ヴードゥー・チャイルド (スライト・リターン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヴードゥー・チャイルド (スライト・リターン)
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス楽曲
収録アルバム エレクトリック・レディランド
リリース アメリカ合衆国の旗 1968年10月16日
イギリスの旗 1968年10月25日
録音 ニューヨークレコード・プラント・スタジオ(1968年5月3日)
ジャンル ブルースロックハードロック
時間 5分12秒
レーベル アメリカ合衆国の旗 リプリーズ・レコード
イギリスの旗 トラック・レコード
作詞者 ジミ・ヘンドリックス
作曲者 ジミ・ヘンドリックス
プロデュース ジミ・ヘンドリックス

ヴードゥー・チャイルド (スライト・リターン)」(Voodoo Child (Slight Return))は、ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス1968年に発表した楽曲。ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2010年版)では102位にランクされている[1]

概要[編集]

1968年5月2日の早朝、ヘンドリックスはミッチ・ミッチェルトラフィックスティーヴ・ウィンウッドジェファーソン・エアプレインのジャック・キャサディの4人で「ヴードゥー・チャイルVoodoo Chile のレコーディングを行う。

5月3日ABCテレビのドキュメンタリー番組の撮影のためにグループの3人のメンバーはレコード・プラント・スタジオに集まった[2]。そこで撮影と同時にレコーディングされたのが、前日の「ヴードゥー・チャイル」を発展させた本作品、「ヴードゥー・チャイルド (スライト・リターン)」だった。ヘンドリックスの伝記を書いたスティーヴン・ロビーによれば、レコーディングに要したのは8テイク、アルバム『エレクトリック・レディランド』に使用されたのはその最終テイクであった[3]

1970年9月18日、ヘンドリックスはロンドンのホテルに滞在中に急逝。彼の死から約ひと月後の10月23日、イギリスでトラック・レコードからシングルカットされる(タイトルは「Voodoo Chile」と表記された[4])。B面は「ヘイ・ジョー」と「見張塔からずっと」。11月21日付の全英シングルチャートの1位を記録した。

カバー・バージョン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Jimi Hendrix Experience, 'Voodoo Child (Slight Return)' | 500 Greatest Songs of All Time | Rolling Stone
  2. ^ McDermott, John; Kramer, Eddie; Cox, Billy (2009). Ultimate Hendrix. New York City: Backbeat Books. pp. 101-102. ISBN 0-87930-938-5. 
  3. ^ Roby, Steven (2002). Black Gold: The Lost Archives of Jimi Hendrix. New York City: Billboard Books. pp. 91. ISBN 0-8230-7854-X. 
  4. ^ The Jimi Hendrix Experience - Voodoo Chile (Vinyl) at Discogs


先代:
マシューズ・サザン・コンフォート
ウッドストック
全英シングルチャート 1位
1970年11月21日(1週)
次代:
デイヴ・エドモンズ
「アイ・ヒア・ユー・ノッキング」