A&Mレコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
A&M RECORDS
親会社 ユニバーサル ミュージック グループ
設立 1962年
設立者 ジェリー・モス
ハーブ・アルパート
販売元 ユニバーサルミュージック
ジャンル ロックポップス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
公式サイト USA:http://www.amrecords.com/
JPN:http://www.universal-music.co.jp/u-pop/

A&Mレコード(エー アンド エム レコード)はユニバーサルミュージックレコードレーベルジェリー・モスハーブ・アルパート1962年に設立したアメリカのレコード会社だった。会社は1989年にイギリスのポリドール社に子会社として買収されたのちも数々のヒット曲を量産した。1998年に当時ユニバーサルスタジオを傘下に持っていたカナダの酒造メーカーシーグラム(現:(仏)ペルノ・リカール)がエンターテイメント産業強化の一環で親会社ポリドールを買収しA&Mも傘下となった。しかし、1年後の1999年にシーグラムが破綻しフランスのヴィヴェンディが資産を継承し、ユニバーサルをブランドとして全面に出したユニバーサル ミュージック グループに組み入れられ、A&Mはレコードレーベル(レコードブランド)として使用されている。「A」はアルパート、「M」はモスの頭文字である。

歴史[編集]

A&M Studios Main Gate 1988

当初はハーブ・アルパート自身のレコードを発売する為に設立され、メキシコのマリアッチとアメリカン・ポップスを融合させた“アメリアッチ”で人気を集めた。1960年代後半になると、ソフト・ロックスワンプ・ロックにも手を広げると共に、イギリスの新興レーベルであるアイランド・レコードの米国配給権を得るなど、ブリティッシュ・ロックの新しい流れにも積極的に取り組んだ。1970年代にはカーペンターズのヒットによってレコード会社としての地位を固めると共に、ピーター・フランプトンポリスなども扱う総合レーベルへと躍進した。

1993年にはポリグラム(現:ユニバーサルミュージック)傘下となった。そのため、日本でもポリグラム傘下のポリドールに販売権を移行。現在はユニバーサルミュージック内の事業再編により、法人としては旧MCAと合併したインタースコープとなったが、レーベルとしてのA&Mは残っている。

日本人アーティストとしては、SEIKO(松田聖子)やイエロー・マジック・オーケストラのアルバムが同レーベルから発売されたことがある。

所属アーティスト[編集]

かつての所属アーティスト[編集]

日本での事業[編集]

日本での発売元の変遷[編集]

洋楽作品のもの

日本の邦楽レーベルとしてのA&M[編集]

2004年7月に、ユニバーサルミュージックJ-POPレーベルとして、邦楽制作部門カンパニーの一つでユニバーサルJから分離したユニバーサルシグマ(旧キティMMEの流れを汲む)内に、A&Mレーベルが設置された。

レーベルのCDコードは、2004年のドラマ『東京湾景』オリジナルサウンドトラックの発売以降、2005年11月KOTOのシングル『What's up』まではUMCAを使用していた。2006年以降は使用されていない。

主な所属アーティスト
など
旧所属アーティスト

外部リンク[編集]