アンジェリーク・キジョー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンジェリーク・キジョー
Angélique Kidjo
Angélique Kidjo(Jarvin).jpg
基本情報
出生名 Angélique Kpasseloko Hinto Hounsinou Kandjo Manta Zogbin Kidjo[1][2][3]
生誕 (1960-07-14) 1960年7月14日(62歳)
フランスの旗 フランス領ダホメ ウィダー
ジャンル ワールド、ワールド・フュージョン、ワールドビートアフロポップアフロビートレゲエジャズゴスペルラテン
職業 シンガーソングライター
活動期間 1982年 -
レーベル アイランド/マンゴ、ポリグラムコロムビア、Razor & Tie、429
公式サイト kidjo.com

アンジェリーク・キジョー[4]Angélique Kidjo1960年7月14日 - )は、ベナンコトヌー出身のシンガーソングライター、および現ユニセフ親善大使。アフリカンポップ、レゲエジャズを織り交ぜた音楽をスタイルとしている。グラミー賞に4度ノミネートされ、米紙ガーディアンに「世界でもっとも啓発的な女性Top100」の内の一人として取り上げられた。英語フランス語フォン語ヨルバ語に堪能であり、国境を越えた幅広いファンがいる。

熱心な人道支援提唱者でもあり、自身もアフリカ女子教育を援助するNPO、「バトンガ・ファンデーション」(英名、Batonga Foundation)を2006年に設立した。

来歴[編集]

フォン族の父とヨルバ族の母の間に生まれ、ベナンの伝統音楽を聴いて育つ。6歳から母親の劇団でパフォーマンスを始め、伝統音楽とダンスについて理解を深めた。学校に入ってからバンドを組んで歌を始め、国営ラジオの放送からミリアム・マケバの影響を受けた。やがて母国の政情不安により、1983年パリへ移住。ジャズを学んだ後に現在も暮らしているニューヨークに落ち着いた。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • Pretty (1981年)
  • Ewa Ka Djo (Let's Dance) (1985年)
  • Parakou (1990年)
  • 『ロゴゾ』 - Logozo (1991年)
  • 『アエ』 - Ayé (1994年)
  • Fifa (1996年)
  • 『ヴードゥー・チャイルド』 - Oremi (1998年)
  • Keep On Moving: The Best of Angelique Kidjo (2001年)
  • 『ブラック・アイヴォリー・ソウル』 - Black Ivory Soul (2002年)
  • 『OYAYA!』 - Oyaya! (2004年)
  • 『ジン・ジン』 - Djin Djin (2007年)
  • 『オヨ』 - Õÿö (2010年)
  • Spirit Rising (2012年)
  • 『イヴ』 - Eve (2014年)
  • Sings with the Orchestre Philharmonique du Luxembourg (2015年)
  • 『リメイン・イン・ライト』 - Remain in Light (2018年)
  • 『セリア』 - Celia (2019年)
  • Mother Nature (2021年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

外部リンク[編集]