ミッチ・ミッチェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミッチ・ミッチェル
Mitch Mitchell
Mitch Mitchell.png
ミッチ・ミッチェル(1967年6月11日
基本情報
出生名 John Ronald Mitchell
別名 Mitch Mitchell
生誕 1947年7月9日
出身地 イングランドの旗 イングランド ミドルセックス州イーリング
死没 (2008-11-12) 2008年11月12日(満61歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オレゴン州ポートランド
ジャンル ロック
ブルースロック
サイケデリック・ロック
フュージョン
担当楽器 ドラムスボーカルパーカッション
活動期間 1966年 - 2008年
共同作業者 ジミ・ヘンドリックス
ジプシー・サンズ&レインボウズ
ザ・ダーティー・マック

ジョン・ロナルド・ミッチェル(John Ronald Mitchell、1947年7月9日 - 2008年11月12日)はイギリスミュージシャンジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの元ドラマー。「ミッチ(Mitch)」の愛称で知られる。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマー」に於いて第8位。

生涯[編集]

早くからスタジオ・ミュージシャンとして活躍する一方で、十代の頃は子役としてテレビドラマに出演するなど役者としても活動していた。キース・ムーン加入以前のザ・フーのセッションにも参加しているが、正式なメンバーになることはなかった。

1966年8月ロンドンで開かれたオーディションにて実力を認められ、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの一員となる。バンドのマネージャーだったチャス・チャンドラーによれば、もう一人の最終候補であったエインズレー・ダンバーとどちらを選ぶか悩んだすえ、コイントスの結果でミッチが選ばれたという。

ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスはベーシストノエル・レディングの脱退により1969年半ばに解散するが、ミッチはその後もヘンドリックスの片腕として行動を共にする。ベースにビリー・コックスを迎えた新たなバンド、ジプシー・サンズ&レインボウズに参加し、ウッドストック・フェスティバルのステージにも立った。また、しばしばヘンドリックスと二人だけでスタジオに入り、レコーディングを行っている。

これらの活動と並行して、ローリング・ストーンズによるテレビ番組「ロックンロール・サーカス」の撮影のために結成されたザ・ダーティー・マックや、マイルス・デイヴィスビッチェズ・ブリューのデモセッションでもプレイしている。

1970年9月にヘンドリックスが急死した後は、残された音源の編集作業に係わった。一方で自身のバンドを結成し活動をするが、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス時代ほどの成功は得られなかった。

2008年にツアーで訪れていたオレゴン州ポートランドで客死[1]。61歳没。

脚注[編集]

外部リンク[編集]