笠井紀美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
笠井紀美子
出生名 笠井紀美子
生誕 (1945-12-15) 1945年12月15日(73歳)
出身地 日本の旗 日本 京都府京都市
学歴 同志社女子高等学校中退
ジャンル ジャズ
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1960年代中期 - 1998年
レーベル ソニー・ミュージックエンタテインメント

笠井 紀美子(かさい きみこ、1945年12月15日[1] - )は日本の宝飾デザイナー、元ジャズ歌手アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタモニカ在住。夫は、リズム・アンド・ブルース歌手であったミニー・リパートンの元夫で、音楽プロデューサーリチャード・ルドルフ英語版[2]

経歴[編集]

京都府京都市出身[1]同志社女子高校中退[1]1964年に上京し[1]スタンダード曲を歌ったり、フュージョンの要素を取り入れたりして人気を集める。1971年9月に日清食品が世界初のカップ麺であるカップヌードルを発売した際にはコマーシャルソングを歌い、商品とともに一世を風靡した。1978年[3]、カリフォルニア州ロサンゼルスに移住。1987年から音楽活動と並行して宝飾デザイン業をはじめる。1990年、宝飾品ブランド「kimiko by KIMIKO」を起こす。1998年、30年にわたる音楽活動から引退。

ディスコグラフィ[編集]

自己名義/共同名義アルバム[編集]

  • ジャスト・フレンズ 笠井紀美子コンサート』 - Just Friends (London) 1970年(ライヴ)※2005年再発
  • 峰厚介四重奏団と共同名義, 『イエロー・カーカス・イン・ザ・ブルー』 - Yellow Carcass in the Blue (THINK!) 1971年 ※2007年再発
  • マル・ウォルドロンと共同名義, One for Lady (Victor) 1971年 ※2007年再発
  • 『アンブレラ』 - Umbrella (Liberty) 1972年 ※かまやつひろしプロデュース ソニーミュージック CD紹介サイト
  • ギル・エヴァンス・オーケストラと共同名義, 『サテン・ドール』 - Satin Doll (CBS) 1972年 ※2007年再発/2009年 Blu-Spec CD
  • 『イン・パーソン』 - In Person (CBS/Sony) 1973年
  • 『ホワッツ・ニュー』 - What's New (CBS/Sony) 1973年 ※2007年再発/2009年 Blu-Spec CD化
  • 『サンクス・ディア』 - Thanks Dear (CBS/Sony) 1974年)※1990年再発
  • シダー・ウォルトン・トリオと共同名義, 『キミコ・イズ・ヒア』 - Kimiko Is Here(1974年12月録音)(CBS/Sony) 1975年(ライヴ)※2006年再発
  • 『マイ・ラブ』 - This Is My Love (CBS/Sony) 1975年
  • 『フォール・イン・ラブ』 - We Can Fall in Love (CBS/Sony) 1976年
  • 『トーキョー・スペシャル』 - TOKYO SPECIAL (CBS/Sony) 1977年 ※2007年再発
  • 『ラウンド・アンド・ラウンド』 - ROUND&ROUND (CBS/Sony) 1978年 ※1991年再発
  • ハービー・ハンコックと共同名義, 『バタフライ』 - Butterfly (1979年10月録音)(CBS/Sony) 1979年 ※2005年再発/2009年Blu-Spec CD化
  • KIMIKO (CBS/Sony) 1982年
  • LOVE CONNECTION (CBS/Sony) 1982年
  • 『ラヴ・トーク』 - Love Talk (CBS/Sony) 1984年
  • 『ニュー・パステル』 - New Pastel (CBS/Sony) 1984年
  • Watching You (CBS/Sony) 1985年
  • My One And Only Love (CBS/Sony) 1986年
  • 『ペリゴ・ア・ノイテ:危険な夜』 - Perigo A Noite (Eastworld) 1987年
  • KIMIKO KASAI (Kitty) 1990年(シダー・ウォルトン参加)

コンピレーション[編集]

  • ラヴ・ミー (CBS) 1984年
  • アズ:SBM ベスト・セレクション 1993年
  • マイ・フェイヴァリット・ソングスvol.1:ラヴ 1999年
  • マイ・フェイヴァリット・ソングスvol.2 :エモーション 1999年

参加作品・オムニバス等[編集]

  • 世良譲トリオ,「ザ・モダン・プレイング・メイト」(1967年)※2007年再発売
  • かまやつひろし, 「どうにかなるさ = Monsieur Bis」(1971年)

 :B5.ベッドつで愛の海へ

  • 「UNDPIA-DREAM SOUND MIX-」(1984年)

 :3.ギヴ・ミー・ユア・ハート・トゥナイト  :6.ユー・テイク・マイ・ブレス・アウェイ

  • 「SEASIDE FUSION」(1985年)

 :6.ライト・プレイス

  • 「BEACH SIDE FUSION」(1987年)

 :6.ウォッチング・ユー

  • 「HIGHWAY FUSION」(1987年)

 :6.ノー・ウェイ、ノット・ミー

  • 「SURFIN' FUSION」(1987年)

 :9.ステッピン・アウトサイド・トゥナイト

  • 「ソウル’ン’ファンク」(1998年2月21日)

 :2.サンライト

  • 「ベスト・オブ・ジャズ・ヴォーカル」(1998年6月20日)

 :5.アイ・ディドント・ノウ・ホワット・タイム・イット・ウォズ  :13.ラウンド・アバウト・ミッドナイト

  • 「喫茶ロック ソニー編」(2001年9月19日)

 :3.四つの季節

  • 「SMOOTH JAZZ FUSION」(2003年1月8日)

 :2.Use Me

  • 「SMOOTH VINTAGE」(2003年)

 :2.バイブレイション (LOVE CELEBRATION)

  • 「COLEZO! ジャズ・ヴォーカル(2005年3月24日)

 :3.ドント・エクスプレイン  :9.レフト・アローン  :11.柳よ泣いておくれ  :18.イエスタデイズ

  • 「CUPNOODLE CM SONGS COLLECTION」(2006年11月22日)

 :1.日清カップヌードル ハッピーじゃないか(笠井紀美子とデューク・エイセス

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『新・世界ジャズ人名辞典』
  2. ^ 『世界バリバリ★バリュー』
  3. ^ “デザイナー紹介 - 笠井紀美子略歴”による。『新・世界ジャズ人名辞典』によると「79年夏渡米」。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]