エレクトリック・レディランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エレクトリック・レディランド
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンススタジオ・アルバム
リリース
録音 1967年7月 - 1968年8月
オリンピック・スタジオロンドン
レコード・プラント・スタジオニューヨーク
ジャンル サイケデリック・ロック
ブルースロック
ハードロック
時間
レーベル オリジナル盤
アメリカ合衆国の旗 リプリーズ
イギリスの旗 トラック
リイシュー盤
エクスペリエンス・ヘンドリックス
MCA(初盤)
レガシー/コロムビア(再発)
プロデュース ジミ・ヘンドリックス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(米国)
  • 6位(英国)
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス 年表
スマッシュ・ヒッツ
(1968年)
エレクトリック・レディランド
(1968年)
バンド・オブ・ジプシーズ
(1970年)
テンプレートを表示

エレクトリック・レディランド』(Electric Ladyland)は、ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス1968年に発表したアルバム。エクスペリエンス名義としては3作目にして最後のアルバム。ジミ・ヘンドリックス存命時としては最後のスタジオ・アルバムでもある(エクスペリエンス解散後、ライブ・アルバムを1枚発表している)。2003年ローリング・ストーン誌が大規模なアンケートで選んだオールタイム・グレイテスト・アルバムで54位[1]

解説[編集]

LPレコード2枚組で発表され、CD化されてからも当初は2枚組だったが、CDの収録時間が長くなったことにより、現行のリマスターCDでは1枚にまとめられた。 発売当初、アメリカ盤とイギリス盤ではジャケットデザインが異なっていた。

本作には多数のゲスト・ミュージシャンが参加。トラフィックのギタリスト、デイヴ・メイソンが「クロスタウン・トラフィック」(バック・ボーカル)と「ウォッチタワー(見張塔からずっと)」(12弦ギター)に参加。前者では、自分のバンド名でもある「Traffic」というフレーズを歌っている[2]。同じくトラフィックのメンバーであるスティーヴ・ウィンウッドは「ヴードゥー・チャイル」に、クリス・ウッドは「1983」に参加。他にもローリング・ストーンズブライアン・ジョーンズジェファーソン・エアプレインジャック・キャサディ等が参加。

「ウォッチタワー(見張塔からずっと)」は、ボブ・ディランジョン・ウェズリー・ハーディング』収録曲のカヴァー。ディラン自身も本作でのアレンジに感銘を受けたと言われ、ライブでジミのヴァージョンに近い演奏をしたこともある。ディランは「この曲は俺が書いたが、権利の半分くらいはヘンドリックスのもの」と語った。イギリスの新聞「デイリー・テレグラフ」の音楽評論家が2004年に選出した「ベスト・カヴァー・ソングTOP50」では、ジミによる同曲が1位となった[3]

ワウを多用した「ヴードゥー・チャイルド (スライト・リターン)」はジミの代表曲のひとつであり、死の直前に至るまでライブで頻繁に演奏された。

1997年、本作制作過程のドキュメンタリー番組が、アメリカやイギリスでテレビ放映された。同番組は、1998年に『メイキング・オブ・エレクトリック・レディランド』というタイトルでDVD化された。2000年代にDVDと彼の歩みやアルバムリスト、内容紹介の本をセットにした単行本が発刊された。

ジャケット[編集]

先行発売されたアメリカ盤のジャケットは、ジミの顔写真を加工したもの。イギリス盤では大勢の女性ヌードモデルの写真を使っており、ジミはこの「ヌード・ジャケット」を嫌っていた。日本盤は、初回盤はイギリス盤のゲートフォルドカバー内部にあったポートレートを表ジャケットに使用し、1977年再発盤はアメリカ盤の裏ジャケットを表ジャケットに使用、1979年再発盤でイギリス盤ジャケットを使用した。1997年以降は、ジミの遺族が運営する財団「エクスペリエンス・ヘンドリックス」の意向により、アメリカ盤ジャケットのデザインで世界的に流通している。

ジャケット・デザインに関しては、ジミ自身もアイディアを持っていたが没になった。1997年に本作がリマスター再発された際、ジミのアイディアのラフ・スケッチが書かれたメモが、ブックレット中に印刷されている。写真撮影はリンダ・イーストマン(後のポール・マッカートニー夫人)を指名していた[4]

収録曲[編集]

特記なき楽曲はジミ・ヘンドリックス作。

Side 1
  1. 恋の神々 - And the Gods Made Love
  2. エレクトリック・レディランド - Have You Ever Been (to Electric Ladyland)
  3. クロスタウン・トラフィック - Crosstown Traffic
  4. ヴードゥー・チャイル - Voodoo Chile
Side 2
  1. リトル・ミス・ストレンジ - Little Miss Strange (by Noel Redding)
  2. 長く暑い夏の夜 - Long Hot Summer Night
  3. カム・オン (レット・ザ・グッド・タイムス・ロール) - Come On (Let the Good Times Roll) (by Earl King)
  4. ジプシー・アイズ - Gypsy Eyes
  5. 真夜中のランプ - Burning of the Midnight Lamp
Side 3
  1. 雨の日に夢去りぬ - Rainy Day, Dream Away
  2. 1983 - 1983... (A Merman I Should Turn to Be)
  3. 月夜の潮路 - Moon, Turn the Tides...Gently Gently Away
Side 4
  1. 静かな雨、静かな夢 - Still Raining, Still Dreaming
  2. 焼け落ちた家 - House Burning Down
  3. ウォッチタワー - All Along the Watchtower (by Bob Dylan)
  4. ヴードゥー・チャイルド (スライト・リターン) - Voodoo Child (Slight Return)

1984年にポリドール・レコードから初CD化された際、曲順に誤りがあり、1.-4.(オリジナルLPのA面)→13.-16.(D面)→5.-9.(B面)→10.-12.(C面)の順となっていた。1991年の再発で修正される[2]。(日本盤LPは当初より初版CD同様の順に収録されていた。)

DVDボーナストラック[編集]

  1. クロスタウン・トラフィック
  2. ジプシー・アイズ
  3. 1983
  4. ヴードゥー・チャイル

参加ミュージシャン[編集]

ゲスト・プレイヤー

カヴァー[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 500 Greatest Albums of All Time: Electric Ladyland - The Jimi Hendrix Experience | Rolling Stone Music | Lists
  2. ^ a b 『全曲解説シリーズ ジミ・ヘンドリックス』(ピーター・ドゲット・著、島田聖子・訳、シンコーミュージック・エンタテイメント、ISBN 4-401-63039-4)p.35-39
  3. ^ CDjournal.com-ニュース(2004年11月30日)
  4. ^ 『KAWADE夢ムック 文藝別冊 総特集 ジミ・ヘンドリックス』(河出書房新社、2004年 ISBN 4-309-97686-7)p.143


先代:
ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー
『チープ・スリル』
Billboard 200 ナンバーワンアルバム
1968年11月16日 - 11月23日(2週)
次代:
ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー
『チープ・スリル』