見張塔からずっと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
見張塔からずっと
ボブ・ディラン楽曲
収録アルバム ジョン・ウェズリー・ハーディング
リリース 1967年12月27日
録音 1967年11月6日
ジャンル フォークロック
時間 2:31
レーベル Columbia
作詞者 ボブ・ディラン
作曲者 ボブ・ディラン
プロデュース ボブ・ジョンストン
"聖オーガスティンを夢でみた"
(3)
見張塔からずっと
(4)
"フランキー・リーとジュダス・プリーストのバラッド"
(5)

見張塔からずっと」(みはりとうからずっと、All Along the Watchtower) はボブ・ディランが作詞・作曲した楽曲。

ボブ・ディランのバージョン[編集]

1967年12月27日発売のアルバム『ジョン・ウェズリー・ハーディング』に収録された。シンプルで鋭い旋律と含蓄に富む歌詞によってディランの精髄を示す作品とされ、彼のコンサートで歌われることも多い。

偉大なる復活』(1974年)、『武道館』(1978年)、『ディラン&ザ・デッド』(1989年)、『MTVアンプラグド』(1995年)などのライブアルバムにも収録されている。『偉大なる復活』のバージョンはシングル・カットされた。

歌詞は『聖書』「イザヤ書」第21章の、見張り塔から馬に乗った二人の男が来るのが見えたとき、堕落したバビロンが崩壊したことを知るという逸話を踏まえており、ディランは二人の男に道化師と泥棒、見張り人に王子達を配して、彼の社会観を象徴する寓話的な内容に仕立てている。

ジミ・ヘンドリックスのバージョン[編集]

ウォッチタワー
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスシングル
収録アルバム エレクトリック・レディランド
B面 アメリカ合衆国の旗 真夜中のランプ
イギリスの旗 長く暑い夏の夜
リリース アメリカ合衆国の旗 1968年9月21日
イギリスの旗 1968年10月18日
規格 7インチ・シングル
録音 1968年
ジャンル ロック
時間 4分00秒
レーベル アメリカ合衆国の旗 リプリーズ・レコード
イギリスの旗 トラック・レコード
作詞・作曲 ボブ・ディラン
プロデュース ジミ・ヘンドリックス
チャート最高順位
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス シングル 年表
空より高く
(1968年)
ウォッチタワー
(1968年)
クロスタウン・トラフィック
(1968年)
ミュージックビデオ
「All Along The Watchtower」 - YouTube
テンプレートを表示

1968年9月21日、アメリカでシングルA面曲として発表され、その後10月発売のアルバム『エレクトリック・レディランド』に収録された。10月19日から10月26日にかけてビルボード・Hot 100で2週連続20位を記録した(ヘンドリックスにとってのビルボード最高位)[1][2]。英国ではチャートの5位を記録した。

ディランはこのカバーを「この曲の権利の半分くらいはヘンドリックスのもの」と絶賛し、コンサートではこれに近いスタイルで演奏することが多くなったという。このバージョンは2004年に『ローリング・ストーン(Rolling Stone)』誌が選んだ「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」では48位となった。また、2000年に、イギリスの雑誌「トータル・ギター」が選んだ「これまでで最もすぐれたカヴァー・バージョン」、及びイギリスの新聞「デイリー・テレグラフ」の音楽評論家が2004年に選出した「ベスト・カヴァー・ソングTOP50」では1位となった。ロックの殿堂の「ロックン・ロールの歴史500曲(500 Songs that Shaped Rock and Roll)」の1曲にも選出されており、2001年グラミーの殿堂(Grammy Hall of Fame)入りを果たしている。

その他のバージョン[編集]

ニール・ヤングデイブ・メイスングレイトフル・デッドU2デイヴ・マシューズ・バンドプリンスブライアン・フェリーXTCパール・ジャムリッチー・ヘブンスなど、多くのミュージシャンがカバーしている。1977年にはマホガニー・ラッシュが全米Top 40に送り込んだ。

脚注[編集]

外部リンク[編集]