ヴードゥー・チャイルド (スライト・リターン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴードゥー・チャイルド (スライト・リターン)
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス楽曲
収録アルバム エレクトリック・レディランド
リリース アメリカ合衆国の旗 1968年10月16日
イギリスの旗 1968年10月25日
録音 ニューヨークレコード・プラント・スタジオ(1968年5月3日)
ジャンル ブルースロックハードロック
時間 5分12秒
レーベル アメリカ合衆国の旗 リプリーズ・レコード
イギリスの旗 トラック・レコード
作詞者 ジミ・ヘンドリックス
作曲者 ジミ・ヘンドリックス
プロデュース ジミ・ヘンドリックス

ヴードゥー・チャイルド (スライト・リターン)」(原題:Voodoo Child (Slight Return))は、ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス1968年に発表した楽曲。ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では102位にランクされている。

概要[編集]

1968年5月2日の早朝、ヘンドリックスはミッチ・ミッチェルトラフィックスティーヴ・ウィンウッドジェファーソン・エアプレインのジャック・キャサディの4人で「ヴードゥー・チャイルVoodoo Chile のレコーディングを行う。

5月3日ABCテレビのドキュメンタリー番組の撮影のためにグループの3人のメンバーはレコード・プラント・スタジオに集まった[1]。そこで撮影と同時にレコーディングされたのが、前日の「ヴードゥー・チャイル」を発展させた本作品、「ヴードゥー・チャイルド (スライト・リターン)」だった。ヘンドリックスの伝記を書いたスティーヴン・ロビーによれば、レコーディングに要したのは8テイク、アルバム『エレクトリック・レディランド』に使用されたのはその最終テイクであった[2]

1970年9月18日、ヘンドリックスはロンドンのホテルに滞在中に急逝。彼の死から約ひと月後の10月23日、イギリスでシングルカットされる(タイトルは「Voodoo Chile」と表記された[3])。B面は「ヘイ・ジョー」と「見張塔からずっと」。11月21日付の全英シングルチャートの1位を記録した。

カバー・バージョン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ McDermott, John; Kramer, Eddie; Cox, Billy (2009). Ultimate Hendrix. New York City: Backbeat Books. pp. 101-102. ISBN 0-87930-938-5. 
  2. ^ Roby, Steven (2002). Black Gold: The Lost Archives of Jimi Hendrix. New York City: Billboard Books. pp. 91. ISBN 0-8230-7854-X. 
  3. ^ The Jimi Hendrix Experience - Voodoo Chile (Vinyl) at Discogs


先代:
マシューズ・サザン・コンフォート
ウッドストック
全英シングルチャート 1位
1970年11月21日(1週)
次代:
デイヴ・エドモンズ
「アイ・ヒア・ユー・ノッキング」