アストラッド・ジルベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アストラッド・ジルベルト
出生 1940年3月29日
出身地 ブラジルの旗 ブラジル
ジャンル ボサノバ
ジャズ
ポピュラー音楽
活動期間 1964年 - 現在
レーベル Verve
Universal
共同作業者 ジョアン・ジルベルト
スタン・ゲッツ
アントニオ・カルロス・ジョビン
公式サイト astrudgilberto.com
Astrud Gilberto, Amsterdam 1966

アストラッド・ジルベルトブラジルポルトガル語Astrud Gilberto(アストルーヂ・ジウベルト)1940年3月29日 - )は、ブラジル出身の、ボサノヴァジャズポピュラー音楽の歌手。

来歴[編集]

アストラッドは、ブラジル・バイーア州でアストラッド・エヴァンジェリーナ・ワイナート(Astrud Evangelina Weinert)としてブラジル人の母とドイツ人の父親の間に生まれ、リオ・デ・ジャネイロで育った。

1959年ジョアン・ジルベルトと結婚した。彼らは1963年アメリカ合衆国に移住し、アルバム『ゲッツ/ジルベルト(Getz/Gilberto)』でジョアン・ジルベルトスタン・ゲッツアントニオ・カルロス・ジョビンと共演した。そのときまで彼女はプロの歌手として歌ったことはなかったが、彼女の歌声にプロデューサーのクリード・テイラーが目をつけ、彼女が英語で歌う「イパネマの娘」がレコーディングされ、これがアメリカを中心に大ヒットする。しかし、ジョアンとアストラッドは1960年代の半ばに離婚する。

「イパネマの娘」の大成功により、彼女は一躍ジャズスターとなり、その後すぐにソロ・デビューする。彼女はブラジルのボサノヴァと、アメリカのジャズ・スタンダードの架け橋的な役割を果たす。1970年代には、彼女自身が作曲した曲もレコーディングするようになる。

彼女はボサノヴァの代表的な歌手という、海外における一定の評価もある一面、ブラジル国内ではほとんど実績を残していない。このことから同国内における評価はあまり高くない。サンバ歌手で有名なベッチ・カルヴァーリョなどもその点を指摘したコメントを残している。

動物虐待や動物実験には批判的な姿勢を持っており、自らも反対運動に参画している。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 「Getz Au-Go-Go」(Verve1964年)共演:スタン・ゲッツ
  • 「The Astrud Gilberto Album」(Verve、1965年
  • 「The Shadow of Your Smile」(Verve、1965年)
  • 「Look to the Rainbow」(Verve、1966年
  • 「A Certain Smile, a Certain Sadness」(Verve、1967年)共演:ワルター・ワンダレイ
  • 「Beach Samba」(Verve、1967年)
  • 「Windy」(Verve、1968年
  • 「I Haven't Got Anything Better to Do」(Verve、1969年
  • 「September 17, 1969」(Verve、1969年)
  • 「Gilberto Golden Japanese Album」(Verve、1969年)
  • 「Gilberto With Turrentine」(CTI、1971年) 共演:スタンリー・タレンタイン
  • 「Astrud Gilberto Now」(Perception、1972年
  • 「That Girl from Ipanema」(Audio Fidelity、1977年
  • 「Live in New York」(Pony Canyon、1996年
  • 「Temperance」(Pony Canyon、1997年
  • 「Jungle」(Magya、2002年

外部リンク[編集]