レスリー・ウェスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
レスリー・ウェスト
Leslie west-2.jpg
レスリー・ウェスト(2008年)
基本情報
出生名 Leslie Weinstein[1]
生誕 (1945-10-22) 1945年10月22日(72歳)[2]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク フォレスト・ヒルズ[2]
ジャンル ハードロックブルースロック
職業 ギタリスト歌手作曲家
担当楽器 ギターボーカル
共同作業者 ヴァグランツ
マウンテン
ウェスト、ブルース&レイング

レスリー・ウェスト(Leslie West、1945年10月22日[2] - )は、アメリカ合衆国ギタリストボーカリスト1969年にソロ・デビューを果たし、同年にマウンテンを結成した。

来歴[編集]

ニューヨークフォレスト・ヒルズで生まれた[2]。少年時代にテレビでエルヴィス・プレスリーを見て音楽に目覚め、最初に弾いた楽器はウクレレだった[3]

1960年代中期よりヴァグランツというバンドで活動し、フェリックス・パパラルディの推薦によってアトコ・レコードとの契約を得て、1967年にはオーティス・レディングのカヴァー「リスペクト」が東海岸でローカル・ヒットとなった[4]。1969年、ウェストはソロに転向してパパラルディのプロデュースによるデビュー・アルバム『マウンテン』を制作し[5]、同作はBillboard 200で72位を記録した[6]。同年にはパパラルディと共にマウンテンを結成し、1970年にはバンドとしてのデビュー・アルバム『勝利への登攀』からシングル・カットされた「ミシシッピー・クイーン」が全米21位のヒットとなった[7]

マウンテンの活動と並行して、1971年にはザ・フーのアルバム『フーズ・ネクスト』のレコーディング・セッションに招かれ、最終的にはアウトテイクとなった「ベイビー・ドント・ユー・ドゥ・イット」に参加したのに加えて、「無法の世界」や「ビハインド・ブルー・アイズ」といった曲のデモ録音にも協力した[8]。なお、ウェストの参加した「ベイビー・ドント・ユー・ドゥ・イット」は、2003年に発売された『フーズ・ネクスト』のデラックス・エディション盤にボーナス・トラックとして収録されている[9]

マウンテンが1972年に一度解散すると、ウェストはコーキー・レイング(マウンテンのドラマー)、ジャック・ブルース(元クリーム)と共にウェスト、ブルース&レイングを結成して[7]、第1弾アルバム『ホワイ・ドンチャ』はBillboard 200で26位を記録するが、次作『ホワットエヴァー・ターンズ・ユー・オン』は87位に終わった[10]。1973年にはマウンテンを再結成し、ライヴ・アルバムとスタジオ・アルバムを1作ずつリリースした後に再解散した[7]

1975年にファントム・レコードから発売されたソロ・アルバム『華麗なるファツビー』には、ミック・ジャガーキース・リチャーズらと共作した「ハイ・ローラー」が収録され、ジャガーはレコーディングにもギターでゲスト参加した[11]。また、エド・キング脱退後のレーナード・スキナードに加入する話も持ち上がるが、実現しなかった[12]

1978年にはカリフォルニア州に移住し、スティーヴ・マリオットと共にザ・ファームという新バンドを結成しようとするが、最終的にはニューヨークに戻ってギター教室を開く[13]。その後コーキー・レイングと共にマウンテンの再結成を計画し、1985年にはマーク・クラークを迎えた編成でアルバム『風林火山』(原題:Go for Your Life)のリリースに至った[13]。しかし、この再結成は短期間で終わり、ウェストは1988年のソロ・アルバム『Theme』で再びジャック・ブルースと共演した[2]

その後はソロ活動を主体としつつ、レイングと共にマウンテンも断続的に再結成している。他アーティストの作品にセッション・ミュージシャンとして参加することもあり、ビリー・ジョエルのアルバム『リヴァー・オブ・ドリームス』(1993年)では3曲でギターを弾いた[14]。また、ジョー・リン・ターナーのカヴァー・アルバム『アンダー・カヴァー2』(1999年)及びオジー・オズボーンのカヴァー・アルバム『アンダー・カヴァー』(2005年)では、マウンテン時代の曲「ミシシッピー・クイーン」のレコーディングに本人参加した[15][16]

2011年、糖尿病の合併症により右足が悪くなり、6月に切断手術を受けるが、同年 にはスラッシュビリー・ギボンズ英語版ザック・ワイルドスティーヴ・ルカサー等をゲストに迎えたソロ・アルバム『Unusual Suspects』を発表した[17]。2012年1月にはライヴ活動も再開させている[18]ジョニー・ウィンターの遺作となったアルバム『ステップ・バック〜ルーツ2』(2014年)では、「のっぽのサリー」にフィーチャリング・ゲストとして参加した[19]

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • マウンテン - Mountain(1969年)
  • 華麗なるファツビー - The Great Fatsby(1975年)
  • レスリー・ウエスト・バンド参上 - The Leslie West Band(1976年)
  • Theme(1988年)
  • アリゲーター - Alligator(1989年)
  • Night of the Guitar- Live!(1989年)
  • Live(1993年)
  • ダッジン・ザ・ダート - Dodgin' the Dirt(1994年)
  • As Phat as it Gets(1999年)
  • Blues to Die For(2003年)
  • Guitarded(2005年)
  • Got Blooze(2005年)
  • Blue Me(2006年)
  • Unusual Suspects(2011年)
  • Still Climbing(2013年)
  • Soundcheck(2015年)

マウンテン[編集]

ウェスト、ブルース&レイング[編集]

  • ホワイ・ドンチャ - Why Dontcha(1972年)
  • ホワットエヴァー・ターンズ・ユー・オン - Whatever Turns You On(1973年)
  • ライヴ・ン・キッキン - Live 'n' Kickin'(1974年)

脚注・出典[編集]

  1. ^ Laney, Karen 'Gilly'. “Top 10 Jewish Rock Star”. Ultimate Classic Rock. Diffuser Network. 2016年2月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e Ruhlmann, Willian. “Leslie West – Biography & History”. AllMusic. 2016年2月13日閲覧。
  3. ^ Hall, Russell. “The Gibson Classic Interview: Mountain’s Leslie West”. Gibson. 2016年2月13日閲覧。
  4. ^ Unterberger, Richie. “The Vagrants - Biography & History”. AllMusic. 2016年2月13日閲覧。
  5. ^ Ruhlmann, William. “Mountain - Lesile West”. AllMusic. 2016年2月13日閲覧。
  6. ^ Leslie West | Awards | AllMusic
  7. ^ a b c Huey, Steve. “Mountain - Biography & History”. AllMusic. 2016年2月13日閲覧。
  8. ^ Unterberger, Richie. “FROM WON'T GET FOOLED AGAIN: THE WHO FROM LIFEHOUSE TO QUADROPHENIA”. 2016年2月13日閲覧。
  9. ^ The Who - Who's Next (CD, Album) at Discogs - 2003年デラックス・エディション盤の情報
  10. ^ West, Bruce & Laing | Awards | AllMusic
  11. ^ Leslie West - The Great Fatsby (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  12. ^ Drozdowski, Ted (2015年6月26日). “Gary Rossington Discusses 'One More for the Fans!' and His Life and Times with Lynyrd Skynyrd”. Guitar World. NewBay Media. 2016年3月15日閲覧。
  13. ^ a b Popson, Tom (1985年5月24日). “Getting Caught Up With A Mountain Man”. Chicago Tribune. 2016年2月13日閲覧。
  14. ^ Billy Joel - River Of Dreams (CD, Album) at Discogs
  15. ^ Joe Lynn Turner - Under Cover 2 (CD, Album) at Discogs
  16. ^ Ozzy Osbourne - Under Cover (CD, Album) at Discogs
  17. ^ Graff, Gary (2011年7月12日). “Leslie West on Leg Amputation: 'I Cried a Couple F--kin' Times'”. Billboard. 2016年2月13日閲覧。
  18. ^ Bosso, Joe (2012年2月2日). “Interview: Leslie West on his first show since leg amputation”. MusicRadar. Future Publishing Limited. 2016年2月13日閲覧。
  19. ^ ソニー・ミュージック、ジョニー・ウィンターへ追悼”. BARKS (2014年7月23日). 2016年2月13日閲覧。