菊地雅章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
菊地雅章
別名 プーさん
生誕 1939年10月19日
日本の旗 日本 東京都
死没 (2015-07-06) 2015年7月6日(75歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
ジャンル ジャズ
担当楽器 ピアノキーボード
活動期間 1958年 - 2015年
共同作業者 日野皓正
ギル・エヴァンス
ゲイリー・ピーコック
SLASH TRIO
公式サイト POOMANIAC

菊地 雅章(きくち まさぶみ、1939年10月19日 - 2015年7月6日)は、日本のジャズピアニストキーボード奏者。「プーさん」の愛称で親しまれている。実兄の菊地雅春は作曲家。実弟の菊地雅洋はジャズピアニスト。甥の菊地雅晃はジャズ・ベーシスト

来歴[編集]

東京都出身。太平洋戦争中に福島県会津若松市疎開。6歳でピアノを始め、18歳でプロとして活動開始。1960年代には美空ひばり渡辺貞夫日野皓正などと共演。

1968年にはソニー・ロリンズの日本ツアーに帯同し、同年バークリー音楽大学に留学。1969年に帰国。1970年発表のアルバム『POO-SUN』では、マイルス・デイヴィスが推し進めていたエレクトリック・ジャズの手法を、日本ではいち早く体現。

1970年代にはマル・ウォルドロン(1971年)、ジョー・ヘンダーソン(1971年)、エルビン・ジョーンズ(1972年、1973年)、ギル・エヴァンス(1972年6月~7月、1977年、1978年、1979年、1980年)、ジョニー・ハートマン(1972年)、ソニー・ロリンズ(1974年ボストンでのコンサート)らと共演。また、1972年公開の映画『ヘアピン・サーカス』(監督:西村潔)の音楽も担当。1976年、日野皓正アル・フォスタースティーヴ・グロスマンデイヴ・リーブマンとアルバム『WISHES/KOCHI』を録音した。1978年にはマイルス・デイヴィスともセッションを行ったが、その時の音源は今も公式には未発表となっている。この際にアル・フォスター、ジャック・ディジョネットと共演した。

1990年以降、ゲイリー・ピーコック(b)ポール・モチアン(ds)とのピアノトリオ「テザード・ムーン」を結成し、多くのアルバムを残している。1995年、アルバム『ACOUSTIC BOOGIE』、1996年のツアーでグレッグ・オズビーと共演した。 また、1996年にヘレン・メリルのアルバム『あなたと夜と音楽と』の録音にチャーリー・ヘイデン、ポール・モチアンと共に参加した。

2015年7月6日、ニューヨークの病院で死去[1]

音楽性[編集]

ビバップに影響を受けたスタイルのもの、1970年代のマイルス・デイヴィスに影響を受けたファンク的な音楽、ピアノ・ソロ作品など多岐に渡る。ジャズ界のみならず、1990年代以降のクラブ・ミュージック・シーンでも高く評価され、DJ KRUSHは「僕がやりたいと思っていた音楽を、マイルス・デイヴィスやプーさんは20年以上も前からやっている」とインタビューで語っている[2]。1990年代後半には、DJ HiroやToshiyuki GotoらDJとも協同制作を行った。

主なユニット[編集]

  • 日野=菊地クインテット - 1967年結成、日野皓正との双頭ユニット。度々再結成している。
  • オールナイト・オールライト・オフホワイト・ブギバンド - 1987年結成、略称AAOBB。
  • テザード・ムーン - 1989年結成。ゲイリー・ピーコック、ポール・モチアンとのトリオ。
  • SLASH TRIO - 2001年結成。菊地雅晃吉田達也とのトリオ。

ディスコグラフィ[編集]

1960年代
  • ビクター・モダン・ジャズ・セクステット名義, 『マトリックス』- Matrix (Victor) 1969年
1970年代
  • 『再確認そして発展』 - Re-confirmation(1970年3月録音)(PHILIPS Japan) 1970年
  • 『POO-SUN』 - Poo-Sun(1970年8月、9月録音)(PHILIPS Japan) 1970年
  • 山本邦山と共同名義, 『銀界』 - Silver World(1970年10月録音)(PHILIPS Japan) 1971年
  • 『ダンシング・ミスト~菊地雅章イン・コンサート』 - Masabumi Kikuchi In Concert (1970年11月13日録音)(PHILIPS Japan) 1971年(大手町「サンケイホール」におけるライヴ)
  • 日野皓正峰厚介渡辺貞夫らと共同名義, 『'71 ポール・ウィナーズ・ジャズフェスティバル』 - Jazz Festival With '71 Poll Winners(1971年5月録音)(PHILIPS Japan) 1971年(新宿「厚生年金ホール」におけるライヴ)
  • ジョー・ヘンダーソン、日野皓正と共同名義, 『日野皓正、菊地雅章、ジョー・ヘンダーソン』In Concert(1971年8月録音)(PHILIPS Japan) 1971年
  • エルヴィン・ジョーンズと共同名義, 『ホロー・アウト』 - Hollow Out (1972年2月録音)(PHILIPS Japan) 1973年
  • ギル・エヴァンスと共同名義, 『菊地雅章+ギル・エヴァンス・オーケストラ』 - Masabumi Kikuchi + Gil Evans(1972年7月録音)(PHILIPS Japan) 1972年
  • 『イースト・ウィンド』 - East Wind(1974年7月録音)(East Wind) 1974年
  • 『バット・ノット・フォー・ミー』 - But Not For Me (Flying Disk) 1978年(アル・フォスターゲイリー・ピーコックが参加)
1980年代
  • 『ススト』 - Susto(1980年11月~1981年1月録音)(CBS/Sony) 1981年(デイヴ・リーブマンスティーヴ・グロスマンが参加)
    • 『ワン・ウェイ・トラヴェラー』 - One-Way Traveller(1980年11月~1981年1月録音)(CBS/Sony) 1982年(スティーヴ・グロスマンが参加)
  • 『地』 - Earth, 六大シリーズ (Geronimo) 1988年(シンセサイザー・ソロ)
    • 『水』 - Water, 六大シリーズ (Geronimo) 1988年(シンセサイザー・ソロ)
    • 『火』 - Fire, 六大シリーズ (Geronimo) 1988年(シンセサイザー・ソロ)
    • 『風』 - Wind, 六大シリーズ (Geronimo) 1988年(シンセサイザー・ソロ)
    • 『空』 - Air, 六大シリーズ (Geronimo) 1988年(シンセサイザー・ソロ)
    • 『識』 - Mind, 六大シリーズ (Geronimo) 1988年(シンセサイザー・ソロ)
  • 『オーロラ』 - Aurora(1986年4月~1989年1月録音)(transheart, fontec) 1989年(シンセサイザー・ソロ)
  • 『未練』 - Attached(1989年2月~4月録音)(transheart) 1990年(ピアノ・ソロ)
  • 『AAOBB』 - AAOBB(1989年8月録音)(Tokuma Japan) 1990年(水戸におけるライヴ。CD 2枚組。)
1990年代
  • 『ドリーマシーン』 - Dreamachine(1989年~1990年録音)(transheart, Pioneer/Glass House) 1992年
  • テザード・ムーン名義, 『ファースト・ミーティング』 - First Meeting(1990年10月、1991年3月録音)(Winter & Winter) 1997年
  • 富樫雅彦と共同名義, 『コンチェルト』 - Concerto(1991年4月録音)(Ninety-One) 1991年(CD 2枚組)
  • テザード・ムーン名義, 『テザード・ムーン』 - Tethered Moon(1991年11月録音)(King, Paddle Wheel) 1992年
    • テザード・ムーン名義, 『トライアングル』 - Triangle(1991年11月録音)(King, Paddle Wheel) 1992年(『テザード・ムーン』と同日録音)
  • ジェームス・ジーナス、Victor Jonesと共同名義, 『フィール・ユー』 - Feel You(1992年8月~1993年1月録音)(Paddle Wheel) 1993年
  • 日野皓正、富樫雅彦と共同名義, 『トリプル・ヘリックス』 - Triple Helix (1993年4月録音)(Somethin' Else) 1993年(浜松「ヤマハ ジャズ フェスティバル」におけるライヴ)
  • マーク・ジョンソン、ポール・モチアンと共同名義, 『マイルス・モード』 - Miles Mode(1993年7月録音)(Sony) 1993年
  • 『アフター・アワーズ』 - After Hours(1994年7月録音)(Verve) 1994年(南青山「ボディ&ソウル」におけるソロ・ライヴ)
    • 『アフター・アワーズ 2』 - After Hours 2(1994年7月録音)(PJL) 2002年(南青山「ボディ&ソウル」におけるソロ・ライヴ)
  • テザード・ムーン名義, 『プレイ・クルト・ワイル』 - Play Kurt Weill (Bamboo) 1995年
  • DJ Hiroと共同名義, 『ロウ・マテリアル#1』 - Raw Material #1 (Alfa International) ‎1997年
  • 『ポゼッスド』 - Possessed(1996年4月、6月録音)(Media Rings) 1997年
  • 『M』 - M(1997年6月録音)(Media Rings) ‎1997年
  • テザード・ムーン名義, 『プレイズ・ジミ・ヘンドリックス+』 - Plays Jimi Hendrix+(1997年録音)(Media Rings) 1998年(赤坂「サントリーホール」におけるライヴ)
  • テザード・ムーン名義, Chansons D'Edith Piaf(1999年5月録音)(Winter & Winter) 1999年
2000年代
  • 渋谷毅と共同名義, 『タンデム』 - Tandem (Verve) 2000年
  • On The Move (Verve) 2001年
  • SLASH TRIO名義, Slash 1° (PJL) 2001年
  • SLASH TRIO名義, Slash 2° (PJL) 2002年
  • SLASH TRIO名義, Slash 3°: Live At Motion Blue Yokohama Vol.1(2002年9月録音)(PJL) 2002年(横浜「モーション・ブルー・ヨコハマ」におけるライヴ)
    • SLASH TRIO名義, Slash 4°: Live at Motion Blue yokohama Vol.2(2002年9月録音)(PJL) 2003年(横浜「モーション・ブルー・ヨコハマ」におけるライヴ)
  • テザード・ムーン名義, 『エクスピリエンシング・トスカ』 - Experiencing Tosca(2002年12月録音)(Winter & Winter) 2004年
  • ベン・ストリート、トーマス・モーガン、Kresten Osgoodと共同名義, Masabumi Kikuchi Ben Street Thomas Morgan Kresten Osgood(2008年録音)(ILK Music) ‎2015年
  • 『サンライズ』 - Sunrize(2009年9月録音)(ECM) 2012年
2010年代
  • 『黒いオルフェ~東京ソロ2012』 - Black Orpheus(2012年10月26日録音)(ECM) 2016年(上野公園「東京文化会館」におけるソロ・ライヴ)

脚注[編集]

  1. ^ ジャズピアニストの菊地雅章さん死去 75歳, 朝日新聞社, (2015-07-08), http://www.asahi.com/articles/ASH777CYCH77UTFL00X.html 2015年7月8日閲覧。 
  2. ^ 菊地雅章のソロ・アルバム『ススト』1998年再発時のCDライナーノートより

外部リンク[編集]