラムの演奏経験があり、またリズムを偏重するその音楽性ゆえにドラマーに対する要求はたいへん厳しく、ザッパ・バンドのドラマーは歴代大変なテクニシャン揃いだったが、エインズレーがその第一号である。

当時のエインズレーは数多くのザッパ作品に携わりつつ、デヴィッド・ボウイルー・リードミック・ロンソンのアルバムに参加している。

ザッパの元を離れ次に加入したのがジャーニーである。初期の作品の重厚な雰囲気はエインズレーのドラムによるものが大きい。しかしバンドは大きな成功は得られず、4枚目の『インフィニティ』でボーカリストスティーヴ・ペリーを迎えたジャーニーは路線を大きく変更するが、ポップな方向への路線変更を良しとしなかったエインズレーはジャーニーを脱退してしまう。

ジャーニー脱退後はドラムのジョン・バーベイタが自動車事故で活動できなくなったジェファーソン・スターシップに同バンドのベーシストピート・シアーズの紹介で加入する。1979年の初参加作「Freedom at Point Zero」ではエインズレーのヘビーなドラムが大きく前面にフィーチャーされている。

1980年以降[編集]

1980年代にエインズレーが参加した作品で一番有名になったのは1987年に発売されたホワイトスネイクの大ヒット作『白蛇の紋章〜サーペンス・アルバス』である。ただしアルバム発売後のツアーにエインズレーは参加していない。

2000年にはUFOに加入するが、アルバム2作に参加した後に脱退[5]ジェイク・E・リーが2005年に発表したカヴァー・アルバム『リトレイスド〜塊顧〜』では、ティム・ボガートと共にリズム・セクションを務めた[6]

エピソード[編集]

使用楽器[編集]

ドラムセット[編集]

メーカーはDW。1バス・1タム・2フロアのシンプルなセット。

  • バスドラム 22×18
  • スネア 14×6
  • タム 13×9
  • フロア・タム 16×16
  • フロア・タム 18×16

シンバル[編集]

メーカーは、ジルジャン

  • ハイハット 14インチ
  • クラッシュ・シンバル Aカスタム(19インチ)×2、Aカスタム(16インチ)×1
  • ライド・シンバル ピン・ライド(20インチ)

スティック[編集]

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • 『ブルー・ホエール』 - Blue Whale (1971年)
  • Mutiny (2009年)

エインズレー・ダンバー・リタリエイション[編集]

  • 『エインズレー・ダンバー・リタリエイション』 - The Aynsley Dunbar Retaliation (1968年)
  • 『ドクター・ダンバーズ・プレスクリプション』 - Doctor Dunbar's Prescription (1969年)
  • 『トゥ・マム・フロム・エインズレー・アンド・ザ・ボーイズ』 - To Mum, From Aynsley & The Boys (1969年)
  • Remains To Be Heard (1970年)

参加アルバム[編集]

The Mojos
  • Everything's Alright: The Complete Recordings (2009年) ※コンピレーション
ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ
  • 『ジョン・メイオールとピーター・グリーン / ブルースの世界』 - A Hard Road (1967年)
  • 『ルッキング・バック』 - Looking Back (1969年)
  • So Many Roads (1969年)
  • 『ジョン・メイオールの道』 - Thru The Years (1971年)

エディ・ボイド

  • Eddie Boyd And His Blues Band Featuring Peter Green (1967年)
ドノヴァン
マイケル・チャップマン
  • Rainmaker (1969年)

チャンピオン・ジャック・デュプリー

The Heart Of The Blues Is Sound (1969年) (再販後のタイトルは"Home")

スウィート・ペイン
  • 『スウィート・ペイン』 - Sweet Pain (1969年) ※Junior Dunnという変名で参加
フランク・ザッパ
フロー&エディー
シュギー・オーティス
ジョン・レノン

Ava Cherry And The Astronettes

  • People From Bad Homes (1973年)
デヴィッド・ボウイ
ルー・リード
キャシー・マクドナルド
  • 『精神病棟』 - Insane Asylum (1974年)
ハービー・マン
ミック・ロンソン
ニルス・ロフグレン
イアン・ハンター
ジャーニー
サミー・ヘイガー
ジェファーソン・スターシップ
ポール・カントナー
ホワイトスネイク
ロニー・モントローズ
トニー・スピナー
  • 『サターン・ブルース』 - Saturn Blues (1993年)
パット・トラヴァース
  • 『ジャスト・ア・タッチ』 - Just A Touch (1993年)
  • 『ブルーズ・マグネット』 - Blues Magnet (1994年)
  • P.T. Power Trio (2003年)

リトル・ジョン・クリズリー

  • 『リトル・ジョン・クリズリー』 - Little John Chrisley (1995年)

マイク・オネスコ & ブラインドサイド・ブルース・バンド

  • To The Station (1996年)
モグ/ウェイ
  • 『エッジ・オヴ・ザ・ワールド』 - Edge Of The World (1997年)
マザーズ・アーミー
  • 『ファイアー・オン・ザ・ムーン』 - Fire On The Moon (1998年)
エリック・バードン & ザ・ニュー・アニマルズ
  • The Official Live Bootleg #1 (2000年)
  • The Official Live Bootleg #2 (2000年)
  • The Official Live Bootleg 2000 (2001年)
UFO
  • 『聖約』 - Covenant (2000年)
  • 『シャークス』 - Sharks (2002年)
マイケル・シェンカー
  • 『アドヴェンチャーズ・オブ・ザ・イマジネーション』 - Adventures of the Imagination (2000年)
  • 『ジ・エンドレス・ジャム』 - The Endless Jam (2004年) ※シェンカー-パティソン・サミット名義
  • The Endless Jam Continues (2005年) ※シェンカー-パティソン・サミット名義
レスリー・ウェスト
  • Blues To Die For (2003年)
  • Got Blooze (2005年)
ジェイク・E・リー
キース・エマーソン
  • Off The Shelf (2006年)

ミッキー・トーマス

  • The Bluesmasters Featuring Mickey Thomas (2010年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ アインズレー・ダンバー」「エインズレイ・ダンバー」の表記もある。
  2. ^ Sunday Sounds: Mitch Mitchell's Psychedelic, Jazz-Influenced Playing on Jimi Hendrix's "Purple Haze"”. drummagazine.com (2018年8月26日). 2018年12月30日閲覧。
  3. ^ “Jeff Beck 「Beckology」解説P.24” 
  4. ^ アルバム『ブルー・ホエール』はAynsley Dunbar's Blue Whaleの作品と言われるが公式ウェブサイト上はソロ作品扱いなのでそれに従う aynsleydunbar.com/disco 2020年4月10日閲覧
  5. ^ Ankeny, Jason. “UFO - Biography & History”. AllMusic. 2018年12月30日閲覧。
  6. ^ Jake E. Lee: 'Retraced' Final Track Listing Revealed”. Blabbermouth.net (2005年4月10日). 2018年12月30日閲覧。

外部リンク[編集]