アル・フォスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2007年

アル・フォスター1943年1月18日 - 、バージニア州リッチモンド生まれ)はアメリカ合衆国のジャズ・ドラマー

1970年代マイルス・デイヴィスの大型ファンク・バンドの一員で、隠遁時代のマイルスとコンタクトを取っていた数少ないミュージシャンの一人であり、1981年のデイビス復活作『マン・ウィズ・ザ・ホーン』に参加した。マイルス隠遁の前後の作品に参加したのは彼だけである。

マイルスは自伝で 「アルフォスターは、みんなが好きなことを演奏できるリズムパターンを設定して、そのグルーヴを永遠にたもつ ことの出来るドラマーだった」 と称賛した。

その後ハービー・ハンコック, ソニー・ロリンズ, ジョー・ヘンダーソンとツアーをした。全方位的なドラマーで、バップからフリー、ジャズロックも演奏した。

伝記[編集]

ニューヨーク育ち。13歳でドラムを始め、21歳でブルー・ミッチェルと録音しデビューした。

29歳、ジャック・ディジョネットが去った時にマイルス・デイヴィス・バンドに加入。[1] 1972年から1985年までマイルスの元で活動した。

自身のバンドでも録音・ツアーしている。1970年代に作曲を始める。譜面は読めないがピアノを演奏できる。

1996年からベースのダグ・ワイスとツアーしている。

現在はイスラエル出身のエリ・ディジブリ、ピアノのAdam Birnbaumもメンバー。

世界中で1000以上のコンサート、クラブで演奏した。

盤歴[編集]

リーダー作[編集]

サイドマン[編集]

With Miles Davis

With Illinois Jacquet

With Yusef Lateef

With Blue Mitchell

With Sonny Rollins

With マッコイ・タイナー

With others

参照[編集]

  1. ^ Lewis, Dave. “Al Foster: Biography”. Allmusic. 2010年3月25日閲覧。
  2. ^ Al Foster Band - The Night Of The Wolf (Vinyl) at Discogs”. discogs. 2011年10月15日閲覧。

外部リンク[編集]