ギル・エヴァンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギル・エヴァンス
Gil Evans
Ryo-gil.jpg
川崎燎(右)と。スイート・ベージル, New York City にて。(1982年)
基本情報
出生名 Ian Ernest Gilmore Green
生誕 1912年5月13日
出身地 カナダの旗 カナダ オンタリオ州トロント
死没 (1988-03-20) 1988年3月20日(75歳没)
ジャンル ジャズ
職業 ピアニスト編曲家
担当楽器 ピアノ
活動期間 1948年 - 1988年

ギル・エヴァンスGil Evans1912年5月13日 - 1988年3月20日)は、ユダヤ系カナダ人のジャズピアニスト編曲者としてアメリカのジャズビッグバンド界に革命をもたらした一人として、また画家としても著名。マイルス・デイヴィスとの協作が多く、「マイルスの知恵袋」とも呼ばれた。

来歴[編集]

オンタリオ州トロントにおいて生まれた時の姓名はIan Ernest Gilmore Greenであったが、母親が再婚したためEvans姓となった[1]カリフォルニア州で数年を過ごし、兵役を経験した後、1946年に居をニューヨーク市に移した。そこで彼が借りた、中国人が経営するクリーニング屋の裏手にあるアパートが、チャーリー・パーカーなど後にビバップ系音楽の第一人者たちとなった若者たちの伝説のたまり場となっていった。

1948年には、マイルス・デイヴィスジェリー・マリガンらと九重奏曲楽団を結成。1949年から1950年にかけて録音されたセッションは、後に『クールの誕生』として発売された。その後数年間をフリーのアレンジャーとして活動していたが、再びマイルス・デイヴィスと組み、『マイルス・アヘッド』(1957年)、『ボーギー&ベス』(1958年)、『スケッチ・オブ・スペイン』(1960年)、『クワイエット・ナイト』(1962年)を発表。この4枚のアルバムは一部の例外を除いてマイルス・デイヴィスのクレジットとなっているが、ギルの貢献度は非常に大きい。また、才能溢れるソリストとジャズのビッグバンドとの見事な融合を披露した傑作となっている。その後のマイルスの作品においても、クレジットこそされていないものの(例えば『ビッチェズ・ブリュー』(1969年)ではスタジオ内でアドバイスをしたり楽譜のメモ書きを演奏者に渡したりしていたとの事)、マイルスの作品においては様々な形でかかわり続けた事が明らかになっている。

ギル自身の名を冠したアルバムは1957年の『ギル・エヴァンス&テン』を皮切りに、活発な新譜の発売を続けた。1964年にはケニー・バレルのアルバム『ケニー・バレルの全貌』のビッグバンドのアレンジを担当した。その後もギルはデイヴィスを始めとする多くのジャズ・ミュージシャンをサポートし続け、若い世代のファンを獲得していた。

ギルの関心はロックにもおよび、ジミ・ヘンドリックスとの共演が計画されていたが、ほどなくジミが亡くなった。オーケストラのメンバーと共にジミの曲にアレンジを施した『プレイズ・ジミ・ヘンドリックス』を1974年に発表し、ジミに捧げた。晩年には、スティングのアルバム『ナッシング・ライク・ザ・サン』においても、ジミの曲である「リトル・ウィング」のアレンジを手掛けた。

1988年1月に前立腺の手術を受けた後、脊髄に後遺症が残り、メキシコモレロス州クエルナバカの療養施設において静養することとし、3月20日に死去[2]。75歳没。翌1989年、第31回グラミー賞において最優秀大規模ジャズ・アンサンブル・アルバム賞を受賞した。

2013年、没後25年目に第55回グラミー賞において最優秀インストゥルメンタル編曲賞を受賞した。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

1950年代
  • 『ギル・エヴァンス&テン』 - Gil Evans and Ten(1957年9月、10月録音)(Prestige) 1958年
  • 『ニュー・ボトル・オールド・ワイン』 - New Bottles, Old Wine(1958年4月、5月録音)(World Pacific) 1958年
  • 『グレイト・ジャズ・スタンダード』 - Great Jazz Standards(1959年録音)(World Pacific) 1959年
1960年代
1970年代
1980年代
  • グレン・ホールと共同名義, The Mother of the Book(1985年録音)(InRespect/Koch Jazz) 1994年
  • ヘレン・メリルと共同名義, 『コラボレイション』 - Collaboration(1987年8月録音)(EmArcy) 1987年
  • ローレント・カグニー・ビッグバンド・ルミエールと共同名義, Rhythm-A-Ning(1987年11月録音)(EmArcy) 1988年
    • ローレント・カグニー・ビッグバンド・ルミエールと共同名義, Golden Hair(1987年11月録音)(EmArcy) 1989年
  • スティーヴ・レイシーと共同名義, 『パリ・ブルース』 - Paris Blues(1987年11月、12月録音録音)(Owl) 1988年
  • Take Me to the Sun(1983年、1988年録音)(Last Chance Music) 1990年(track #4 のみ1988年にスタジオ録音)

コンピレーション[編集]

  • Verve Jazz Masters 23: Gil Evans (Verve) 1994年
  • The Classic Albums 1956-1963 (Enlightenment) 2017年(4 CD)

ライヴ・アルバム[編集]

1970年代
1980年代
  • リー・コニッツと共同名義, 『ヒーローズ』 - Heroes(1980年1月録音)(Verve(フランス)/Remark) 1991年(ニューヨークにおけるライヴ。『アンチ・ヒーローズ』とのCD 2枚組あり。)
    • リー・コニッツと共同名義, 『アンチ・ヒーローズ』 - Anti-Heroes(1980年1月録音)(Verve(フランス)/Remark) 1991年
  • 『ギル・エヴァンス・ライヴ・アット・ザ・パブリック・シアター:ニューヨーク 1980 Vol. 1』 - Live at the Public Theater (New York 1980) Vol. 1(1980年2月録音)(TRIO) 1980年(菊地雅章がプロデュース)
    • 『ギル・エヴァンス・ライヴ・アット・ザ・パブリック・シアター:ニューヨーク 1980 Vol. 2』 - Live at the Public Theater (New York 1980) Vol. 2(1980年2月録音)(TRIO) 1981年(のち1986年、CD化に伴いVol.1と統合してDisk 2に。1993年、追加収録 1曲。)
  • 『月食』 - Lunar Eclypse(1981年7月録音)(Robi Droli)1992年(ヨーロッパ・ツアー 4か所におけるライヴのオムニバス。タイトル曲は菊地雅章作曲でイタリアのボルツァーノにおけるライヴ。スティーヴ・グロスマンスティーヴ・レイシーバスター・ウィリアムスが参加。)
  • Gil Evans and His Orchestra(1983年1月録音・録画)(V.I.E.W. Video) 1986年。(スイスのルガーノにおけるライヴ。VHS映像作品。)のち DVD-Video 2007年。
  • 『ザ・ブリティッシュ・オーケストラ:ザ・コンプリート・コンサート』 - The British Orchestra(1983年3月録音)(Mole Jazz) 1983年(イングランドのブラッドフォードにおけるライヴ)
  • Take Me To The Sun(1983年7月、1988年録音)(Last Chance Music) 1990年(1983年の「モントルー・ジャズ・フェスティバル」におけるライヴ)
  • 『ライブ・アット・スイート・ベイジル』 - Live at Sweet Basil(1984年8月録音)(Gramavision) 1986年(「スイート・ベイジル・ジャズ・クラブ (Sweet Basil Jazz Club」におけるライヴ)
    • 『ライブ・アット・スイート・ベイジル Vol.2』 - Live at Sweet Basil Vol. 2(1984年8月録音)(Gramavision) 1987年
  • Live 1986 - Unissued(1986年5月録音)(Musica Jazz) 1994年。(ミラノフィレンツェルガーノにおけるライヴ。雑誌付録。)
    のち(改題・再発)『ザ・ハニー・マン』 - The Honey Man (New Tone) 1995年。
  • WE REMENBER JIMI...(1986年7月録音)(All of us) 1994年(ラヴェンナにおけるライヴ。ジョン・マクラフリンが参加。CD 2枚組。)
  • 『バド・アンド・バード』 - Bud and Bird(1986年12月録音)(KING/Evidence) 1987年(「スイート・ベイジル・ジャズ・クラブ (Sweet Basil Jazz Club」におけるライヴ。第31回グラミー賞(最優秀大規模ジャズ・アンサンブル・アルバム)。)
    • 『フェアウェル』 - Farewell(1986年12月録音)(KING/Evidence) 1992年(『バド・アンド・バード』と同日録音)
  • 75th Birthday Concert(1987年5月録音)(BBC Legends) 2001年(ロンドン「ハマースミス・オデオン」におけるライヴ。CD 2枚組。)
  • スティングと共同名義, STING and GIL EVANS: LAST SESSION - Live At "Perugia Jazz Festival" July 11, 1987(1987年7月11日録音)(Jazz Door) 1992年(イタリアの「ウンブリア・ジャズ・フェスティバル (Umbria Jazz Festival」におけるライヴ)
  • Live at Umbria Jazz Volume 1(1987年7月12日、19日録音)(EGEA) 2000年(イタリアの「ウンブリア・ジャズ・フェスティバル (Umbria Jazz Festival」におけるライヴ)
    • Live at Umbria Jazz Volume 2(1987年7月12日、19日録音)(EGEA) 2001年

トリビュート・アルバム[編集]

  • ギル・エヴァンス・オーケストラ, Tribute to Gil(1988年7月24日録音)(SOUL NOTE) 1989年(アニタ婦人が制作管理。息子のマイルス・エヴァンスがオーケストラを率先しトランペットを演奏。)
  • ライアン・トゥルーズデル(ギル・エヴァンス・プロジェクト), ‎Centennial - Newly Discovered Works Of Gil Evans (ArtistShare) 2013年(#4.How About You が第55回グラミー賞(最優秀インストゥルメンタル編曲)受賞)
  • ギル・エヴァンス・プロジェクト, Lines of Color(2014年5月録音)(ArtistShare) 2015年

編曲(一部)[編集]

  • クロード・ソーンヒル・オーケストラ, 『ザ・リアル・バース・オブ・ザ・クール』 - The Real Birth of the Cool(1941年~1947年録音)(Disconforme/CBS/Sony)
  • マイルス・デイヴィス, 『クールの誕生』 - The Birth of the Cool(1949年、1950年録音)(Capitol) 1957年
  • ヘレン・メリル, 『ドリーム・オブ・ユー』 - Dream of You(1956年、1957年録音)(EmArcy) 1957年
  • マイルス・デイヴィス, 『マイルス・アヘッド』 - Miles Ahead(1957年5月、8月録音)(CBS/Sony) 1957年
  • マイルス・デイヴィス, 『ポーギー&ベス』 - Porgy and Bess(1958年7月、8月録音)(CBS/Sony) 1959年
  • マイルス・デイヴィス, 『スケッチ・オブ・スペイン』 - Sketches of Spain(1959年、1960年録音)(CBS/Sony) 1960年
  • マイルス・デイヴィス, 『クワイエット・ナイト』 - Quiet Nights(1962年、1963年録音)(Sony) 1963年
  • ケニー・バレル, 『ケニー・バレルの全貌』 - Guitar Forms(1964年、1965年録音)(Verve) 1965年
  • アストラッド・ジルベルト, 『ルック・トゥ・ザ・レインボウ』 - Look to the Rainbow (Verve) 1966年
  • マイルス・デイヴィス, 『キリマンジャロの娘』 - Filles de Kilimanjaro(1968年録音)(CBS/Sony)
  • 笠井紀美子, 『サテン・ドール』 - Satin Doll(1972年録音)(CBS/Sony)
  • マイルス・デイヴィス, 『スター・ピープル』 - Star People(1982年8月、9月録音)(CBS/Sony) 1983年
  • マイルス・デイヴィス, 『デコイ』 - Decoy(1983年録音)(CBS/Sony) 1984年(クレジットは #6."ザッツ・ライト"のみ)
  • スティング, 『ナッシング・ライク・ザ・サン』 - Nothing Like the Sun(1987年録音)(A&M) 1987年
  • 『ギル・エヴァンス・プレイズ・スティング』 - 亡くなったので実現せず。ボブ・ベルデンの『THE MUSIC OF STING』(1991年)に引き継がれた。

注釈・出典[編集]

  1. ^ 中山康樹『マイルス・デイヴィスとジミ・ヘンドリックス : 風に消えたメアリー』イースト・プレス、2014年、62頁。
  2. ^ 中山康樹『マイルス・デイヴィス 奇跡のラスト・イヤーズ』小学館〈小学館101新書〉、2010年、176-178頁。
  3. ^ #1"Thoroughbredと"#5"Blues In Orbit"を再録音。曲順も変更されている。

参考文献[編集]

  • ローラン・キュニー『ギル・エヴァンス音楽的生涯』中条省平訳、径書房、1996年